あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 20日

ちいさな土鍋





ダイエット成功のご褒美にと、少しだけとは言え毎日間食をさせているためか、愛猫「ふくすけ」がまた少し太った気がします・・・。




新入荷の「ちいさな土鍋」。

容量180cc程の「ちいさな土鍋」です。


小ぶりなのはもちろん、取っ手と注ぎ口が愛らしい土鍋です。

「あいろく」喫茶にて、「炒りたてのほうじ茶」の2煎目を供する際に使おうと目論んでおります。

もちろん売り物でもありますが。




e0350308_19451409.jpg
e0350308_19465842.jpg
e0350308_19454603.jpg
e0350308_19460881.jpg
e0350308_19463481.jpg
e0350308_19472324.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-20 20:00 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 18日

キンけし





今朝の8時前、モーニング営業を始めようと内側からシャッターを開けると、足元に犬もしくは猫の糞がこんもり・・・。

今日は糞の処理から始まった1日でした。





「キンけし」。

とは言っても「キン肉マン」のけしごむはんこです。

先月くらいから「キン肉マン」を彫りたい気持ちに駆られ、先週の金曜に業務用自転車をとばして小倉のブック・オ○へ行き、初期のキン肉マン(2回目の超人オリンピックあたりまで)のコミックを購入しました。

早速3個彫り終えたのでご紹介です。

これ、結構使い道がありそうな気がしませんか?

現在4個目を彫っている途中ですが、その次は残虐なころのラーメンマンを彫りたいと目論んでおります。



e0350308_19594328.jpg
e0350308_20001737.jpg
e0350308_19590197.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-18 20:17 | けしごむはんこ | Comments(0)
2017年 04月 17日

カブト虫かご




昨日、人から頂いた「ドラえもん」のぬいぐるみ。

この「ドラえもん」を雄猫と判断したか?愛猫の「ふくすけ」がこれに喧嘩を売っておりました。

可愛いヤツです。




新入荷です。

カブト虫かご。縦10cm×横19cm×高14cm。

開業当初に「蛍かご」はいくつか持っていましたが、今回はカブト虫専用だそう。

紐の色は赤・青・黄・緑の4種類。




e0350308_20350157.jpg
e0350308_20362126.jpg
e0350308_20364335.jpg
e0350308_20370685.jpg
e0350308_20372598.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-17 20:46 | 昭和レトロ | Comments(0)
2017年 04月 15日

4月16日(日)はお休み。





***4月16日(日)は仕入れのためお休みいたします。****





e0350308_20184839.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-15 08:01 | ふくすけ | Comments(0)
2017年 04月 14日

珈琲ゼリーのこと





今朝の7時くらいのこと、お店の目の前で車2台の交通事故があり、車が横転しておりました・・・。




珈琲ゼリーのこと。

「あいろく」で珈琲ゼリーを始めてから4年が過ぎました。

当時は「アイスのせ」と「クリームのみ」の2種を用意しておりました。この3年は「クリームのみ」は止めてましたが、再び始めましたのでよろしくお願い致します。


「あいろく」で珈琲ゼリーを注文くださった方で「珈琲ゼリーに珈琲を合わせると珈琲×珈琲になるね。じゃあ焙茶で。」と、ゼリーのお供に珈琲を選ばない方が多いことに驚いている4年間・・・。

僕は喫茶店で珈琲ゼリーを注文する際には、無意識に必ず珈琲も合わせることが当たり前でした。

むしろ逆で、珈琲のお供に珈琲ゼリーを合わせると言ったほうが正しいのかもしれませんが。



先日紹介しました木村衣有子さんの著書「コーヒーゼリーの時間」の後半に「コーヒーゼリーコラム」というのがあり、その中に「コーヒーゼリーの隣にふさわしい飲み物はなんでしょう?」という題目があります。

その質問に答えている各店の店主さんの答えは、やはり圧倒的に珈琲(ホット)を合わせるという意見が多かったようです。

「抹茶もしくは緑茶」という方がお一人。

納得なのが、牛乳という方も数名。

そしてもっとも腑に落ちたのが「水がいちばん」という意見。

なるほど、確かに水に合わない食べ物はありませんよね。

願わくばお飲み物と合わせて欲しいと思うのですが、珈琲ゼリーには水がいちばんかもしれません・・・。



ついでではありますが、「あいろく」では明治期~昭和初期くらいの剣先コップや梅型コップなどでお水を供しております。たかが水ですが、これに少しだけでも特別感を味わっていただけたら幸いです・・・。

以上心の声でした・・・。失礼いたしました・・・。






e0350308_20220177.jpg


e0350308_20212598.jpg











[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-14 21:01 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 04月 13日

木製座高計





「あいろく」の店内に埋もれ気味で、気付かれにくい木製の座高計。

購入からもうすぐ9年が経ちます。

セットで購入した同じく木製の身長計は、とうに売れたと言うに・・・。



現在のお子達は座高を測ることはないそうですが、かつては「胴が長いことは内臓が強いこと」そんな訳で測定されていたと耳にしたことがあります。

したがって「身長計」よりも「座高計」の方が、貴重といえば貴重なのかもしれません。

これを喫茶席として使おうと目論んだこともありますが、座り心地が良くないのでボツになったという哀しい過去を持つ「座高計」をどうぞよろしくお願いいたします。




e0350308_19513617.jpg




昭和32年、原井小校舎改築記念だそう。
e0350308_19515614.jpg
e0350308_19533711.jpg


滑車が付き、紐の先には鉄の重りが下がってます。

e0350308_19521673.jpg





1メートルまで測定可能。

e0350308_19523405.jpg




ものが多い店内で、お客様に気付かれることは少ない座高計。



e0350308_19530088.jpg
e0350308_19531813.jpg
e0350308_19540045.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-13 20:10 | 昭和レトロ | Comments(0)
2017年 04月 11日

ナショナル電気ストーブ





季節外れですが、「ナショナルの電気ストーブ」。

喫茶席の足元に設置しようと8年ほど前に購入しましたが、ここ2年くらい出番がありませんでした。

現在は商品となってます。


充分暖まります。

しかし型が古いので、電源スイッチがありません。

コンセントを差し込むと自動的に始動します。

したがって、消す時はコンセントを抜かなければ消えません。


そして暖がとれるまで、じっくり1分くらい待たなければなりません。

少々不便ですが、これも愛嬌、良い点かもしれません。

これぞ昭和レトロというものでしょうか。




e0350308_19543169.jpg
e0350308_19561924.jpg
e0350308_19551264.jpg




首の角度調節可能です。

e0350308_19555279.jpg


e0350308_19575841.jpg



e0350308_19544891.jpg
e0350308_19564118.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-11 20:12 | 昭和レトロ | Comments(0)
2017年 04月 09日

最接近





当ブログに度々登場しております愛猫「ふくすけ」が、同じく時たま登場しております近所のノラネコ「はっちゃん」に最接近・・・。


「ふくすけ」の毎日の習慣であるパトロール中、「はっちゃん」が接近・・・。

窓ガラス1枚を隔てて威嚇をし合っておりました。


「ふくすけ」の、あのような姿を初めて目にした気がします。

しかし「はっちゃん」は雌猫・・・。

「ふくすけ」はなぜ雌猫に威嚇をしていたのでしょう?

可愛いヤツです・・・。



e0350308_20181088.jpg
e0350308_20183036.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-09 20:26 | ふくすけ | Comments(0)
2017年 04月 07日

ちえのわ





お客様のひまつぶしになれば・・・。

喫茶席の傍に「ちえのわ」を設置しております。

意外と遊んでくださる方は多いようです。

今週、二人組の若い男性のお客様が共に「ちえのわ」を楽しんでおられました。

お二人の会話から、「こんな無意味な時間を過ごすの久しぶりやわー」という言葉が・・・。

なんとも嬉しいお言葉です。

「あいろく」にとっては上級のお褒めのお言葉です。ありがとうございました。





「ちえのわ」は全部で6種。



e0350308_20133231.jpg
e0350308_20140181.jpg




中でも最も難しいのはこれ↓↓


e0350308_20141792.jpg



恥ずかしながら、僕はこれを解いたことがありません・・・。

一度だけ、やぶれかぶれで「あーー!」と声を上げながら振り回してみたら解けました。

当然「知恵」を使って解いたわけではないため、元に戻す術はありません・・・。

もう一度やぶれかぶれで、両掌に包み込み「あーー!」と振ってみたら元通りに・・・。


何方か「知恵」を使って解いてみてくださいませんでしょうか。





[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-07 20:38 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 04月 06日

朽木の盆




「木の盆」。径38cm。

滋賀県の朽木(くつき)のものだそう。


品の良い朱色で、白い器はもちろんのこと、ガラスでも木像でも、幅広く受け入れてくれる「盆」です。重宝します。


8年前に購入した2枚のうちの1枚。

もう1枚はすでに嫁入りしてます。

自分で、そして時には喫茶をご利用のお客様用に使用してきましたが、最近は店内に並べております。

これも良き方へ渡れば幸いです。




e0350308_20062078.jpg
e0350308_20065927.jpg
e0350308_20072369.jpg
e0350308_20060141.jpg
e0350308_20053767.jpg
e0350308_20063926.jpg
e0350308_20051204.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-06 20:21 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 03日

「駅ナカ」無事終了。




第3回「小倉駅ナカ蚤の市」無事終了いたしました。


4月とは思えぬ寒さで、終始体に力が入っていたこともあり筋肉痛ですが、今回は心配していたような、誰にも絡まれることなく終了できてなによりです。

前回の「黄色の女」が強烈でしたので・・・。←(これついて詳しくは、当ブログ2016年10月4日の記事「駅ナカ蚤の市と黄色の女」をご覧くださいませ)



しかし今回も「黄色の女」が現れないかと期待している自分が居たのも不思議です・・・。

僕はキラキラした少女の恋愛観ばかりを謳う某女性歌手が嫌いなのですが、その某歌手がテレビで歌唱しているのを見かけると今回はどんな「うすっぺらい」詩なのだろう・・・。つい、嫌いなのにも関わらず面白がって見てしまっている自分が居ます。

「黄色の女」に対してもそれと同じ感情なのでしょうか・・・?

不思議ですね・・・。



明日は4日ぶりの通常営業です。もちろんモーニングも。

4日ぶりとはいえ、随分久しぶりな感覚がしますが、よろしくお願いいたします。





今回は「ボロ野良着」が「あいろく」の看板代わり。

e0350308_20190183.jpg
e0350308_20180955.jpg


e0350308_20170406.jpg
e0350308_20175318.jpg
e0350308_20162545.jpg
e0350308_20142454.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-03 20:46 | 催事 | Comments(0)
2017年 04月 02日

4月3日(月)お休み。





***4月3日(月)は都合によりお休みいたします。***




e0350308_20184891.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-04-02 22:31 | ふくすけ | Comments(0)
2017年 03月 28日

31日~2日お休みします。





*3月31日(金)は「駅ナカ蚤の市」の出店準備のためお休みいたします。

*4月1日(土)~2日(日)は「駅ナカ蚤の市」出店のため、店舗営業はお休みいたします。



今回で3回目の「駅ナカ」。

過去2回はいずれもお客さん?に絡まれてしまったので、今回はどうか絡まれませんように・・・。



e0350308_20184741.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-28 20:24 | ふくすけ | Comments(0)
2017年 03月 26日




「コーヒーゼリーの時間」につづき、「あいろく文庫(仮)」が1冊増えました。

水木しげる著「水木サンの猫」。


これは水木さんの作品の中でも、主に猫が登場する作品を集めたもの。

「人が猫に飼われていることに気付いてない」。

「猫は賢い。自分で食うために働かない」。

等等、興味深い言葉が・・・。


僕も知らず知らず、実は「ふくすけ」に飼われているのでしょうか?



喫茶ご利用の方で、興味ある方はご自由に閲覧くださいませ。



e0350308_19335843.jpg
e0350308_19350673.jpg






↓働かずして寝床と飯を得る我が家の「ふくすけ」。↓
e0350308_8275399.jpg










[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-26 19:49 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 03月 25日

タイルの残骸




昨日、モーニング営業を休んで仕入れに出かけました。

収穫はゼロでした・・・。


「そんな日もあるか・・・。」と思っていたら、仕入先の駐車場にコロンと転がっていた「タイルの残骸」。

7cm×6cm×厚さ3cm。

拾って眺めてみると、なんとなくイイ感じ・・・。

連れて帰ることに・・・。


収穫はゼロと書きましたが拾い物、要するにゴミをひとつ収穫しました。
たかがゴミ。しかし「あいろく」にとっては「用」があるもの。

ゴミに値段を付けて売る・・・。どうかご了承ください・・・。(もちろんゴシゴシ洗って泥は落としておりますので・・・。)



e0350308_2041330.jpg
e0350308_2041326.jpg
e0350308_2041331.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-25 20:26 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 24日

コーヒーゼリーの時間




「コーヒーゼリーの時間」。

文筆家・木村衣有子さんの著書です。

僕のなかで木村衣有子さんの著書と言えば、「東京骨董スタイル」。

美術雑誌・別冊太陽の「生活を楽しむ」シリーズのひとつで、14年前に購入してから現在も尚、時々パラパラと眺めては「古道具屋」に「喫茶店」に憧れを持っていた(現在も尚)「あいろく」開業以前の気持ちを思い出したりしております。


そんな訳で「コーヒーゼリーの時間」。

2015年6月に発行されたものですが、僕が初めて目にしたのは昨年2016年1月。仕入れで京都を訪れた際に「恵文社」にて立ち読みをしたのがそれです。(あの大寒波により、「あいろく」の水道管が破損したまさにその日でした・・・。)

以来ずっと気になっていたのですが北九州の大手本屋でも見かけることがなく、この度取り寄せました。(いつものように八幡東区荒生田の「本のひびき」さんにて)

コーヒーゼリーに特化した同著、関東・関西の厳選店のコーヒーゼリーと各店のそれにまつわる思いや拘り等が深く書かれております。

各店の共通する思いのひとつには、コーヒーゼリーは飛ぶように売れるものではなく、地味な存在・・・。しかし、しぶとく根強いファンがいる。だから作り続けるのだそうです。

僕にとっては見応え、読み応えがあるものでした。

この「コーヒーゼリーの時間」詳しい内容は「あいろく」店内に設置しておりますので、喫茶をご利用の方はご自由に閲覧くださいませ。



そんな訳で、「ついで」のようですが本題です。

「あいろく」で供する「珈琲ゼリー」について・・・。

まず珈琲豆は手網焙煎の豆を使用します。現在はブラジル・トミオフクダの中深煎です。

それを手縫いネルで、通常の1.5倍ほどの濃さで抽出します。固めるのにはゼラチンを使用します。

フルフルとプリプリの間くらいか、ある程度噛み応えある固さかと思います。

器は主に大正~昭和初期くらいのトロトロ肌の「氷ガラス」を使用しております。

ゼリーの上に自家製「アイスクリン」を盛り、てっぺんに珈琲豆を一粒。

「アイス」と共に豆をかじると口の中で珈琲アイスクリンに・・・。


「アイスクリン」は基本となる材料のみで、味は「なつかしめ」で「あっさりめ」。

したがって、しっかり味の珈琲ゼリーとアイスが喧嘩することなく、馴染んでくれていると思います。

ですが、どのように感じるかは人それぞれ・・・。

お客様のお口に合えば幸いです。

「コーヒーゼリーの時間」を「あいろく」でもいかがかと・・・・。決して無理強いではないことをご理解いただけたら尚幸いです・・・。



e0350308_19525031.jpg


↓「あいろく」版の珈琲ゼリー。↓
e0350308_744637.jpg



↓珈琲ゼリーに使用する「氷ガラス」↓
e0350308_19525184.jpg
e0350308_19525131.jpg


↓眺めては開業前を思い出す「東京骨董スタイル」。↓

e0350308_19525119.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-24 20:47 | 喫茶 | Comments(1)
2017年 03月 23日

24日はモーニングお休み。





***24日(金)は仕入れのためモーニング営業は休みます。***

通常営業はやりますのでよろしくお願い致します。






珈琲とふくすけ。
e0350308_2032361.jpg
e0350308_2032352.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-23 20:07 | ふくすけ | Comments(0)
2017年 03月 21日

繕う





お店とは関係がないことですが、先日自宅で使っていたお皿が割れました。

繕いました。



真鍮粉の接着面の出来が不細工なのでアップで撮影しておりません。

遠目に見ればイイ感じ・・・。



e0350308_208982.jpg
e0350308_208979.jpg
e0350308_208981.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-21 20:21 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 03月 19日

こまったときの「ふくすけ」さん。





最近、パソコンの動きが悪いことが多く、更新する気が失せがちですがお許しください・・・。

そんな困ったときは「ふくすけ」です。



店内に「ふくすけ」。

「ふくすけ」を店内に放つと、とても嬉しそう・・・。

しかし油断をすると、店内にある細かいもの(例えば「フチュクル瓶やガラス菓子型など)を転がして遊びだすから注意は必要。





e0350308_2012888.jpg




↓↓フチュクル瓶(幕末~明治)
e0350308_7492490.jpg




↓↓ガラス菓子型(大正~昭和初期)
e0350308_7285557.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-19 20:10 | ふくすけ | Comments(1)
2017年 03月 16日

喫茶のこと、珈琲のこと。





喫茶のお知らせ。

今週末くらいから、今年も「アイスクリン」と「珈琲ゼリー」を始めようと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。



そして珈琲のこと。

珈琲豆は変わらず「ブラジル・トミオフクダ」を手網焙煎で中深煎り。

そして、かねてより考えていたのですが、同じ豆ですが濃さが違う「あっさり」と「こってり」の2種類で対応することにしました。

これまでのものは「あっさり」です。豆15gで150cc。

「こってり」は豆25gで150cc。

飽くまで味は僕の基準ですのでご了承ください。



僕は普段、毎日お店を開ける前に珈琲を飲む習慣があるのですが、1日1杯は飲みたいのともう一つ、焙煎してから1日、1日味が変化して行く豆の状態を確認するためでもあります。

「あいろく」は僕自身が足を運びたくなるお店にしたい・・・。という思いがあります。(最近忘れかけていましたが)

僕は外で珈琲を頂く時には、「こってり」したものを欲することが多いので、かねてより自店でもこれを出したい・・・。と考えてました。

そこで手網焙煎が安定してきたと感じるこの機に「こってり」をメニューに加えることにしました。



珈琲が2種類になったことで、特に月に1度あるかないかの混雑時には、これまで以上にお客様をお待たせすることも多くなると思いますので、それもご了承ください・・・。

ここでいう混雑ですが、「あいろく」にとっては、5名くらいのお客様が同時に店内に居合わせると、それは混雑とします。

先週のある日、3組7名様が同時に居合わせることがありました。これはもう非常事態です・・・。その時のお客様、大変お待たせいたしまして申し訳ありませんでした。


少し話が逸れましたがよろしくお願いいたします。



そして「あいろく文庫(仮)」に1冊本が増えました。

大坊勝次著の「大坊珈琲店」です。

この本もかねてより気になっていたのですが、僕の珈琲熱が若干高まったのを機に購入しました。

お店のあり方、取り組み方。考えさせられます・・・。

誠実に、誠実に・・・。

「あいろく」も「用事のない場所」になれるよう・・・。




e0350308_19275262.jpg
e0350308_19275228.jpg


e0350308_7321148.jpg
e0350308_744637.jpg











[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-16 20:19 | 喫茶 | Comments(1)
2017年 03月 14日

文机




新入荷の「文机」。

縦38cm×横91cm×高24cm。



そんなに古くはないでしょうか。大正期くらいか。

釘などは使っておらず、ガタつきもありません。




e0350308_19564748.jpg
e0350308_19564830.jpg
e0350308_19564862.jpg
e0350308_19564835.jpg
e0350308_19564839.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-14 20:04 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 13日

思案のしどころ




ここ最近、僕の中で珈琲熱が若干高まっている気がします。豆を焼きたくて仕方ない。

僕が手網焙煎を始めて早10年。11年だったか?まぁどちらでもよいのですが、その「熱」の原因には、今さらようやくの事、焙煎が安定してきたと感じているからかもしれません。

そんな中、先週のある日の焙煎中に愛用の「手網」が壊れました。(持ち手が折れました)

何処ででも購入できる安価な「手網」とは言え、愛着あるもの。

当ブログ15年8月24日の記事にも書きましたが、愛着の証としてその持ち手に「○六」の焼印を押し、ささやかではありますが独自性を演出した手網・・・。

3㎜の銅線で補修、応急処置を施してその後も使用中ですが、これを機に「小型焙煎機か手回しロースターに替えてみようか・・・。いや、今のところは手網で事足りている・・・。しかし替えることで何かしらの次の段階に進めるのかも・・・。でも要領が悪く、何をするにも時間が掛かってしまう僕にとって、これからまた時間を掛けてコツを掴まなければならないとおもうとゾッとする・・・。」

そんな自問自答のようなことを頭の中で繰り返していた1週間でした。



今まで通りに慣れ親しんだ「手網」か・・・。

次の段階を期待しつつ「焙煎機」か・・・。

思案のしどころじゃの~。




e0350308_19302142.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-13 19:57 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 03月 11日

雫型の桶





新入荷です。

高21.5cm×口径26cm×31cm。



雫型という呼び方が正しいか否かは分かりませんが、雫のような形をしている桶です。

水を汲み、注ぎやすい形に拵えており、先に切り込みも入っているので、水切れも良いように造られているようです



普通の桶は円形なのでしょうが、こういった形はよくあるのでしょうか?僕は初めて見かけました。

特別な感じはありませんが、こういうささやかだけど面白い「もの」をこれからも見つけられたら・・・。と思います。




e0350308_1848533.jpg
e0350308_18485318.jpg
e0350308_18485464.jpg
e0350308_18485421.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-11 19:01 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 10日

10日(金)お休みします。






***3月10日(金)は都合によりお休みいたします***




↓↓自ら照明に当たりに行く「ふくすけ」↓↓


e0350308_19582045.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-10 07:00 | ふくすけ | Comments(0)
2017年 03月 09日

ハッスルゆうちゃん




新入荷の湯呑です。

「ハッスルゆうちゃん湯呑」。

高8cm×容量100cc。



ハッスルゆうちゃん。昭和感たっぷりです。

「ハッスルゆうちゃん」は週刊マーガレットという雑誌に1964年~67年まで連載されていた漫画だそうです。




e0350308_19515675.jpg
e0350308_19515651.jpg
e0350308_19515622.jpg
e0350308_19515659.jpg






[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-09 19:57 | 昭和レトロ | Comments(0)
2017年 03月 07日

襤褸の野良着





昨日に続き新入荷です。「襤褸野良着」。

これも昨日に続き久々の入荷です。


所々に新目の糸も見えますが、この「継ぎ接ぎ」に次ぐ「継ぎ接ぎ」は芸術です。

ものを大切に・・・。自分に言い聞かせようと思います。




e0350308_19283360.jpg
e0350308_19283354.jpg
e0350308_19283353.jpg
e0350308_19283312.jpg
e0350308_19283357.jpg
e0350308_19283337.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-07 19:36 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 06日

ガラスの水筒





新入荷の「ガラスの水筒」。

久々の入荷です。

高17cm×容量420cc。



e0350308_2004452.jpg
e0350308_19591189.jpg
e0350308_19591187.jpg
e0350308_19591147.jpg
e0350308_19591154.jpg





[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-06 20:04 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 04日

5日(日)お休みいたします。




***3月5日(日)は仕入れのためお休みいたします***




最近彫った「ゲンはんこ」。

縦10cmのやや大きめ。



e0350308_2033315.jpg
e0350308_20333127.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-04 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2017年 03月 03日

ゲゲゲ気分




少し前に愛車(自転車)の車輪が限界。と書きましたが、どうやら全体が限界だったようで、数万円をかけて部品総取替え、もしくは買い替えのどちらかの選択を迫られました・・・。

これまでのものは「ビアンキ」というメーカーの言わば外車で、僕にとっては少しお高いもの。今となっては分不相応かな・・・。と、実は感じはじめておりました。

14年半乗り続けてきたものなので名残惜しさはあるのですが、この機会に買い替えを決意・・・。


このたび実用車を購入しました。(中古ですが)

実用車とは町の氷屋さんや郵便屋さんが乗っている頑丈なアレです。

これに乗っているとなんか気分が良い。

材料の買出し中、ペダルを漕いでいると「ゲゲゲの女房」のような気分になり、頭の中にあの主題歌が流れっぱなし。

せっかくの「ゲゲゲ気分」をもっと盛り上げようと帰りに神社に寄り道してみたり・・・。

なんか楽しかったです。



もちろん立ち寄っただけではなく、参拝もしました。

↓↓「つげ漫画」のように、こんなことは念じてませんのでご心配なく↓↓

e0350308_2052147.jpg

もちろん「つげ漫画」と違い、お賽銭もあげてますのでご心配なく。

e0350308_205226.jpg





この実用車に替えてから2週間ほど経ちますが、漕いでいると今だにアノ曲が流れ始めます。

「ビアンキちゃん」14年半お疲れ様でした。



e0350308_205214.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-03 20:30 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 02日

ブリキ鬼瓦





3月です。

「あいろく」がこれまでどおりの営業が出来るのも、あと1ヶ月くらいでしょうか。

そういう訳で、今日は満を持しての登場「ブリキ鬼瓦」です。

横95cm×縦53cm×厚14cm。

鬼瓦といえばやきものでしょうが、これは割りと珍しい、文字通り「ブリキ製の鬼瓦」です。




これが「あいろく」にやってきたのは3年前・・・。

ご近所にお住まいのお客様「Aさん」からの、実をいうと寄贈品です。

おそらく八幡で1番古いであろうご自宅で、かつて使用されていた「鬼瓦」。

その「鬼瓦」としての用が済んだ後も「Aさん」は「そのうち良い人に渡すことができれば・・・」という思いで、何十年もの間、自宅倉庫で大切に保管されていたのだそうです。

とにかく「もの」を大切にされる「Aさん」。その大切な「鬼瓦」を「あなたになら」と僕なんかに寄贈してくださったのです。

現在は「あいろく」店内の奥で、どっしりと佇んでくれております。店内を見渡すように。



これを「ブリキ製」だとお気付きのお客様はほとんど居られないと思います。

よく見ると、当時の職人さんの丁寧な、そして高度な手仕事のあとが見て取れます。

現在、この「仕事」ができる職人は居ないのでは、と言われております。


これを大切に保管しておられた「Aさん」。そして僕なんかに、「よかったらここに置いてください、そして良い人に売ってください」と寄贈してくださいました。



次は僕が良い方にお渡しすることができたら。と思います。




e0350308_19375896.jpg
e0350308_1937585.jpg
e0350308_19375869.jpg
e0350308_19375958.jpg





[PR]

# by airoku-fukusuke | 2017-03-02 20:12 | 古道具 | Comments(2)