あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:古道具( 270 )


2017年 06月 03日

糸巻き娘






昨日、8ヶ月になった我が娘を、店内畳部分の皮座布団の上に転がし、台所で作業をしていた時のこと・・・。

ふと、気が付くと我が娘が、ずりずりと1メートルほど移動しており、「李朝の糸巻き」を手に取っているではありませんか。

糸巻きを振ってみたり、叩いてみたり、口に含んでみたりと興味津々なようす。



まぁ、これくらいの頃は目に留まったものは何でも興味を示し手に取るものでしょう。

しかし偶然とは言え、店内の数ある「もの」の中から「李朝の糸巻き」を選んだ我が娘を見て、僕はほんのり嬉しい気持ちになりました・・・。




e0350308_22112829.jpg
e0350308_22120102.jpg
e0350308_22124141.jpg
e0350308_22121972.jpg




僕はそんな我が娘をしばらく観察した後、「糸巻き」を取り上げ、元の場所へ戻すと、次に娘が執着していたのがこの「鉄の馬具」でした。

それはもう執着しておりました。





e0350308_22281059.jpg
e0350308_22283093.jpg







[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-06-03 22:37 | 古道具 | Comments(1)
2017年 06月 01日

石顔






最近、嫁さんが梅沢富美男さんのことを「とみおちゃん」と呼ぶようになりました。

趣味が変わったのでしょうか?





石顔。

これは僕が魂を売って間もないころに当ブログで紹介したものを再び。

要するにまだ売れ残っております。

気に入っているので、売る気がないといったほうが良いのでしょうね。




e0350308_21190753.jpg













[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-06-01 21:32 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 18日

なんでもない湯呑





なんでもない、ふつうの湯呑です。

高5.7cm×容量150cc(満水時)。



先月の北野天満宮での仕入れもの。

当ブログではお馴染み?のキムさんからです。

この湯呑、キムさんは中国の明時代のものと言われておりました。



何にしても、僕は気に入っております。




e0350308_21141337.jpg
e0350308_21144448.jpg
e0350308_21150218.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-18 21:21 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 10日

ミルクピッチャー





白磁のミルクピッチャー。

高3cm。

「あいろく」の喫茶でも使用しております。

全76個。





e0350308_19350462.jpg
e0350308_19340373.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-10 19:40 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 09日

鋼桜




桜型の鋼。

新入荷です。

径8.5cm×厚4.8cm。



これは板を桜型に刳り貫く道具です。

以前四角いものを紹介したことがありますが、これも同じ道具です。




e0350308_21323100.jpg
e0350308_21324928.jpg
e0350308_21330923.jpg
e0350308_825294.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-09 21:49 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 07日

鉄飛行機





昔の子供のおもちゃ。

新入荷の鉄飛行機。

縦横12cm×10cm。


車輪とプロペラは回ります。

オブジェにいかがでしょう?




e0350308_20333933.jpg
e0350308_20340946.jpg
e0350308_20343932.jpg
e0350308_20350411.jpg
e0350308_20352726.jpg
e0350308_20372866.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-07 20:42 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 05日

鬼・般若鉛面子





先日紹介しました「桃栗鉛面子」と同じ、北野天満宮での仕入れもの。

般若と鬼の顔を模ったメンコです。

明治期くらいのものでしょうか。

4.5cm×3.5cm×厚1.5cm。



これも紙が飛ばないための重石くらいしか「用」はないでしょうが、どうしてもこういう「もの」に手が伸びてしまう・・・。

鬼が、鬼らしくない優しい面相をしているように見えます。




e0350308_20201296.jpg
e0350308_20205048.jpg
e0350308_20211402.jpg
e0350308_20213047.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-05 20:29 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 01日

大正李朝徳利





「大正李朝徳利」。

大正期~昭和初期に朝鮮半島で作られた李朝風のやきものです。

高14cm・容量250cc(満水時)。

北野天満宮での仕入れものです。

喫茶にて「ほうじ茶」の2煎目を供するのにこの「大正李朝徳利」を使っていこうと思っております。



e0350308_21273774.jpg
e0350308_21275424.jpg
e0350308_21281263.jpg
e0350308_21283553.jpg
e0350308_21285783.jpg







[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-01 21:37 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 28日

李朝糸巻き





ここのところ、短期間に集中してキン肉マンはんこを彫っていたため、首が痛いです。




「李朝糸巻き」。

23cm×7.5cm×厚4.8mm。



北野天満宮での仕入れものです。

当ブログではお馴染み?のキムさんから購入。

毎度お馴染みの「ショウバイハドウデスカ?」とのキムさんからの問いかけに、僕もいつものように「とても苦しいです・・・」と返答。

この毎度毎度のやりとりで「あぁ京都に来たな・・・。」と、僕は実感します・・・。



糸巻きを購入するのは7年ぶりで、昨日の「真鍮匙」同様に久々の購入に嬉しい気持ちでおります。



開業前からも含め、これまでに購入した「李朝糸巻き」は全部で10枚ですが、売れていったのは4枚・・・。

そんなに売れるものではありませんが、それも承知の上。

心底好きな「もの」なので、売れ残ってもまったく痛くありません。(強がりではありません。)



今回のものは平たくて大きさも調度良いので、喫茶にてコースターに見立てて使って行こうと思っております。




e0350308_19595957.jpg
e0350308_20002310.jpg
e0350308_20004208.jpg
e0350308_20010156.jpg
e0350308_20011804.jpg




現在の手持ちは、全部で6枚。

右上のものも現在コースターに使用中。
e0350308_20013782.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-28 20:25 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 27日

スッカラ





先日愛猫「ふくすけ」が太った気がする・・・。と書きましたが、久々計測してみると、実のところ太っておりました・・・。

油断禁物です・・・。




真鍮の匙。

韓国でスッカラと呼ばれるものですね。

李朝末期くらいの匙でしょうか。

先日の北野天満宮での仕入れものです。久々の購入で嬉しい気持ちです。

計6本。17.5cm~22cm。



それぞれ少しづつ形が異なり、柄に装飾があるものも。

中でも小さい匙は喫茶でも使って行こうと思います。





e0350308_20254965.jpg
e0350308_20261010.jpg
e0350308_20263294.jpg
e0350308_20264907.jpg








[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-27 20:39 | 古道具 | Comments(0)