あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

八角盆? + 年末年始の業務案内


八角盆?


直径18cm×厚さ3cmの小ぶりな木のお盆?

とても良い風貌で大きさも調度良く重宝してます。

お盆と言っても「あいろく」の喫茶部門で珈琲の受け皿に使用しているというだけで、本来の用途は定かではありません。

何かの台でしょうか?


僕はこれからもずっと「平たい」ものを見つけては「お盆」など敷物に見立てて行くことでしょう。



余談ですが、僕の運気はここ4年間は大殺界の真っ只中で相当悪かったそうです。(実感はあります)

しかし2016年から運気はようやく上がっていくそうです。これだけでも不思議と気持ちが前向きになれます。

ただその運気に任せて何もしないのでは駄目だというのも自覚しております。この流れにうまく乗れるように気持ちを切り替えて自分なりに何か出来ることをして行こうと思います。

以前の僕は運気などまったく気にしなかったのですが「あいろく」を開業してからはどうも気になるようになってしまいました・・・。



e0350308_984880.jpg
e0350308_984871.jpg
e0350308_984816.jpg
e0350308_984898.jpg



ついでに年末年始の予定です。


本日12月31日 : 17時までの営業です。

1月1日と2日 : お休み致します。



[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-31 09:41 | 古道具 | Comments(0)
2015年 12月 30日

「ふくすけ玉」のその後


「ふくすけ玉」のその後。



「ふくすけ玉」とは我が家の愛猫「ふくすけ」の抜け毛を集めて丸めたものです。

当ブログの実質1発目の投稿記事で紹介しました「玉」のその後です。


その記事には2014年版と2015年版の「玉」計2個でしたが、その後にもう2個生産しました。

これで2015年は3個の生産に成功。

「ふくすけ」の抜け毛時期は毎年春から夏のようです。2016年は5個の量産を目指したいと思います。


数年後には「ふくすけ玉」を山盛りにしたいですね。

今年はその抜け毛で「ふくすけコースター」を作ろうと試みたのですが、ひとまず失敗しました。来年もう1度挑戦してみようか・・。


e0350308_8263629.jpg
e0350308_8263644.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-30 08:44 | ふくすけ | Comments(0)
2015年 12月 28日

明日お休みいたします



明日12月29日(火) : また急で申し訳ありませんがお休みとさせていただきます。



福岡天神の開業40年の喫茶店「コービン」が29日(火)に閉店することをギリギリで知ってしまいましたので、最後にもう一度足を運びたく、お休みします。

実はこの14~15年の中で5~6回しか足を運んだことがないのですが、常連ぶった言い方に聞こえてたらすみません。

でもどうしても「コービン」のケーキを最後に食べておきたくて。

何種類もあって迷いはするのですが、結局「ピスタチオナッツクリームケーキ」しか口にしたことがありません。

僕は一度気に入るとなかなかそこから抜け出すことが出来なくなる性格でして。

明日もそうなるのだろうな・・・。と思っております。



e0350308_895415.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-28 08:28 | けしごむはんこ | Comments(0)
2015年 12月 26日

タモリさん


タモリさん。


3日前、よくご来店くださる女性のお客様「G」さんが「タモリ学」という本を貸してくださいました。

僕は本を読むのが非常に苦手で、39年半の人生で2冊しか本を読んだことがありません。

しかしこの「タモリ学」は僕なんかにもとても読みやすく、1日で読み終えることができました。

こう言うとおこがましいにも程があるのですが、共感できる点が数多くて非常に「ため」になったと思っています。



数ヶ月前にNHKの番組で「荘子(そうじ)」という本が紹介されていた時に印象に残ったことがありました。

それがとても「タモリさん」と通じるものを感じたので(僕個人的な見解ですが)簡単にご紹介。



それは「遊の境地」自然体で無理なく虚心で生きる。というもの。


*目的意識を離れて虚心で物事に向き合うとやるべき事が決まってくる。→無意識になる→「遊」につながる。
意識的になると「臭み」がでるとのこと。(茶人臭い、学者臭い等)


僕も自分のお店を「古道具屋臭く」「喫茶店臭く」ならないようこの境地でやっていければ良い事と強く思うのですが、そこは僕のような完全な凡人には難しすぎます。

どうしても変な雑念が入ってしまいます。もっと自然体で「無意識に」物を選び、もっと「振り切った」お店にしたいのですが・・・。



それを自然体で何十年も私生活とお仕事で実践してらっしゃるタモリさんはやっぱりスゴイです。(こんな薄っぺらい表現しか出来ずすみません・・・。)

この本には興味深いお話はまだまだ多く書かれていましたが今日はこれくらいに。

この本を貸してくだっさった「G」さんありがとう。



e0350308_752295.jpg


表紙カバーの内側にあったこの挿絵↓

e0350308_7522959.jpg


この絵で「けしごむはんこ」を彫ってみました。

本を貸してくだっさたお礼に今度「G」さんに差し上げようと思います。


e0350308_7522998.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-26 09:18 | けしごむはんこ | Comments(0)
2015年 12月 25日

刺激的な朝


刺激的な朝。



昨日の朝の出来事です。刺激的と言っても些細なことで、しかも僕個人のことではなく愛猫「ふくすけ」にとってのことです。

ちなみに「ふくすけ」は完全な家猫で外出することはありません。

そんな「ふくすけ」は我が家の2階の窓から外を眺めるのが毎朝の日課となっているようです。(これは家猫にとってパトロールの意味もあるそうです。)

そのパトロール中の出来事。

映りが鮮明ではないので分かりづらいですが、まずその時の写真を・・・。



e0350308_724052.jpg


見えるでしょうか?窓の外右端にうっすら野良猫が映っています。

いつものように「ふくすけ」がパトロールをしていた時突然現れた「野良」。

「野良」もすぐに「ふくすけ」の存在に気づき一直線に近づいてきて窓越しにご対面。

屋内育ちの「ふくすけ」は自分以外の猫を見ることがないのでソワソワ。向こうはたくましい「野良」、どっしりとしています。


二人ともお互いに興味津々のようで、上の写真の状態のまま1分間程向かい合い、お互いが小さい声で「ゎぉ~ぅ」と共鳴(威嚇行為ではなく)しておりました。

そして何も無かったように「野良」が去って行く姿を相変わらずソワソワと見送った「ふくすけ」はぬくぬくとしたコタツの中に戻っていきました。

おそらく「ふくすけ」にとって刺激的な朝だったであろうと思います。


僕がこの記事を書いている今も「ふくすけ」は自分のことが紹介されている事とは露知らず日課のパトロール中です。









[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-25 08:24 | ふくすけ | Comments(0)
2015年 12月 24日

鍬(くわ)の先


鍬の先。


鍬の先のみです。

この丸型の鍬は何を耕したものでしょうか?

とても愛らしい形をしているので「オブジェ?」として店内では活躍中。

僕の陳列の仕方が悪いのもあるのですが、お客様にはあまり見向きされません。


あとイベント出店の際、この鍬にチョークで屋号を書き込み「看板」としても「用」を成しております。



e0350308_8183731.jpg
e0350308_8183784.jpg
e0350308_8183712.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-24 08:28 | 古道具 | Comments(0)
2015年 12月 23日

Leicaのテープカッター


Laicaのテープカッター。



これは「あいろく」開業前の十数年前に購入したもので、以来備品として活躍してきました。

鮮やかな水色をしてますが、見た目の綺麗さとは裏腹に鉄でできておりかなり重量があります。


消えかかってはいますが「Leica」と書いてあります。

僕は無知なので文具メーカーの「Lion」は知っていたものの、この「Leica」は知らず最初は「Lion」の「パチもの」かと思っていたのですが、「Leica(ライカ)」はドイツの光学機器メーカーでカメラメーカーとして有名らしいです。

(ちなみに「ちびまるこちゃん」に出てくるたまちゃんのお父さんがこのライカのカメラを愛用しているらしいです。)

僕は電化製品にもとても疎いため知りませんでした。お恥ずかしい・・・。

事務用品も製造販売していたのでしょうか?



e0350308_8451946.jpg
e0350308_8451987.jpg
e0350308_8451959.jpg
e0350308_8451941.jpg
e0350308_8451965.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-23 09:02 | 昭和レトロ | Comments(0)
2015年 12月 22日

須恵器の蓋もの


須恵器の蓋もの。(高6cm×径14cm)



*須恵器 : 古墳時代(5世紀)~平安時代に焼かれた陶質土器。



これは須恵器ですが新しく焼かれるものも多いらしいです。

なので今回紹介します「須恵器の蓋もの」は時代は何時ごろのものか定かではありません。



これは個人的にはかなりお気に入りで入荷から7年経ちますが(売れ残りですが)まったく苦になりません。

「蓋」と「受け」部分が共に少し欠けていて、半開きの口のようでどこか愛らしくも見えます。

そして「蓋もの」なので小物や菓子入れなど、しっかり「用」もあるものだと思います。

「あいろく」の店内が薄暗く、これ自体も灰色なのであまり目立たない存在ですが、お客様にどうかこれを見つけて手に取って頂きたく思います。好きな人は好きなはずですので。





e0350308_7525727.jpg
e0350308_7525780.jpg
e0350308_7525795.jpg






[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-22 08:40 | 古道具 | Comments(0)
2015年 12月 21日

本日お休み + けしごむはんこ


本日21日(月) : 急で申し訳ありませんがお休みします。


e0350308_8535720.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-21 08:57 | けしごむはんこ | Comments(0)
2015年 12月 20日

羊の親子


羊の親子。



これは1900年代初期のフランスのクリスマス飾りらしいです。

ちなみに僕の中にはクリスマス制度なんてものはありません。

あの制度に踊らされることは、それこそブログを始めることよりも「大きな魂」を売らねばならないと言っても過言ではありません。


僕はリアルな造りの「動物もの」にはとても惹かれてしまいます。

なのでこの「羊の親子」は個人的には気に入っておりますので、その「制度」とは完全に別物と思っていただければ幸いです。







e0350308_8592239.jpg
e0350308_8592292.jpg
e0350308_859227.jpg
e0350308_8592263.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-20 09:15 | 古道具 | Comments(0)