あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 24日

大一大万大吉





大一大万大吉。

「だいいち、だいまん、だいきち」と読みます。



これは戦国武将の石田三成の旗印です。

僕は歴史に詳しくないので、この旗印は大河ドラマなどで目にしたことはありますが、意味までは気に留めておりませんでした。

「一人が万人のために、万人が一人のために尽くせば天下が大吉になる」という意味があるそうです。

ドラマでは三成は悪く描かれがちですが、実はこのような信条を持った武将だったようです。

悪く描かれるのは、勝者である徳川目線で描かれることが多いからでしょうね。

「真田丸」ではそれとは逆に人との接し方が不器用で大名からの反感をかうことが多いが、豊臣家のために尽くした生涯が描かれてましたね。





なぜ本日、柄にもなくこの話題から入ったのかと言いますと、この旗印「大一大万大吉」はんこを彫って欲しいとの注文をお受けしたためです。

ご注文くださったのは八幡東区大蔵で銭湯を営む「N」さん。

おかげさまで一つ知識が増えました。ありがとうございます。

はんこに取っ手を付けて欲しいとのことなので、木の糸巻きを貼り付けました。

こんな感じで良いのか?気に入ってくださるだろうか・・・。







e0350308_20504321.jpg
e0350308_20504392.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-24 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2016年 12月 21日

ふゆやすみのとも





学生さんたちはそろそろ冬休みでしょう。

「ふゆやすみのとも」。

これも以前紹介しました昭和20年代の学校教材「いとうよしえ」ちゃんのもの。



これのすばらしい点は表紙の絵です。(個人的な感想です)

とても力強い絵です。

雪が降り積もる中、兄弟?で竹馬。そして一見猫にも見えますがおそらく愛犬?も一緒。



大人になると雪が降り積もることが鬱陶しい意外の何でもなくなりますが、子供の頃は雪や台風は何故かわくわくしたものです。

そのころの光景が目に浮かぶよう・・・。



話が戻りますが、やはりこれは猫でしょうか?三毛猫にも見えます。

猫であるとすればこの雪の中に家猫が出て行くことは考えにくい・・・。猫は寒がりなので。

となるとこの絵は「堤くん」の妄想?



ご紹介が遅くなりました。

この表紙絵を描いたのは築上郡の「堤くん」。

ひとまず妄想であるか否かは置いといて、とても良い絵。

やはり2等のそれとは差があるような気がします。



1等を獲り、見事表紙絵に選ばれた際はとても嬉しかったことでしょう。

家族で普段よりも豪勢な夕食を囲み御祝いでもしたのだろうな。

そんな温かい家庭の一場面をも想像させてくれる良い絵。

妄想であるか否かは置いといて・・・。



オブジェには充分です。




e0350308_834191.jpg
e0350308_83417.jpg
e0350308_834197.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-21 09:11 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 20日

ぞうの群れ





木と石の「ぞうの置物」。

木のぞうが7頭、石のぞうが4頭の全11頭。

大きなぞうで高さ15cm。小さなぞうで5.5cm。


1頭だけポツリとあるのも良いですが、これくらいの数があると迫力も増しますね。




e0350308_830459.jpg
e0350308_830414.jpg
e0350308_830490.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-20 08:36 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 19日

開店時間遅れます





本日12月19日(月)は仕入れのため開店時間が少し遅れます。




e0350308_2118286.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-19 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2016年 12月 17日

喫茶メニュー表






そういえば「あいろく」喫茶メニュー表をしばらく紹介してませんでした。

なので本日はメニュー表を。


そしてご来店されたお客様がメニュー表がどこにあるかわからず、探しておられる方が多い様子なので、その在りかも紹介いたします。




喫茶席は全部で3つありますが、そのすべてに下の写真のように竹筒に表を丸めて挿しております。



e0350308_8282857.jpg



それを広げますと↓


e0350308_82829100.jpg



裏返しますとメニュー表です。↓


e0350308_8282990.jpg



そして冬メニューと本日の珈琲(1種類しかありませんが・・・)↓


e0350308_8282995.jpg

e0350308_8282928.jpg



こんな感じです・・・。

その中から「焼餅ぜんざい」と「抹茶」。


e0350308_8283040.jpg



今回の道具。

抹茶碗 : 古唐津(江戸初期)。

ぜんざい碗 : 朝鮮(14世紀高麗末期)。

箸置き : 産地不明の紅皿(江戸末期~明治初期)。

盆 : 土の板。(昭和?)

箸 : 自作の不細工煤竹箸(一つ節)。



抹茶を合わせてみたのですが「焼餅ぜんざい」にはそれよりも「緑茶」か「ほうじ茶」の方が合うように思いました。(個人的な感想です)




昨今の大盛り激安が持て囃される中・・・。

このメニュー表をみてお分かりかと思いますが、そんな中にあっては決して安いとは言えません・・・。

その分、自分なりに、飽くまで自分なりにではありますがメニューの一つ一つに「手」を加えているつもりでおります・・・。

そして器や備品は出来る限り「古道具」で供しております。

それを付加価値とでも感じていただけたら幸いです・・・。



お一人、もしくはお二人で店内の「古道具」を物色したり本を読んだり・・・。

ゆっくりとした時間をお過ごしいただけたらこれこそ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。



本日は必死の喫茶アピールになりすみませんでした・・・。










[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-17 09:12 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 12月 16日

白磁の灯火器に火を灯してみたら。






昨年12月に入荷し紹介しました「白磁の灯火器」。小ぶりで高さは5.5cm。

売れて行きそうな気配すらないので使ってみることに・・・。



穴に芯を通してオイルを注ぎ、火を灯すと・・・。

小ぶりな割りになかなかの光量です。

まず5mmの芯で試してみると火が大きすぎて驚きました。先日のオイルランプの時と同様です・・・。

3mmの芯に替えてみるとバッチグーでした。



なにせ小ぶりなのでオイル切れが早い・・・。

なので、喫茶ご利用のお客様が畳席に座られた時のみにこれに火を灯そうと考えております。

視覚だけでも温まるかと・・・。





まずは昨年紹介した写真から↓


e0350308_8204968.jpg



一輪挿しにも良いかと思います。
e0350308_8204982.jpg



これに芯を通しオイルを注ぎ・・・。↓


e0350308_8364686.jpg



火を灯しますと・・・。↓



e0350308_8364627.jpg



そして畳の喫茶席に置いてみますと・・・。↓



e0350308_8364614.jpg
e0350308_8364646.jpg



更に照明を消してみますと・・・。↓


e0350308_8364616.jpg
e0350308_8364796.jpg



小ぶりですが、なかなかの光量でした。LEDにはない温かい光です。

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-16 09:00 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 15日

レンガ?






6年前に入荷したもの。

縦15cm×横17.5cm×厚6cm。



これはレンガでしょうか?「輪」になってます。

装飾のひとつとして壁に埋め込まれでもしていたものでしょうか?

とりあえずとても気に入っております。



「あいろく」恒例の日常には無用なものではありますが、お店を営むうえではとても重宝しております。

空いた空間にポツッと置くだけで様になり、空間と空間の間仕切りにもなってくれます。「結界」というやつですかね。



真ん中の穴から見える景色はまた違って見えます。




e0350308_8473627.jpg
e0350308_8473618.jpg
e0350308_847365.jpg
e0350308_8473637.jpg
e0350308_851779.jpg







[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-15 09:03 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 14日

ぬくぬくふくすけ






今週気温がグッと下がるそうですね。皆様も風邪を引かぬようお気お付けください。

そんな訳で本日はぬくぬくとした「ふくすけ」を。



我が家ではすでに炬燵が登場しております。

「猫は炬燵で丸くなる」と言われますが「ふくすけ」はそうではないようです。

炬燵の中でめいっぱい体を伸ばし全身に熱を浴びていることが多いようです。

人間が足を伸ばせる空間を占領されております。

「ふくすけ」はいつでも自然体です。



そんなある日の「ふくすけ」。

熱くなり炬燵から出てきたかと思いきや、出てきたのは上半身だけ。

炬燵布団から上半身だけを出してぬくぬくダラダラ・・・。

寝るわけでも起きるわけでもなくあくびをしたり、寝返りをうったり、ぬくぬくダラダラ・・・。

「つげ義春」の世界とでも言いますか、売れない漫画家の日常のようです。



しかし「ふくすけ」からはその世界のような哀愁は微塵も感じません。

毎日ただただ幸せそうに過ごしております。

「ふくすけ」はいつでも自然体です。




e0350308_827526.jpg
e0350308_8275219.jpg
e0350308_8275226.jpg
e0350308_8275399.jpg





↓このような哀愁はやはり「ふくすけ」にはないですかね。
e0350308_8275324.jpg
e0350308_8275395.jpg








[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-14 08:55 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 12月 12日

茶筒いろいろ



2日前・・・。

ライターの小坂さんのブログにて「珈琲美美」のマスターである森光さんの訃報を知りたいへん驚きました。

僕が「美美」に立ち寄るのはせいぜい年に1~2回。森光さんとはそんなに接点はありませんがたいへん驚きました。


最後に立ち寄ったのは今年の夏でしたが、この時のご夫婦の仲睦まじい様子がとても強く印象に残っております。

そしてカウンター席越しに、淡々と、丁寧に珈琲を淹れる姿を拝見するのが僕は大好きでした。


僕なんぞはこの程度ですが、この訃報に大きなショックを受けた方は全国に多くいらっしゃることでしょう・・・。

ご冥福をお祈り致します。




本日は僕の中では、飽くまで僕の中では「美美」さんに関連があるものとして、昨年の8月に紹介しました記事「茶筒いろいろ」をそのまま引用して紹介いたします。











茶筒いろいろ。

これは商品ではなく、備品として「あいろく」で大活躍中の茶筒達。

e0350308_7353353.jpg



一番手前のものは京都の錫専門店「清課堂」の80g缶。(2015年現在使用10年)

100%錫なので、小ぶりですがズッシリ重いです。(お値段もズッシリ重いです)

その時々で変わりますが、現在はきな粉の保存用。

e0350308_7353393.jpg


その他はすべて京都の茶筒専門店「開化堂」のもの。

「あいろく」で最も長く使用しているのは、写真左の「銅200g平型 押し込み中蓋」(2015年現在使用12年)。

現在は緑茶用に使用しています。



押し込み中蓋は、茶葉の量に合わせて中蓋がスーッと落ちる優れもの。

より密閉できます。

e0350308_735332.jpg


いい道具を使うと気分が違うので、これからも少しずつ「一生もの」の道具を揃えていけたら。と思います。


ちなみに僕が「開化堂」茶筒を使うキッカケになったのは、福岡の「珈琲美美」で丁寧に使い込まれ、そしてずらりと並ぶこの茶筒たちを見て

影響を受け、真似をしたのが始まりです。


僕が初めてこの茶筒を購入した際に、「開化堂」の奥様が「美美」さんは本当に丁寧に使って下さっていて感動した。

と絶賛されていました。


作り手にそう思ってもらえるよう、僕も大切に使っていきたいと思います。





[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-12 08:28 | 喫茶道具 | Comments(1)
2016年 12月 11日

ハンカチペナント






昭和40年代の「ハンカチペナント」。

34cm×16.5cm。



僕は無知なので知りませんが、ハンカチ型をしたペナントということでしょうか?

要するに「ペナント」なのでしょう。

材質は紙です。



「王、長嶋ペナント」×1枚。

「郷ひろみ」ペナント×1枚。

「野口五郎」ペナント×2枚。

「天地真理」ペナント×2枚。

「小柳ルミ子」ペナント×3枚。

以上の計9枚。早いもの勝ちです。



早いもの勝ちとは言ってみたものの、これを入荷して1ヶ月・・・。

あまり見向きもされていない気がします・・・。

「早いもの勝ち」などとお客様を焦らせて購買意欲をあおるような小賢しい真似をしてしまいすみません・・・。

前記した通りですので、気になる方はゆっくり考えてからでも遅くはないでしょうね。

お金は大事に使いましょう。


e0350308_8335065.jpg
e0350308_8335044.jpg
e0350308_833507.jpg
e0350308_8335026.jpg
e0350308_8335121.jpg
e0350308_8335188.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-11 08:48 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 12月 10日

アサヒグラフ






1965年のアサヒグラフ。

全部で18冊。



中身はパラパラとしか見ていませんが、当時流行してたのでしょう「GO!GO!ダンス特集」や、今も昔も変わらぬこの問題「竹島はワシらのもんじゃけん」等等・・・。

商品でありますが、興味がおありのかたはご自由に閲覧くださいませ。






↓この号は三池工業が優勝した年の甲子園特集です。
e0350308_8212439.jpg
e0350308_821245.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-10 08:30 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 12月 08日

明日休みます






***明日9日(金)は都合によりお休みします***




e0350308_7552487.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-08 08:21 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 12月 07日

真珠湾





月末に安倍総理が真珠湾に訪問。が話題になっているので本日はこれをご紹介です。



「写真週報」昭和16年12月24日第200号と昭和17年3月18日第20号。

これに真珠湾攻撃のことが掲載されてます。




e0350308_7345285.jpg
e0350308_7345288.jpg
e0350308_7345331.jpg



220号には「軍神九柱」として「真珠湾攻撃」で戦果をあげた9名の特攻隊員が掲載されております。

司令長官山本五十六からの謝状やこの9名の隊員の「絶筆」なども・・・。


死にに行かせておいて、軍神と崇められ謝状が贈られても死んでゆく若者からすればたまったものではありません。



この2冊は店頭には出しておりませんので、詳しくご覧になられたい方はお声かけください。


e0350308_7345325.jpg
e0350308_7345330.jpg
e0350308_7345468.jpg
e0350308_7345320.jpg
e0350308_7345486.jpg
e0350308_7345471.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-07 07:53 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 06日

誕生日をうっかり




僕としたことがうっかり忘れてしまってました。

11月28日は我らが知世、原田知世さんのお誕生日だったこと。

以前も紹介しましたが、その日に今一度「原田知世写真集」を紹介するつもりであったこと。



そんな訳で少し遅れましたが今日になりました。



e0350308_8245526.jpg





この中から数枚をご紹介。

以前も紹介しましたこの1枚。

デビュー作ドラマ「セーラー服と機関銃」撮影時の1枚。

現在と変わらぬこの笑顔。



e0350308_8212918.jpg










映画「時をかける少女」から1枚。

冒頭の五郎ちゃん(尾美としのりさん)らと雪山へ向かう電車内。この写真はおそらく撮影合間の1枚でしょう。



e0350308_824564.jpg




そしてこの写真集のなかに何枚も掲載されているお姉さんとの2ショット写真。

そのすべてにおいての印象ですが、我らが知世の方が(←尊敬と愛慕の念で呼び捨てにしております事をご了承ください・・・)「快活」でお姉さんが「おとなしめ」。そう感じます。


e0350308_8245683.jpg





うっかりと言えば、水木しげるさんが亡くなられてからも、もう1年が過ぎました。時が過ぎるのが早すぎる・・・。

「うっかり」の頻度も増えてしまいます・・・。




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-06 08:44 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 12月 05日

使い捨ての紅皿





白磁の「紅皿」。

文字通り唇に紅をひく際に使う小皿です。直径6cm。


なんと使い捨てらしいです。

よく見るとそれも頷ける点がいくつかあります。


お皿の淵がギザギザ、裏は釉薬がたれているだけ。

作りが雑です。でもこれが良いところ。

そんな中にも何故か凝っている点も一つ。

写真では分かりづらいですが、裏には唐草模様がうっすら施されております。これが更に良いところ。


これを入荷したのは8年前。

数あったのですが、現在は手持ち2枚・・・。

「あいろく」の喫茶にて「用」を成しております。

昨日の記事で「箸置き」に見立てていたのがこの「紅皿」です。

8年間重宝しております。




e0350308_7505427.jpg
e0350308_750558.jpg


e0350308_8164413.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-05 08:23 | 古道具 | Comments(0)
2016年 12月 04日

不細工な煤竹箸




昨日の記事で「ぜんざい」と「あんこトースト」を紹介しました。

その記事の中でチラッと紹介しました「煤竹のお箸」。


「ぜんざい」用に木工作家さんの「木の匙」か「木の箸」を購入しようか考えておりましが、昨日も書きましてしつこいようですが僕は慢性的な金欠状態・・・。購入を断念しました。と、お伝えしました。


しかしその訳はそれだけではありません。

「あいろく」の喫茶で供する器はどれもある程度古く(日本や朝鮮の14世紀~昭和初期くらいのもの)、そして変形やほつれなど、不完全なものばかり・・・。

その不完全な器たちに合わせるものとして、作家さんの完璧な作品では釣り合いが取れないような気がしておりました。


そこで昨日もお伝えしたように「けやきや」さんからいただいた煤竹。

これを切って、割いて、削って箸を自作しました。

これがまたとんでもなく不完全・・・。

僕が不器用なのに加え、切れ味悪い彫刻刀もあいまってこれがとんでもなく不完全・・・。

不器用なのは自分のせいですが、切れ味に関しては小学生時に図画工作の時間に使っていた彫刻刀なので仕方がありません・・・。


今のところ全部で4組仕上がりましたが、削るのも4回目ともなると少しだけ慣れてきました。

このとんでもなく不完全な「煤竹箸」ですが、これくらいが「あいろく」には調度良いと思っております。


使いにくいかもしれませんがそれも「味」と思っていただけたら幸いです。





竹をのこぎりで適当な長さに切って↓

e0350308_8164317.jpg




適当に割いて↓

e0350308_8181335.jpg



この切れ味悪い彫刻刀で↓

e0350308_8164456.jpg


子供の頃カッターで鉛筆を削ったことを思い出しながらせっせと削って出来上がり↓


e0350308_816448.jpg







一応、消臭と消毒もかねて、古くなって飲めなくなった茶っ葉で煮沸しました。

不完全な器には相性が良いと思うようにしてます。

e0350308_8164413.jpg




最後に切れ味が悪い。と、散々けなしてきましたがこの「三角刀」はこの10年間とても重宝しております。

「あいろく」の「けしごむはんこ」はこの三角刀1本に支えられております。


e0350308_8164422.jpg


最近視力が落ちてきたのか?40歳になり老眼がはいってきたのか?彫る際に「刃先」がぼやけます・・・。

感覚で彫ることは出来るのですが、やはり以前と比べて精度が落ちてしまってます・・・。

果たしていつまで続けられるか・・・。

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-04 09:03 | 喫茶道具 | Comments(0)
2016年 12月 03日

ぜんざいとあんこトースト





5日の月曜から「くるみあんこトースト」と黒糖くずほうじ茶焼餅ぜんざい、略して「焼餅ぜんざい」を始めます。



「あいろく」の喫茶。エアコンを設置していないため夏は灼熱、冬は極寒・・・。

そして建物は築80年以上の木造隙間だらけ。

冬は隙間風で暖簾代わりに提げている蚊帳がはためくほど・・・。

過去には2度もその隙間から猫が床下に侵入。そして子猫が産み落とされ母猫は育児放棄・・・。ということも。



そんな店内で夏は「アイスクリン」と「珈琲ゼリー」がおかげさまで定番商品として活躍してくれてましたが、冬に対応できる甘いものがありませんでした。

「ぜんざい」ができたらなぁ・・・。常に考えておりましたが「もの」にはならず去年も断念・・・。



原因は楽をしようとしていたから・・・。

僕は「市販のあんこで即席ぜんざいができれば」としか考えておりませんでした。

しかし市販品は甘さが強い。これをぜんざいにするとその甘さでカァーッっと喉が熱くなります。



やはり楽をしてはいけませんね。営業時間外の手間は手間と思わないようにしよう。と「粒あん」を自分でつくることにしました。

すると甘さは自分で調節できるので、それなりに仕上がりました。(玄人から見れば鼻で笑いたくなるくらいの出来でしょうが・・・。)

これを使い「ぜんざい」と「あんこトースト」を喫茶メニューに加えることとなりました。




「あんこトースト」には炒った胡桃を混ぜて「くるみあんトースト」に。

胡桃を加えることで食感と香ばしさが増し、貧乏人らしく敢えて貧乏臭いことを言えば「あんこ」のカサも増して良かったです。


「ぜんざい」はこの粒あんと共に「吉野本葛粉」「100%純黒糖粉」を手鍋にかける「即席ぜんざい」です。(ひとつまみ塩も加えます)

具は自家焙煎ほうじ茶葉を練りこんだ「ほうじ茶焼餅(あんこなし)」を放り込みます。

したがって黒糖くずほうじ茶焼餅ぜんざい。略して「焼餅ぜんざい」です。



そしてもう一つ忘れていた課題が浮かび上がります・・・。

これを供する際の「箸」または「匙」がありません。

木工作品で良いものを使おうと思えば5本ほど購入すれば1~2万円はすることでしょう。

そして僕は慢性的な金欠・・・。


そこで「ふと」思い出したのがご近所の生パスタのお店「けやきや」さんから以前いただいた煤竹。

これを割いて削って「お箸」を作ろう。

そう思い立ち昨日、切れ味が悪い彫刻刀でせっせと削りました。おかげで腕が筋肉痛・・・。


かなり不細工ですが3組仕上がりました。

「あいろく」にはこれくらいが調度良い。分相応ですね。




月曜から「くるみあんトースト」「焼餅ぜんざい」もよろしくお願いいたします。




e0350308_7422669.jpg
e0350308_7422683.jpg
e0350308_7422685.jpg
e0350308_7422757.jpg





[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-03 08:58 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 12月 01日

将棋盤



早いものでもう12月。

昨年の12月にこれを入荷したことを思い出しました。昨年の1年間で一番のお気に入りです。

本日は今一度その昨年の記事を引用してご紹介。



あと1ヶ月残してますが、今年一番の仕入れは今のところ「木の?(2月3日紹介記事)」か「衣笠湯呑(8月13日)」ですかね。






将棋盤。


縦30.5cm×横26.5cm×厚12cmの分厚くずっしり重たい将棋盤。

おそらく余った丸太か何かで「ついで」に作られたものだと思われます。

それだけに形も歪で不完全。僕が大好きな「不完全」なものです。

一昨日仕入れの新入荷で、今年入荷の中でも個人的には5本の指に入るお気に入りの品です。



e0350308_7541491.jpg
e0350308_7541444.jpg


裏面。↓

e0350308_7541496.jpg

写真で分かるように「ついで」に作られた「感」がある歪な形。

もしかしたら遊び心で敢えてこう作られたのでしょうか?

いずれにしても本当に良い佇まいです。



そして「ついで」のわりに手が込んでいる点がこれ。


e0350308_7541426.jpg
e0350308_7541422.jpg

駒を収める引き出し付なのです。(別に駒の収納箱を作るよりも単にこの方が楽だっただけかもしれませんが・・・)

ちなみに駒は全て揃ってます。


喫茶道具として「お膳」に見立ててみようかとも考えております。


今年最後の月にこのようなお気に入りのものが入荷できて嬉しく思っております。




e0350308_754149.jpg

e0350308_7544584.jpg










[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-12-01 08:27 | 古道具 | Comments(0)
2016年 11月 29日

オイルランプ2種







新入荷の「オイルランプ」大小2種。


「ランプ大」は高さ34cm。吊り下げ用の鉄枠の高さは46cm。

「ランプ小」は高さ18.5cm。吊り下げ用の鉄枠の高さは21cm。



昨日入荷したのですが、嬉しくなり早速灯油を入れて使用してみました。

ファミコンのカセットを買った際、嬉しすぎて説明書そっちのけでゲームにとりかかっていた子供の頃を思い出しました。



この「ランプ」、芯の出し入れで火力を調節するのですが、恥ずかしながら使ったことが無い僕は、その要領が分からず適当に芯を出して火を灯したところ、ものすごい黒煙が上がってしまい、いきなりびっくり。

「あっ」という間にガラスの火屋(ほや)が煤で真っ黒に・・・。

これがマンションであれば間違いなく警報機が鳴っていたことでしょう・・・。

長年使われずに放置されていたせいもあるでしょうがびっくりでした。



その後要領を得て半日使用してみました。

すると夕方ごろ「ランプ大」の方から再び黒煙が・・・。

そして火の調節もままならなくなってしまいました・・・。これまたびっくり。

お客様が2組寛いで居られた店内に「ストーブ臭」が充満・・・。大変失礼いたしました・・・。




その理由は定かではありませんが、ひとまず灯油ではなく専用オイルに替え、芯も新しいものに取り替えて再挑戦してみます。

「ランプ小」の方は本日も活躍してくれる事と思います。



それにしてもやはりこの「灯り」には癒されます。

ほんの少し童心に帰れた1日でした。




e0350308_8475668.jpg


「改良安全壷」の浮き彫り文字↓

e0350308_8475633.jpg



その裏側には「大正」の浮き彫り文字↓

e0350308_8475648.jpg
e0350308_8475757.jpg
e0350308_8475790.jpg




照明を消して火を灯してみました。↓

15~20Wくらいでしょうか?

e0350308_8475777.jpg
e0350308_847581.jpg
e0350308_847586.jpg









[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-29 09:21 | 古道具 | Comments(0)
2016年 11月 28日

再び帆布袋





今月入荷の「帆布袋」。

何か活用法はないかと思い、袋を内側に折り込み押しピンで壁に刺して更にドライの植物を挿してみたところ思いのほか良かったように感じます。

もっと活用法があれば良いのですが、頭の固い僕にはなかなか思い浮かびません・・・。

単に壁に掛けるだけでも雰囲気良いのですが・・・。

生地は頑丈ですし何か妙案がある方には重宝しそうな「袋」です。




e0350308_7364516.jpg
e0350308_83151.jpg
e0350308_831469.jpg
e0350308_831421.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-28 07:53 | 古道具 | Comments(0)
2016年 11月 26日

トミオフクダとチーズトースト






昨日プリン用の牛乳と卵の買出しついでにグリーンコープでチーズとポテトチップスを購入。

持ち帰り珈琲(ブラジル・トミオフクダ)と共にポテトチップチーズトーストと食べてみることに。


これは僕が20代のころからよく朝食時などにたべていたもので、食パンにポテトチップスを砕いて乗せ、その上からチーズを乗せて焼くだけ。


ポテトチップスの食感と塩気が絶妙です。

以前はスーパーで購入したチーズと大手のポテトチップスでしたが、今回のものはグリーンコープのもの。

比べると、かなりやさしい味に仕上がっておりました。

そして珈琲との相性も良かったように思います。


ご存じない方は是非お試しをー。

まだ材料が残っているので今日お店で出してみようか・・・。




e0350308_7425842.jpg







[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-26 07:59 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 11月 25日

生地見本





生地の見本。

昭和20年代の学校教材です。

大きさはB4サイズ。全部で4枚。



当時の高校2年生の「伊藤初子」さんの教材。

先月紹介しました絵日記の「いとうよしえ」ちゃんの歳が離れたお姉さんでしょうか。



正方形に切られた布地が規則正しく等間隔にB4サイズの紙に貼り付けられ、各々に柄や素材の名称が書き込まれてます。

単なる学校教材ではありますがとても良い佇まいです。

個人的な価値観ですが、額に入れでもすれば立派な作品のようになるのではないかと思います。



何を良いと思うかは気の持ちようでその人次第。

つくづく「もの」は値段ではないとこの「生地見本」はそう思わせてくれました。



「あいろく」の良きお客様「O」さんがこれに良い反応を示してくださり嬉しい思いでした。





e0350308_7571998.jpg
e0350308_7571974.jpg
e0350308_7571939.jpg
e0350308_7572080.jpg
e0350308_75720100.jpg
e0350308_7572065.jpg




下は「よしえ」ちゃんの絵日記。

写真右のものはすでに嫁入りしてしまいました。

これを購入してくださったのは若い女性の方でした。良い方のもとに渡り嬉しく思います。
e0350308_8345186.jpg





今回紹介の「生地見本」もこの束の中に入っておりました↓
e0350308_8345183.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-25 08:44 | 古道具 | Comments(0)
2016年 11月 24日

東芝タイムスイッチ鉛筆





新入荷の「東芝タイムスイッチ鉛筆」3本ケース入り。

今日は画像のみ。楽をします。



e0350308_7384668.jpg
e0350308_7384619.jpg
e0350308_7384622.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-24 07:42 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 11月 23日

フルタのパイプ椅子嫁入り・・・。+お知らせ。





8月に入荷した「フルタのパイプ椅子」4脚。

そのうちの3脚を先日の「こぶのいち」に持って行ったところ全て嫁入り。



嬉しいことですが、何気に気に入っていたので一気に無くなると少し寂しいものです。

残りの1脚は売らずに愛用して行こうと思います。



e0350308_818358.jpg



残りの1脚はこれ↓

フルタ エルモントチョコレート椅子。
e0350308_818371.jpg
e0350308_818374.jpg





あとお知らせを。

福岡市南区の「picnika」の「T」さんより企画展のお知らせが届きました。

「T」さんのメモ書きに「好きそうなのでよかったらいらしてください」。

見透かされています・・・。

現物を見たことはありませんが完全に僕好みだと思います。

欲しいものがありすぎて困るパターンのやつだと思います。

当ブログをご覧くださっている皆さんもよかったら立ち寄ってみてください。何かしらの刺激はあるはず・・・。




e0350308_7385787.jpg
e0350308_7385788.jpg
e0350308_7385741.jpg
e0350308_7385850.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-23 07:57 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 11月 22日

ジンクス破れたか否か。





11月20日のベラミ山荘「こぶの市」。今回も大盛況でした。

そして皆さんが気になる?お天気はというと・・・。

なんと雨は降りませんでした!

僕自身のベラミ訪問7回目にして初の出来事。快挙ですね。


しかし本当のところは、朝7時くらいの商品搬入時にポツポツとほんの少しだけ降りました・・・。

その際、出店者の皆さんはきっと心の中で「あいろくのせいだ・・・」と思われたに違いない・・・。

と、僕は勝手にそんな被害妄想が膨らんでしまい、一先ず皆さんに謝罪をしました。

しかしその小雨は一瞬のこと。「ほっ」としました。



そんな中始まった「こぶの市」は降水は無かったのですが終始曇り空。

「べラミではいつも雨」。このジンクスは破れたとは言えない気がします。(搬入時の一瞬とはいえ小雨も降りましたし・・・)

これが終始晴天であれば本日の題目は「ベラミの奇跡!」になっていたと思いますがそれは次回以降に温存しておきます。



しかし開催中は降りませんでした。おかげで疲れも半減。

何はともあれ「市」は前記したとおり大盛況。

出店者の皆さんと来場者の皆さん、今回もお世話になりました。ありがとうございました。




余談ですが先日当ブログに珍しくコメントが届きました。

それは「こぶの市」に来場されたお客様からで、このジンクスに関することでした。

当ブログでこのジンクスを知っておられたようで、しかも来場途中に雨が降り出したらしく「少し笑えました」。

と、温かいコメントをいただけて嬉しく思いました。



僕はコメントと年賀状には一切返信はしない。と心に決めて生きておりますので、そのことをご了承ください。

返信はしておりませんがコメントを拒否することはありませんので遠慮なく送信くださいませ。





「こぶの市」当日の様子↓


e0350308_742921.jpg
e0350308_742937.jpg











[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-22 08:23 | 催事 | Comments(0)
2016年 11月 21日

本日お休み+ふくすけ






***本日21日(月)は都合によりお休みいたします***




e0350308_19505278.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-21 08:00 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 11月 19日

ふくすけのこと+明日はこぶの市+本日は16時くらいまで。






我が家の愛猫「ふくすけ」のこと。


久々に「ふくすけ」の体重測定をしました。

はっきりと覚えていませんが数ヶ月ぶりの測定です。


その際、ピーク時には8kgだったのが6.6kgに!「ふくすけ」ダイエット成功!と当ブログにも記しました。

が!今回の測定ではなんと6kgに。更に減量に成功。

これを人間に置き換え、80kgが60kgになったと考えると激変と言えると思います。(現にピーク時は小形犬用の首輪をしてましたし)


しかし哀しいことに毎日「ふくすけ」と接している僕からは、パッと見はその変化は感じません・・・。

しかしよく見るとお腹にはダルダルになった皮がぶら下がっており、歩くだけでその余った皮がぶらぶらと横揺れを起こしています。

元はその皮の中に肉が詰まっていたのだと思うとやはり大幅減量に成功したのです。



「ふくすけ」にもうこれ以上は減量の必要はありません。

リバウンドせぬよう様子をみながら「ごはん」を増やしても良いかと思っております。



無類の「人たらし」であると同時に食いしん坊の「ふくすけ」にとって、これは朗報でしょう。

そんな朗報を露知らず・・・。

我が家の愛猫「ふくすけ」は毎朝日課のパトロール中・・・。





パトロール中の様子。のらねこ「はっちゃん」と遭遇の時↓
e0350308_850679.jpg



現在の「6キロふくすけ」↓

e0350308_8484559.jpg
e0350308_8482853.jpg





ピーク時の「8キロふくすけ」↓

こう見るとやはり違います。(いつもに増して画質が悪いことをご了承ください)
e0350308_8482857.jpg
e0350308_8482947.jpg
e0350308_8482968.jpg





***そして明日20日は「こぶの市」出店のため店舗営業はお休みです。***


***さらにその準備のため本日19日は16時までの営業とさせていただきます。***

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-19 08:24 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 11月 17日

薬袋





僕の好物である昭和初期くらいの「薬袋」2種。

新入荷です。


大正湯 : 12cm×8cm。

チョーイサン : 15cm×10.7cm(出来上がりは7cm×10cm)。


チョーイサン袋はまだ糊付けされていない段階のものです。

ぽち袋、お年玉袋にいかがでしょう。




e0350308_830132.jpg
e0350308_8301368.jpg
e0350308_8301474.jpg
e0350308_8301454.jpg
e0350308_8301485.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-17 08:39 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 11月 15日

いなかっぺ大将





いなかっぺ大将の歯磨き粉です。バナナ味。

新入荷です。



洗面所のオブジェにいかがでしょう?

昭和中ごろの古い未使用の歯ブラシもありますので、抱き合わせでいかがでしょう?



間違えて使用しないようにお気をつけください。



e0350308_8304438.jpg
e0350308_830457.jpg
e0350308_8304547.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-15 08:37 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 11月 14日

トミオフクダとカカポンチョコ





「あいろく」の喫茶で現在提供している珈琲豆「ブラジル・トミオフクダ」。

9月15日の「改・プリンと珈琲のこと」の記事にも書きましたが引き続き手網焙煎はうまくいっていると自分では思っております。

過去8年半の中で最もお客様から良い反応を頂いている気がします。

これから「トミオフクダ」一本に絞って良いのかも・・・。と思っております。

とは言っても、いろいろな条件が重なって1杯の珈琲は提供されるもの・・・。この僕という素人のうすっぺらい能書きについては、お手数お掛けしますが詳しくは9月15日の記事をご覧ください。



その「トミオフクダ」と「カカポンチョコ」。

先週「カカポン」さんに立ち寄りました。

カカオ85%の「大人のブラック」を購入し珈琲のお供に。

まさに大人の味でした。




僕のごく個人的な感想ですが、カカポンチョコの最大の魅力は「残り香」だと思っております。

鼻の奥にカカオの心地よい香りが何時までも残ります。

食べ終わり数時間が経った後・・・。忘れた頃に「ふわっ」とカカオが香ってきたりします。

忘れた頃にやってくる・・・。これがとても心地よい。


飽くまで個人的な感想ですのでお聞き流しください。



そして余談ですが、昨日から試しに「素朴すぎるハムサンド」をメニューに加えました。

無いときもありますが、興味がある方はどうぞよろしくお願いいたします。




e0350308_826472.jpg
e0350308_8264744.jpg






[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-11-14 08:58 | 喫茶 | Comments(0)