カテゴリ:古道具( 263 )


2017年 04月 20日

ちいさな土瓶





ダイエット成功のご褒美にと、少しだけとは言え毎日間食をさせているためか、愛猫「ふくすけ」がまた少し太った気がします・・・。




新入荷の「ちいさな土瓶」。

容量180cc程の「ちいさな土瓶」です。


小ぶりなのはもちろん、取っ手と注ぎ口が愛らしい土瓶です。

「あいろく」喫茶にて、「炒りたてのほうじ茶」の2煎目を供する際に使おうと目論んでおります。

もちろん売り物でもありますが。




e0350308_19451409.jpg
e0350308_19465842.jpg
e0350308_19454603.jpg
e0350308_19460881.jpg
e0350308_19463481.jpg
e0350308_19472324.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-20 20:00 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 06日

朽木の盆




「木の盆」。径38cm。

滋賀県の朽木(くつき)のものだそう。


品の良い朱色で、白い器はもちろんのこと、ガラスでも木像でも、幅広く受け入れてくれる「盆」です。重宝します。


8年前に購入した2枚のうちの1枚。

もう1枚はすでに嫁入りしてます。

自分で、そして時には喫茶をご利用のお客様用に使用してきましたが、最近は店内に並べております。

これも良き方へ渡れば幸いです。




e0350308_20062078.jpg
e0350308_20065927.jpg
e0350308_20072369.jpg
e0350308_20060141.jpg
e0350308_20053767.jpg
e0350308_20063926.jpg
e0350308_20051204.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-06 20:21 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 03日

「駅ナカ」無事終了。




第3回「小倉駅ナカ蚤の市」無事終了いたしました。


4月とは思えぬ寒さで、終始体に力が入っていたこともあり筋肉痛ですが、今回は心配していたような、誰にも絡まれることなく終了できてなによりです。

前回の「黄色の女」が強烈でしたので・・・。←(これついて詳しくは、当ブログ2016年10月4日の記事「駅ナカ蚤の市と黄色の女」をご覧くださいませ)



しかし今回も「黄色の女」が現れないかと期待している自分が居たのも不思議です・・・。

僕はキラキラした少女の恋愛観ばかりを謳う某女性歌手が嫌いなのですが、その某歌手がテレビで歌唱しているのを見かけると今回はどんな「うすっぺらい」詩なのだろう・・・。つい、嫌いなのにも関わらず面白がって見てしまっている自分が居ます。

「黄色の女」に対してもそれと同じ感情なのでしょうか・・・?

不思議ですね・・・。



明日は4日ぶりの通常営業です。もちろんモーニングも。

4日ぶりとはいえ、随分久しぶりな感覚がしますが、よろしくお願いいたします。





今回は「ボロ野良着」が「あいろく」の看板代わり。

e0350308_20190183.jpg
e0350308_20180955.jpg


e0350308_20170406.jpg
e0350308_20175318.jpg
e0350308_20162545.jpg
e0350308_20142454.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-03 20:46 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 25日

タイルの残骸




昨日、モーニング営業を休んで仕入れに出かけました。

収穫はゼロでした・・・。


「そんな日もあるか・・・。」と思っていたら、仕入先の駐車場にコロンと転がっていた「タイルの残骸」。

7cm×6cm×厚さ3cm。

拾って眺めてみると、なんとなくイイ感じ・・・。

連れて帰ることに・・・。


収穫はゼロと書きましたが拾い物、要するにゴミをひとつ収穫しました。
たかがゴミ。しかし「あいろく」にとっては「用」があるもの。

ゴミに値段を付けて売る・・・。どうかご了承ください・・・。(もちろんゴシゴシ洗って泥は落としておりますので・・・。)



e0350308_2041330.jpg
e0350308_2041326.jpg
e0350308_2041331.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-25 20:26 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 14日

文机




新入荷の「文机」。

縦38cm×横91cm×高24cm。



そんなに古くはないでしょうか。大正期くらいか。

釘などは使っておらず、ガタつきもありません。




e0350308_19564748.jpg
e0350308_19564830.jpg
e0350308_19564862.jpg
e0350308_19564835.jpg
e0350308_19564839.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-14 20:04 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 11日

雫型の桶





新入荷です。

高21.5cm×口径26cm×31cm。



雫型という呼び方が正しいか否かは分かりませんが、雫のような形をしている桶です。

水を汲み、注ぎやすい形に拵えており、先に切り込みも入っているので、水切れも良いように造られているようです



普通の桶は円形なのでしょうが、こういった形はよくあるのでしょうか?僕は初めて見かけました。

特別な感じはありませんが、こういうささやかだけど面白い「もの」をこれからも見つけられたら・・・。と思います。




e0350308_1848533.jpg
e0350308_18485318.jpg
e0350308_18485464.jpg
e0350308_18485421.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-11 19:01 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 07日

襤褸の野良着





昨日に続き新入荷です。「襤褸野良着」。

これも昨日に続き久々の入荷です。


所々に新目の糸も見えますが、この「継ぎ接ぎ」に次ぐ「継ぎ接ぎ」は芸術です。

ものを大切に・・・。自分に言い聞かせようと思います。




e0350308_19283360.jpg
e0350308_19283354.jpg
e0350308_19283353.jpg
e0350308_19283312.jpg
e0350308_19283357.jpg
e0350308_19283337.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-07 19:36 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 06日

ガラスの水筒





新入荷の「ガラスの水筒」。

久々の入荷です。

高17cm×容量420cc。



e0350308_2004452.jpg
e0350308_19591189.jpg
e0350308_19591187.jpg
e0350308_19591147.jpg
e0350308_19591154.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-06 20:04 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 03日

ゲゲゲ気分




少し前に愛車(自転車)の車輪が限界。と書きましたが、どうやら全体が限界だったようで、数万円をかけて部品総取替え、もしくは買い替えのどちらかの選択を迫られました・・・。

これまでのものは「ビアンキ」というメーカーの言わば外車で、僕にとっては少しお高いもの。今となっては分不相応かな・・・。と、実は感じはじめておりました。

14年半乗り続けてきたものなので名残惜しさはあるのですが、この機会に買い替えを決意・・・。


このたび実用車を購入しました。(中古ですが)

実用車とは町の氷屋さんや郵便屋さんが乗っている頑丈なアレです。

これに乗っているとなんか気分が良い。

材料の買出し中、ペダルを漕いでいると「ゲゲゲの女房」のような気分になり、頭の中にあの主題歌が流れっぱなし。

せっかくの「ゲゲゲ気分」をもっと盛り上げようと帰りに神社に寄り道してみたり・・・。

なんか楽しかったです。



もちろん立ち寄っただけではなく、参拝もしました。

↓↓「つげ漫画」のように、こんなことは念じてませんのでご心配なく↓↓

e0350308_2052147.jpg

もちろん「つげ漫画」と違い、お賽銭もあげてますのでご心配なく。

e0350308_205226.jpg





この実用車に替えてから2週間ほど経ちますが、漕いでいると今だにアノ曲が流れ始めます。

「ビアンキちゃん」14年半お疲れ様でした。



e0350308_205214.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-03 20:30 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 02日

ブリキ鬼瓦





3月です。

「あいろく」がこれまでどおりの営業が出来るのも、あと1ヶ月くらいでしょうか。

そういう訳で、今日は満を持しての登場「ブリキ鬼瓦」です。

横95cm×縦53cm×厚14cm。

鬼瓦といえばやきものでしょうが、これは割りと珍しい、文字通り「ブリキ製の鬼瓦」です。




これが「あいろく」にやってきたのは3年前・・・。

ご近所にお住まいのお客様「Aさん」からの、実をいうと寄贈品です。

おそらく八幡で1番古いであろうご自宅で、かつて使用されていた「鬼瓦」。

その「鬼瓦」としての用が済んだ後も「Aさん」は「そのうち良い人に渡すことができれば・・・」という思いで、何十年もの間、自宅倉庫で大切に保管されていたのだそうです。

とにかく「もの」を大切にされる「Aさん」。その大切な「鬼瓦」を「あなたになら」と僕なんかに寄贈してくださったのです。

現在は「あいろく」店内の奥で、どっしりと佇んでくれております。店内を見渡すように。



これを「ブリキ製」だとお気付きのお客様はほとんど居られないと思います。

よく見ると、当時の職人さんの丁寧な、そして高度な手仕事のあとが見て取れます。

現在、この「仕事」ができる職人は居ないのでは、と言われております。


これを大切に保管しておられた「Aさん」。そして僕なんかに、「よかったらここに置いてください、そして良い人に売ってください」と寄贈してくださいました。



次は僕が良い方にお渡しすることができたら。と思います。




e0350308_19375896.jpg
e0350308_1937585.jpg
e0350308_19375869.jpg
e0350308_19375958.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-02 20:12 | 古道具 | Comments(2)