<   2016年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 29日

さる。そして総評。





愛嬌ある「さる」の置物。

高7cm×重303g。



材質はよく分かりませんが、何らかの石だと思います。無知ですみません・・・。

毛並み部分などの窪みが白いのは埃が溜まっているためです。

こまめに拭けば綺麗になりますが、敢えてそのままにしています。



申年の今年、些細な良くない出来事がいろいろありました。

1月下旬の大寒波で店舗の水道管破損。1ヶ月間復旧せず、不便な店舗営業を楽しむ羽目に・・・。

これに始まり2月頭には愛猫「ふくすけ」が右手甲骨折・・・。あの痛々しさは忘れません。

3月と6月のベラミ山荘「こぶのいち」では雨・・・。僕がベラミを訪れると必ず雨・・・。

その直後にウイルス性胃腸炎にかかってしまい、人生初点滴・・・。胃腸炎があんなにしんどいものとは思いませんでした。

秋の第二回「駅ナカ蚤の市」では、彗星のように現れたあの伝説の「黄色の女」にやたらと絡まれる・・・。



些細ではありますが良くないことが例年に比べ多かったように感じます。

しかしそれをすべて帳消しにしてお釣りがくる程の良い事もありました。

今年は60年に1度の「丙申」。

この「丙申」の年は「今までなかったものが姿を現す年」なのだそう。まさにそんな年になりました。

総合的に見て、良い1年であったということですね。

小学校の同窓会で、元気な先生の姿を見ることができたことも良かった・・・。

そんな訳で来年もよろしくお願いいたします。



年末年始の営業ですが確実に決定しているのは12月31日~1月2日の3日間はお休みいたします。

1月3日はどうするか決めかねております・・・。

店内配置変えもまだ出来ていない・・・。




e0350308_8455618.jpg
e0350308_8455622.jpg
e0350308_8455610.jpg
e0350308_8455629.jpg
e0350308_8455752.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-29 09:18 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 28日

石の茶器(急須とお盆)





石製の「急須とお盆」。

急須:高9cm×容量180cc。

お盆:径23cm。



先日記した通り、この「石の茶器」を購入したのは「とりあえず買っておくか・・・」。それくらいの気持ちでした。

ただ、その決め手になったのはこの「急須とお盆」が喫茶で使えると思ったからです。



「あいろく」の「ほうじ茶」は二煎目を徳利などで供しております。

それにこの「石の急須」を使っていこうと思います。

注ぎ口の水切れはそんなに良くありませんが、この素朴で愛嬌ある佇まいに免じてご了承くださいませ。





**あとお知らせです。本日RKBの「豆ごはん」という番組で若松の「ベラミ山荘」が登場するそうです。

「ベラミ山荘」をまだご存じない方はもちろん、ご興味おありの方はご覧ください。金粉ショーが見れるとの噂です。

**あともう一つ。30日に「ベラミ山荘」でガレージセールをされるそうです。そちらもぜひ・・・。



e0350308_7513810.jpg
e0350308_8251524.jpg
e0350308_8251515.jpg
e0350308_8251547.jpg
e0350308_8251592.jpg
e0350308_8251680.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-28 08:47 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 27日

石の茶器(湯さまし)





昨日に続き石の茶器。

本日は「湯冷まし」。

横15.5cm×容量100cc。




e0350308_7513810.jpg
e0350308_7513825.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-27 07:55 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 26日

石の茶器(湯呑)





先日の「箱崎宮骨董市」で仕入れた1点をご紹介です。

石製の茶器。産地、時代は不明。

急須・湯呑5客・湯冷まし・盆のセット。なのでもったいぶって1日1点づつ紹介していきます。



まず本日は「湯呑」から。

高3.2cm×容量50cc。



昨日記しましたが「箱崎」で仕入れたのはこの1点だけです。

しかも「買うものが何も無いから買っとくか・・・。」くらいに思っていたものですが、持ち帰ってよく眺めると素朴でとても良い。

そんなに古いものではなさそうですが、これは「あいろく」向きです。

気に入れば時代など関係ありません。買ってよかった・・・。



e0350308_7422685.jpg
e0350308_7422663.jpg
e0350308_7422768.jpg












[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-26 07:56 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 25日

喫茶店





先日仕入れで「箱崎宮骨董市」へ。

自分自身の気分が「もの」を探せる状態ではなかったのでしょうかね。

この日は不発。購入したのは1点だけ・・・。


なんだか楽しくもなかったので早々に切り上げることに・・・。

車に乗るや「ハァ・・・」溜息が出ます。


「そうだ!喫茶店へ行こう」。

こんな時に気持ちを満たしてくれるのは喫茶店です。それもしっかりと美味しい珈琲がいただける喫茶店。


通常「箱崎宮骨董市」は日曜開催ですが、この日は偶然にも祝日の金曜開催。

よし!「マスカル珈琲」が開いている。


そんな訳で自身2度目の「マスカル珈琲」へ。

カウンターに座っただけで気持ちが落ち着きました。不思議です・・・。

そして「モーニング」を注文。待っている時間も心地よい・・・。


「モーニング」に付く珈琲は「マスカルブレンド」。

この1杯が、ここ数年中に飲んだ珈琲の中で抜群に美味しかった・・・。

あまりの美味しさにもう1杯、「ブラジル」を「具だくさんマフィン」と共にいただきました。

完全に満たされました。




これは僕自身が、心身ともに喫茶店と珈琲を欲していたからとも言えますが、「お腹が空いた時には何を食べても美味しい」というそれとは全くの別物です。

本当に美味しい珈琲を提供されているから他なりません。

あと店主の誠実で朴訥とした佇まいから醸し出されるお店全体の空気もです。だから待っている時間も心地良いのでしょう。


この状態で不誠実で不味い珈琲を出されていたら、更に極深い溜息をつくことになったでしょう。

更に言えば帰りに事故でも起こしていたかもしれません。


この日の目的であった「仕入れ」は不発で一旦は落ち込みましたが、とても良い日になりました。

一つの良い喫茶店が持つ力、一人の良い店主が持つ力は偉大だと実感。


自分もそうありたいと思いましたが、程遠い・・・。




e0350308_801032.jpg
e0350308_801163.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-25 08:46 | 喫茶 | Comments(1)
2016年 12月 24日

大一大万大吉





大一大万大吉。

「だいいち、だいまん、だいきち」と読みます。



これは戦国武将の石田三成の旗印です。

僕は歴史に詳しくないので、この旗印は大河ドラマなどで目にしたことはありますが、意味までは気に留めておりませんでした。

「一人が万人のために、万人が一人のために尽くせば天下が大吉になる」という意味があるそうです。

ドラマでは三成は悪く描かれがちですが、実はこのような信条を持った武将だったようです。

悪く描かれるのは、勝者である徳川目線で描かれることが多いからでしょうね。

「真田丸」ではそれとは逆に人との接し方が不器用で大名からの反感をかうことが多いが、豊臣家のために尽くした生涯が描かれてましたね。





なぜ本日、柄にもなくこの話題から入ったのかと言いますと、この旗印「大一大万大吉」はんこを彫って欲しいとの注文をお受けしたためです。

ご注文くださったのは八幡東区大蔵で銭湯を営む「N」さん。

おかげさまで一つ知識が増えました。ありがとうございます。

はんこに取っ手を付けて欲しいとのことなので、木の糸巻きを貼り付けました。

こんな感じで良いのか?気に入ってくださるだろうか・・・。







e0350308_20504321.jpg
e0350308_20504392.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-24 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2016年 12月 21日

ふゆやすみのとも





学生さんたちはそろそろ冬休みでしょう。

「ふゆやすみのとも」。

これも以前紹介しました昭和20年代の学校教材「いとうよしえ」ちゃんのもの。



これのすばらしい点は表紙の絵です。(個人的な感想です)

とても力強い絵です。

雪が降り積もる中、兄弟?で竹馬。そして一見猫にも見えますがおそらく愛犬?も一緒。



大人になると雪が降り積もることが鬱陶しい意外の何でもなくなりますが、子供の頃は雪や台風は何故かわくわくしたものです。

そのころの光景が目に浮かぶよう・・・。



話が戻りますが、やはりこれは猫でしょうか?三毛猫にも見えます。

猫であるとすればこの雪の中に家猫が出て行くことは考えにくい・・・。猫は寒がりなので。

となるとこの絵は「堤くん」の妄想?



ご紹介が遅くなりました。

この表紙絵を描いたのは築上郡の「堤くん」。

ひとまず妄想であるか否かは置いといて、とても良い絵。

やはり2等のそれとは差があるような気がします。



1等を獲り、見事表紙絵に選ばれた際はとても嬉しかったことでしょう。

家族で普段よりも豪勢な夕食を囲み御祝いでもしたのだろうな。

そんな温かい家庭の一場面をも想像させてくれる良い絵。

妄想であるか否かは置いといて・・・。



オブジェには充分です。




e0350308_834191.jpg
e0350308_83417.jpg
e0350308_834197.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-21 09:11 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 20日

ぞうの群れ





木と石の「ぞうの置物」。

木のぞうが7頭、石のぞうが4頭の全11頭。

大きなぞうで高さ15cm。小さなぞうで5.5cm。


1頭だけポツリとあるのも良いですが、これくらいの数があると迫力も増しますね。




e0350308_830459.jpg
e0350308_830414.jpg
e0350308_830490.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-20 08:36 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 19日

開店時間遅れます





本日12月19日(月)は仕入れのため開店時間が少し遅れます。




e0350308_2118286.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-19 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2016年 12月 17日

喫茶メニュー表






そういえば「あいろく」喫茶メニュー表をしばらく紹介してませんでした。

なので本日はメニュー表を。


そしてご来店されたお客様がメニュー表がどこにあるかわからず、探しておられる方が多い様子なので、その在りかも紹介いたします。




喫茶席は全部で3つありますが、そのすべてに下の写真のように竹筒に表を丸めて挿しております。



e0350308_8282857.jpg



それを広げますと↓


e0350308_82829100.jpg



裏返しますとメニュー表です。↓


e0350308_8282990.jpg



そして冬メニューと本日の珈琲(1種類しかありませんが・・・)↓


e0350308_8282995.jpg

e0350308_8282928.jpg



こんな感じです・・・。

その中から「焼餅ぜんざい」と「抹茶」。


e0350308_8283040.jpg



今回の道具。

抹茶碗 : 古唐津(江戸初期)。

ぜんざい碗 : 朝鮮(14世紀高麗末期)。

箸置き : 産地不明の紅皿(江戸末期~明治初期)。

盆 : 土の板。(昭和?)

箸 : 自作の不細工煤竹箸(一つ節)。



抹茶を合わせてみたのですが「焼餅ぜんざい」にはそれよりも「緑茶」か「ほうじ茶」の方が合うように思いました。(個人的な感想です)




昨今の大盛り激安が持て囃される中・・・。

このメニュー表をみてお分かりかと思いますが、そんな中にあっては決して安いとは言えません・・・。

その分、自分なりに、飽くまで自分なりにではありますがメニューの一つ一つに「手」を加えているつもりでおります・・・。

そして器や備品は出来る限り「古道具」で供しております。

それを付加価値とでも感じていただけたら幸いです・・・。



お一人、もしくはお二人で店内の「古道具」を物色したり本を読んだり・・・。

ゆっくりとした時間をお過ごしいただけたらこれこそ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。



本日は必死の喫茶アピールになりすみませんでした・・・。










[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-17 09:12 | 喫茶 | Comments(0)