2016年 10月 12日

毎日写真ニュース





毎日写真ニュース。

毎週水曜日に発行されていたもので、昭和32年9月~昭和33年10月までのものが現在の手持ちで全39週分あります。(途中いくつか抜けてます)

1週分にB4サイズのニュース写真が4枚入ってます。

まだ僕自身、中身をごく一部しか確認しておりませんが、どうやら面白いニュースが詰まっているようです。



売り物ではありますが、自由に閲覧してみてください。

喫茶をご利用の方にはなかなか良い暇つぶしになると思います。



そのニュース写真の一部をご紹介。




e0350308_8261851.jpg
e0350308_8261993.jpg
e0350308_8445222.jpg
e0350308_8261910.jpg
e0350308_8262076.jpg
e0350308_8262056.jpg
e0350308_8261970.jpg
e0350308_8261953.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-12 08:46 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 10月 10日

ロート製薬の包装紙





ロート製薬の包装紙。

27cm×39cm。B4サイズより僅かに大きいくらい。



いろいろな競技の選手のイラストが印刷されている可愛らしい包装紙です。

描かれている選手のユニフォームを見るからして東京オリンピック頃の包装紙でしょうか?



50枚束、未使用で「粗品 ロート製薬」の帯が付いておりました。(「あいろく」ではそれをバラして10枚束にしてお売りしております)

これは2010年と12年に2度、合計10束くらい入荷したことがあり、7年近く在庫を切らさずにきましたが、いよいよ残り3束に・・・。

商売なので売らなければなりませんが、どこか寂しい思いです。

古く見ても50数年前の品。そんなに古いものではないので、また入荷できると思いたい・・・。




e0350308_824680.jpg
e0350308_824681.jpg
e0350308_824696.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-10 08:23 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 10月 08日

風鈴見納め





ようやく秋めいてきそうです。

7月に紹介しました「坂野友紀」さんの風鈴。今年はもう見納めです。

毎年夏に登場するこの風鈴は非常に作業が繊細で、そして音色が良く、佇まいも良し。

売り物ではないのですがお客様にたいへん好評。

この夏もエアコンのない灼熱の「あいろく」店内で一服の涼をさりげなく、奥ゆかしく振りまいてくれました。



また来年夏にお会いしましょう。




e0350308_98920.jpg
e0350308_98975.jpg
e0350308_9898.jpg
e0350308_98984.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-08 09:19 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 10月 07日

「本日お休み」を撤回します。+ふくすけ





***本日10月7日(金)は都合によりお休みいたします。***

と、更新しましたが用事が早く済んだので本日は開店します。(13時までには)






e0350308_19261661.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-07 07:00 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 10月 06日

特製帳符帖




「帳符」。値札ですね。

1シートに2cm×1cmの帳符が48枚連なっています。

30シートくらいあるので全部で1400枚くらいあります。

裏面に糊がついており、切手のように水で濡らして貼り付けるものです。



とても良い雰囲気の「帳符」で個人的には好物です。




余談ですが、当ブログには、ほとんどお客様からコメントが届くことはありません。

これは僕がそれに対して返信しないことが一つの要因なのでしょうが、今日珍しくコメントが届きました。

その内容は先日紹介しました「駅ナカ」の「黄色の女」の記事への反応。

やはり出店者のみならず来場されたお客様の間でもあの「黄色の女」は時の人だったようです・・・。





e0350308_855115.jpg
e0350308_855169.jpg
e0350308_85525.jpg





[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-06 08:25 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 10月 05日

本日お休み+ふくすけ




本日10月5日(水)は都合によりお休みさせていただきます。すみません・・・。



e0350308_8484559.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-05 08:52 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 10月 04日

駅ナカ蚤の市と黄色の女





先週開催された第2回小倉駅ナカ蚤の市。

今回も盛況でした。個人的には苦戦したものの最後の3時間で少し盛り返すことができ一安心でした。



そんな「駅ナカ」にお客様?として連日来場された「黄色の女」。

その呼称の由来は単純明快で、連日黄色い服を羽織っていたからです。

「るごろ」さんが気付いたそうですが、初日はカーティガンで2日目はパーカーだったそうです(もちろん黄色)。流石の観察眼です。




その「黄色の女」ですが年齢は60歳だそう。←これは僕が接客の流れの中で聞き出した僕の手柄です。

最初は僕も普通に接客をしていたのですが、ものの3分程でこの「女」は怪しいと感じましたが時すでに遅し。

その後「あいろく」のブースにずっと居座り、ブツブツと独り言、そして他のお客様にベラベラと話しかける。そしてそのお客様は散って行く。その繰り返し・・・。

もう完全な営業妨害です。



それに耐え切れず僕は他の出店者さんには悪いと思いながらも「黄色の女」に「他も見られましたか?他のお店も楽しいですよ」と一言。

「黄色の女」は「そうですか・・・」と言い残し会場を徘徊し始めました。




去ってくれた事に僕はホッとしたのですが、「黄色の女」はその後「檸檬」さんで長居・・・。

「カロカロ」さんの商品の椅子に座り長居・・・。そしてブツブツ・・・。

「カロカロ」さん「檸檬」さん「黄色の女」を会場に放ってしまいすみません・・・。




そんな感じで初日を終えましたが「黄色の女」は2日目も登場。(ご存知の通り2日目はパーカーで)

また会場に長居している様子の「黄色の女」。

数時間経過した後、「カロカロ」さんが僕に「あいろくさん大丈夫でしたか?」と一言。

そうなのです。その少し前に僕は再び「黄色の女」に絡まれていたのです。



2日目も「黄色の女」はウチのブースに居座り、初日と同じ有様に・・・。要するに営業妨害です。

チラッと目が合ってしまい、僕は見て見ぬふりを決め込みましたが、「黄色の女」は絡んできました・・・。

後ろから厚かましくポンと肩を叩かれます。

女:「お兄さん商売はどう?」

僕:「ハァ・・・ぼちぼちです・・・」

女:「そんなことないでしょ!今売れてたじゃない。」

僕:「ハァ・・・ありがとうこざいます・・・」

すると「黄色の女」。

女:「あなた大丈夫?!かなり疲れてるんじゃない?!」と僕の背に手を当ててきます。

僕:「大丈夫です・・・」とそれをやんわり拒否。

女:「いや、そんなことないわ!あなたご飯たべてる?!手を当ててあげる!」と頼んでもいないのに背を擦って来ます。

僕:「いや、本当に大丈夫です。お構いなく・・・」これまたやんわり拒否。

女:「あらそう・・・」と言い残し去っていくのかと思いきや更にウチに居座ります・・・。




確かに僕は前日の寝不足もあり当日猛烈に疲れておりました。そしてあまり食事もとっておりませんでした。

それを見抜いたか「黄色の女」。

意外にもスピリチュアルな一面を披露する「黄色の女」。

そういえば「美輪」さんの髪も黄色・・・。黄色には意味があるのかもしれませんね。

そのまま背を擦っていただいたら良かったのかも?



しかし初日同様に僕はその営業妨害に耐えれず、再び伝家の宝刀を抜くことに・・・。

「他のお客様が見にくいので少し除けていただけますか?」とやんわりココを立ち去るよう訴えかけます。

すると「黄色の女」は「そうですか・・・」と、まんまと去ってくれました。めでたし、めでたし。




長くなりましたが、そんな僕と「黄色の女」の濃厚な絡みを「カロカロ」さんは遠目に見ていたそうで、心配してくださり僕に声を掛けてくださったようです。

その絡みを「ニブルス」さんも交えてお二人に説明したところ、その濃厚さに多少の驚きはあったようですが、やはり「カロカロ」さんは「黄色の女」の居座りとブツブツに困惑されていたそうです。

しかし「ニブルス」さんは「私にはそんな変人な一面は見せてくれなかった。まともで面白くなかった」と何故か悔しそうでした。



あの2日間。会場のなかで、出店者の中で、あの「黄色の女」は間違いなく「時の人」だったのです・・・。

そう思い返すと「黄色の女」にもう一度お目にかかりたいと思ってしまうのは不思議なものです。




そんな楽しい第2回駅ナカ蚤の市でした。



e0350308_6575948.jpg
















[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-04 08:45 | 古道具 | Comments(1)
2016年 10月 03日

配置変え失敗




昨日「駅ナカ蚤の市」の荷降ろしついでに、喫茶席をもう一つ増やしたく店内の配置変えを行いました。

失敗しました・・・。



どうしても「しっくり」いかず、もう埒があかず結局は元の配置に戻すことに・・・。

原状回復が終わった時は既に日付が変わろうとしておりました。疲れた・・・。

まぁ掃除機を掛けれたので「よし」とするか。




そして今回も盛況に終わりました「小倉駅ナカ蚤の市」。

ご来場いただいたお客様や主催の「檸檬」さんをはじめとする出店者さん。今回もお世話になりました。

更に今回(今回も?)体調が優れなかった僕を気遣ってくださった「るごろ」さん。本当にありがとうございました。

「チ○ビタ」って結構効くんですね。




尚、「駅ナカ」の詳細「謎の黄色の女」のこと等は明日以降に綴ることにします。




疲れたので少しの癒しに「ふくすけ」を一枚。



e0350308_757776.jpg








[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-10-03 08:15 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 09月 29日

本日から4日間お休みします。






***本日9月29日(木)~10月2日(日)まで店舗営業はお休みいたします。***



*9月29日(木) : 第2回「駅ナカ蚤の市」の準備のため。

*9月30日(金) : 第2回「駅ナカ蚤の市」出店のため。

*10月1日(土) : 同上。

*10月2日(日) : 「駅ナカ蚤の市」の荷降ろしついでに店内配置換え予定のため。




3月に開催された第1回「駅ナカ蚤の市」に続き今回も盛況となりますよう・・・。

主催者の「古本や檸檬」さんの「北九州にも古本・古道具の文化を根付かせたい」という思いとそれに賛同する全出店者の思いを感じていただけたら幸いです。(僕はちんたらぽんたら出店しておりますが・・・)



e0350308_8175477.jpg
e0350308_8175480.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-29 08:00 | Comments(0)
2016年 09月 28日

ちいさな不動明王。





一見、木の朱漆塗りの小さな箱。

高8cm×横6cm×縦4.5cm。

観音開きの扉を開けると鋳物の「不動明王」。

小さいのでその細かい表情までは表現できていない大雑把な明王です。

台座には縦書き(右から)で「成田山」と書かれています。




e0350308_8313262.jpg
e0350308_8313226.jpg
e0350308_831324.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-28 08:40 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 27日

ふくすけ久々のご対面。







我が家の愛猫「ふくすけ」。

毎朝の日課であるパトロール。本日のそれでノラ猫「はっちゃん」と窓ガラス越しに久々のご対面。

「ワインレッドのふくすけ」になって以降初対面です。

この記事を書いている今現在も、もうかれこれ30分以上は向かい合っております。

「ふくすけ」が「くぅ~、くぅ~」と鳴いております。



この春から夏にかけて「はっちゃん」を見かけなくなり心配しておりましたが、この所度々見かけるようになり安心しております。どこに隠れていたのやら・・・。





e0350308_850679.jpg
e0350308_850619.jpg








[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-27 09:03 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 09月 26日

福助さん





新入荷の「福助さん」。

高10cm。




台所に置きっぱなしにされていたのか、煤けていると言うよりは埃と油汚れでしょうか。

色も剥がれていますが、表情の力強さは健在かと思います。



当ブログに何度も登場している「福助さん①」と比べてもその笑顔は力強いものに見え、根っからの商売人といった佇まい。

2体を並べ比べるとその笑顔の違いがはっきり分かります。



個人的には、営業スマイルが板についていない商売下手そうで胃が弱そうな「福助さん①」のほうに親近感がわきます。





e0350308_8314436.jpg
e0350308_8314452.jpg





右が商売下手の「福助さん①」。左が新入荷の商売上手「福助さん」。



e0350308_8314443.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-26 08:50 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 24日

鉛の板と茶筅





今回は過去に書いた記事を今一度紹介します。



鉛の板(5cm×11.5cm)。と煤竹茶筅。


まずは鉛の板。一体何に使われていたのか?


e0350308_835389.jpg


これの面白い点は、下記の写真を見ての通り。

e0350308_835322.jpg
やわらかくて、割と自由に曲がります。

なので、これを筒状に曲げて・・・。


e0350308_835370.jpg

茶筅立てに見立てています。

e0350308_835353.jpg

この茶筅は偶然手に入ったものですが、箱に「池田壹岐 煤竹茶筅」と書いてありました。

これを少しだけ調べると、こうありました。

「煤竹茶筅は主に表千家流の茶会に用いられる。伝統工芸士の池田壹岐の茶筅は特に高品質で茶道家に愛される逸品。」

そしてイヤらしい話、お値段も僕にとってはお高いものでした。


そして先入観でも何でもなく、それまで使用していた茶筅に比べ、これがまた格段に茶が点てやすい。


「やはり良い道具はちがうなー。」と、しみじみと感じました。



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-24 08:29 | 喫茶道具 | Comments(0)
2016年 09月 22日

ワインレッドのふくすけ





我が家の愛猫「ふくすけ」の首輪が変わりました。

紫紺の水玉柄からワインレッドの星柄に。

ワインレッドのふくすけです。



見慣れないためか似合っていないように見えますが、その愛くるしさは変わりありません。

すぐに馴染んでくるでしょう。





e0350308_82456100.jpg
e0350308_8245687.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-22 08:32 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 09月 21日

ヤマト糊の瓶。





前回の「フエキ糊の瓶」に続き「糊瓶」2種。

今回は「ヤマト糊の瓶」。

一つは昨年7月に紹介したもので、高3.8cm×径5cmの小ぶりの瓶。

その後1個も嫁入りせず、そっくりそのまま健在です。



もう一つは少し大きめの高8cm×径7cm。

写真では見えにくいですが、胴に浮き彫り文字で「登録商標ヤマト糊 木内製」と書かれています。



昨夏の記事にも書きましたが、このガラスと金属の組み合わせは惹かれてしまいます。そういう方は少なくないと思います。



同じく書きましたが、この「糊瓶」を以前購入してくださった「O」さん。

変わらず自身が主催するお茶席にてこれを「棗(なつめ)」に見立てて愛用してくださっているそう。

その他にも「あいろく」から「O」さんのもとへ嫁入りし、同じく愛用されている道具は数知れず・・・。

本当にありがたいことです。「O」さんいつもありがとうございます。









e0350308_7525886.jpg

e0350308_7525833.jpg

e0350308_8244496.jpg
e0350308_8244411.jpg
e0350308_8244480.jpg
e0350308_8244414.jpg
e0350308_8244440.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-21 08:52 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 20日

本日お休み。





***本日20日(火)は勝手ながらお休みいたします。すみません・・・。***



e0350308_20263456.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-20 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2016年 09月 19日

フエキ糊の瓶





フエキ糊の瓶。昭和30年代くらいでしょうか。

高19cm×口径10.5cm。

深い緑色のガラス瓶。大きさからして業務用ですかね?



昭和40年代以降生まれの方にとっては、黄色いプラスッチックの容器に馴染みがあるかもしれません。

不易糊工業株式会社は創業1886年(明治19年)。日本卓上糊の元祖だそうです。



古いので少し劣化はしてますが、ちゃんとブリキの蓋も付いております。

淵の部分に僅かな亀裂があります。







e0350308_8302729.jpg
e0350308_8302745.jpg
e0350308_8302736.jpg
e0350308_8302753.jpg
e0350308_8302735.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-19 08:41 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 18日

サインボール。おまけにふくすけ。





商品ではありませんが「サインボール」。

写真をご覧いただけたら分かると思いますが、これはプロ野球の公式グッズなどではなく直筆でソフトボールに書かれたものです。



まずどの選手のサインかというと元西武ライオンズの森山良二投手のもの。現在は確か楽天のコーチをされていると思います。←間違えていたらすみません・・・。

そしてなぜソフトボールかというと、僕は小学生時に「到津スポーツ少年団」というソフトボールクラブに所属しておりました。

森山投手はその「団」の第1期卒団生なのです。



このサインをいただいたのは僕が小6だった1989年の正月のこと。

森山投手は前年の88年に、黄金期の西武ライオンズで先発投手として10勝をあげ、その年の「新人王」を獲得し日本一に貢献。

それはもう僕らの英雄でした。


その年のオフ、そんな英雄が「新人王」の肩書きを引っ提げ凱旋帰郷、そしてグラウンドに顔を出してくださり、僕らはもちろん保護者らもドキドキ、ソワソワ、ザワザワ。

当然僕ら子供達は森山投手に群がりサイン攻めでしたが、嫌な顔ひとつ見せずサインに応じてくださったことに感激。

そして僕はちゃっかり硬球も用意して行き、それにもちゃっかりサインをいただきました。

僕は新品の硬球には薄く「ロウ」がコーティングされていることは露知らず、森山投手はその手で時間を掛けて「ロウ」を擦り落とし、サインを書いてくださいました。

お手間を取らせてしまい本当に申し訳ない気持ちになったことが思い出されます。すみませんでした。




そして懺悔したい事がもうひとつ・・・。

僕は森山投手を目の前にして、ワクワク、ドキドキ興奮気味だったことは事実です。本当に嬉しかったです。

しかし腹の中では「辻発彦選手」のサインをもらってきてくれないかな・・・。

と僅かながらでもそう思っていたことを今お詫びしたいと思います。僕は辻選手のファンだったのです・・・。

生意気な子供ですみませんでした・・・。




e0350308_832264.jpg
e0350308_83225.jpg












[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-18 09:18 | ふくすけ | Comments(0)
2016年 09月 15日

改・プリンと珈琲のこと






まずは「プリン」のことですが、改良しました。

改良したといっても少しだけ。

卵の量を増やし、その分牛乳が減った感じ。そして以前のものより「だいぶ固め」に蒸すことにしました。



かつての「ミルクホール」や「純喫茶」で提供されていたであろう「プリン」に少しは近づいたかと勝手に思っております。

一先ずこの「改定版プリン」を続けてみようと思いますのでよろしくお願いいたします。





そして珈琲のこと。

昨日の午前中に焙煎しました珈琲豆(ブラジル・トミオフクダ)のことです。

まず「僕という素人の低い基準ですが・・・」と前置きさせていただいたうえでお付き合いください・・・。


昨日焙煎した豆。

自画自賛することは大変苦手なのですが「香り・コク・舌触り」等、個人的にはとてもバランスよく仕上がったと思います。

この機会にお暇であればご来店、そしてお試しいただけたら幸いです。


豆を焙煎していて、それを毎日飲んでみて思うのですが、焙煎された豆は1日1日その味は変化していきます。

そして珈琲1杯をいただく際の環境や気候。何より飲む人、淹れる人の体調や精神状態等いろいろな条件が組み合わさって1杯が出来上がっているように感じます。

なので昨日の焙煎直後に淹れて飲んだ時と今日とではまたお味の印象は違うものになっていることだと思います。

そしてこのお味の感想は飽くまで僕基準のものです。

そこはご了承くださいませ。


僕のような素人がそれらしいことをゴチャゴチャと記してしまいましたが、結局は「僕の抽出技術が不安定なだけ」ということもあり得ますが・・・。そうでないはず。と思いたい・・・。





e0350308_823254.jpg












[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-15 09:05 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 09月 14日

顔なし大黒天






虫に喰われすぎている大黒様。新入荷です。

高さ8.5cm。



よりにもよってそのお顔が完全に喰われてしまってます。

随分放って置かれたのでしょうが、僕はこれを放っておけず購入しました。

よく拭いて埃は落としたので、その「哀れ」な風貌が少しは「哀愁」に変わったのでは?と思っております。



この朽ちた風貌は「あいろく」店内にあってはとても良い「オブジェ?」になっております。

「大黒天」は財宝や福徳の神。腐っても大黒様です。



そのうち良い方のもとに嫁入りできたらいいですね。





e0350308_8231610.jpg
e0350308_8231638.jpg
e0350308_8231627.jpg
e0350308_8231644.jpg
e0350308_8231689.jpg
e0350308_8231628.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-14 08:41 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 13日

兵隊人形






新入荷の兵隊人形。大正期のもの。

高さ3~3.5cmと小ぶりの土人形です。



とても小さいのですが、店内にあってなかなかの存在感だと思います。

昨日の話ではないですが、またも日常に「用」のないものですが、好きな人は好きだと思います。

僕はとても気に入っております。





e0350308_8252894.jpg
e0350308_8252897.jpg
e0350308_8252824.jpg
e0350308_8252843.jpg
e0350308_8252813.jpg
e0350308_8252851.jpg
e0350308_8252877.jpg
e0350308_8273888.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-13 08:36 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 12日

野球もの


e0350308_7263325.jpg




まずは今一度「衣笠湯呑」。

僕はカープファンではありませんが、世間はカープの25年ぶりの優勝に沸いております。

前回の優勝時、中3だった僕がすでに40歳になっております。


その当時の日本シリーズは昼間に試合が行われていました。その時はカープ対ライオンズ。試合が行われているその時間、中3の僕は近所の小倉工業高校に学校見学に行っていたことを思い出します。

先月の小学校の同窓会。「「Y君」の家のカレーは甘口だったな」だとか、「先生が乗っていた当時の車のナンバーは6638だったな」だとか。

なぜか僕の頭の中にはそういうどーでもいい、日常に「用」のない記憶が多く残されております。

もっと「用」ある重要な知識が同じように頭に詰め込むことが出来ればどんなに良いことか・・・。



そしてふと「あいろく」店内を見渡すと、その記憶と同様に「用」のないものばかり・・・。

残念ながらそういう性分なのです・・・。



ここ1年くらいで強く思うようになりました。このお店を通して、もっと人の役に立つことをしなければ・・・。






話がだいぶ逸れましたが「カープ優勝」というわけで、現在「あいろく」の店内に残っている古道具のなかで「野球もの」をかき集めてみました。

これまでに売れてしまった「野球もの」は数多いとはいえ、こうやって集めてみるとその数は意外に「少ないな」という印象です。





e0350308_8184730.jpg
e0350308_8184720.jpg
e0350308_8184798.jpg
e0350308_8184767.jpg
e0350308_8184786.jpg
e0350308_818471.jpg
e0350308_8184758.jpg
e0350308_8184713.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-12 08:57 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 09月 10日

本日お休み+進次はんこ






***本日9月10日(土)は仕入れのため店舗営業はお休みいたします***





e0350308_8371335.jpg
e0350308_8371393.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-10 08:00 | けしごむはんこ | Comments(0)
2016年 09月 09日

トミオ フクダ





珈琲のことですが、「東ティモール・マウベシ」終了しました。

昨日より「ブラジル・トミオフクダ」に変わっております。香ばしくスッキリとした甘味があります。


これを手網で焙煎すると薄皮が飛び散りまくります・・・。しかしそれも望むところ。11年前にホームセンターで購入した小型掃除機「吸王(すおう)」で吸いまくってやります。


これからもより安定するよう、薄皮に負けず「手網焙煎」頑張りますのでよろしくお願い致します。




↓↓生豆と焙煎豆とおさるの指人形↓↓


e0350308_8371274.jpg
e0350308_8371379.jpg
e0350308_837129.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-09 08:56 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 09月 08日

まこちゃんアイスキャンデー





まこちゃんアイスキャンデー。

40歳代以上の方には懐かしく思えるものでしょうか。

家庭で簡単に作れるアイスキャンデー製造機です。

持ち手までの長さ16cm×口径2.6cm×容量70cc。

これは5年前に3本入荷したもので、今年に入りようやく1本嫁入りし、残りの2本です。



胴体には「ハイムヒ」の文字と「石野真子さん」のイラストとサインが。企業の粗品でしょうね。

本日当ブログで紹介するにあたって、試しにアイスキャンデー(ミルク味)を作ってみましたところ、ふと思いました。

これを「まこちゃんアイスキャンデー」という名で喫茶メニューに入れてみたらどうであろうか?と。



そういうわけで本日限定2本で、「まこちゃんアイスキャンデー(ミルク味)」を裏メニューとして提供いたします。

「家庭で簡単に」という道具なので材料にはいっさいこだわっておらず、安っぽいお味に仕上がっておりますが、この「安っぽいが懐かしい味」が「まこちゃんアイスキャンデー」の短所でもあり最大の長所でもある。と自信を持って正当化しようと思います。

メニュー表には載せませんが興味があるかたはご注文くださいませ。

限定2本。1本50円です。よろしくお願い致します。






e0350308_839639.jpg
e0350308_839655.jpg
e0350308_839670.jpg
e0350308_839626.jpg
e0350308_839621.jpg
e0350308_839698.jpg
e0350308_839680.jpg



[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-08 09:04 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 09月 07日

ぽんたのブランコ






古いブランコ。

座面13cm×45cm。鎖の長さ160cm。



これを入荷してから5年が経ちます。

入荷当初はこれを喫茶席に使ったら面白いかな?と目論んでおりました。

しかし、座面の水色のペンキがボロボロ剥がれており、お客様の衣服が汚れてしまう事。安全性の事。何より座りにくい事。等の懸念材料が多かったため喫茶席に使うことは断念。


「オブジェ?」として、そして「くまのぽんた」の寝床として用を成し、5年間活躍してくれております。




e0350308_8303115.jpg
e0350308_830316.jpg
e0350308_8303158.jpg
e0350308_8303189.jpg
e0350308_8303119.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-07 08:46 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 05日

高麗の油壺






朝鮮・高麗の油壺。

高12cm×容量約400cc。



この「油壺」。見る人によっては「新羅」と言われる方もいれば「高麗」と言われる方もいます。

これも京都・北野天満宮の天神市にて「キムさん」から購入したものですが、「キムさん」は「新羅」のものだと言われておりました。

しかし控えめに「高麗」と記しておきます。したがってこの「油壺」は高麗王朝初期頃、10世紀くらいのものでしょうか。



口部分の「繕い」は現代人が施したものではなく、10世紀当時の「繕い」だと思います。

形、色味、肌など、簡素で朴訥とした佇まいです。

「花器」として活躍してくれることは間違いありません。




e0350308_8331421.jpg
e0350308_8331462.jpg
e0350308_8331464.jpg
e0350308_8331596.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-05 08:52 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 04日

珈琲と葛水ようかん





珈琲に和菓子というのも乙なものです。



「くず水ようかん」を作ってみたところ、なかなか良かったです。

葛粉、こし餡、水を合わせて火にかけ混ぜてあとは冷やし固めるだけ。とても簡単です。

葛粉で固めているためか、寒天で固めたものよりも少し「モチッ」としているような気がします。



「あいろく」ではすでに「ねりたてくずもち」は定番メニューにあるので、「葛粉」の在庫はあります。

なぜ今までこれに気がつかなかったのでしょう。来年は喫茶メニューに加わっているかもしれませんので、その時はよろしくお願い致します。



あと珈琲のことですが、昨日焙煎したもので「東ティモール・マウベシ」は無くなり次第一先ず終了です。

次の焙煎分からは「ブラジル・トミオフクダ」に変わりますのでこちらもよろしくお願い致します。





e0350308_9162698.jpg
e0350308_9162688.jpg




[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-04 09:32 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 09月 02日

本日休みます




***本日9月2日(金)は勝手ながらお休みさせていただきます。すみません・・・。***





e0350308_8573329.jpg

[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-02 08:00 | Comments(0)
2016年 09月 01日

ふくすけ玉ときなこ玉





9月です。

これから1ヶ月くらいは残暑厳しいのでしょうが、ひとまず夏が終わりました。



夏が終わったと言うことは今年の「ふくすけ玉」の生産も終了ですかね。

**「ふくすけ玉」とは我が家の愛猫「ふくすけ」の春から夏にかけての抜け毛を丸めた玉のことです。**



当ブログではすでにお馴染みの「ふくすけ玉」ですが、今年の「玉」は過去最大の直径6cmものになりました。(過去2年間の「玉」は最大で4cmです)



そして今年は新たな仲間と言いますか、「きなこ玉」も加わりました。

「きなこ玉」は文字通り「きなこ」の抜け毛を丸めた玉のこと。

更に「きなこ」とは僕の実家で飼われる愛猫の名です。

先日実家に立ち寄ったところ、母が「きなこ」の毛を丸めておりました。血は争えませんね・・・。

それを1個いただいて帰りました。



「きなこ」は「ふくすけ」と違い血統が良いので「玉」にもどこか品が漂っているように思えますが、「ふくすけ」には血統に負けない愛嬌があります。





e0350308_8303810.jpg
e0350308_8303813.jpg







↓↓こちらが「きなこ玉」↓↓



e0350308_8303851.jpg


e0350308_8303857.jpg






↓↓ふくすけ


e0350308_830397.jpg




↓↓こちらが「きなこ」↓↓


e0350308_8303984.jpg


[PR]

# by airoku-fukusuke | 2016-09-01 08:56 | ふくすけ | Comments(0)