あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:喫茶道具 ( 74 ) タグの人気記事


2017年 08月 04日

手縫いネルと豆洗い。





ネルの手縫いを始めて4年半・・・。ようやく自分なりの寸法と縫い方が定まってきたような気がしてます。

ネル生地は小倉の生地屋さん「ナカノテツ」でコーヒー用ネル生地を購入してますが、この5月のゴールデンウィーク中に新たに購入したところ、昨年のものとは少し違っておりました。

分厚さは変わりなかったのですが(願わくばもう少し厚手の生地を希望しておりますが)、昨年の真っ白い生地から生成りの生地に変わっておりました。

無漂白のものに変わったのでしょうね。良いことです。

あと、数ヶ月前からネルのリングを真鍮製から銅製に人知れず変更しております・・・。

不器用ながら、せっせと製作しました。



e0350308_20553169.jpg
e0350308_20555552.jpg
e0350308_20561280.jpg
e0350308_20565535.jpg
e0350308_20563363.jpg



そしてもうひとつ「豆洗い」。

「あいろく」では相も変わらず珈琲は手網焙煎しております。

生豆を洗ってから(お米を研ぐように)焙煎を行う方が多数派ではないながら居られるとは以前から知っていたものの、僕自身は試したことはありませんでした・・・。

話によると、洗うと雑味が無くなり、スッキリした味に仕上がるとのこと。

なぜか今頃試してみたくなり、今朝少し余っていた「丸豆クイーン」で試みてみました。

まだ何といっても初めての試みなので、気のせいであり、先入観であるかもしれませんが、以前より良く焼けていたように感じました。

また明日の朝、今度はいつものブラジルの「トミオちゃん」で「豆洗い」を試そうと思います。

これで少しでも喜んでいただける豆を供していけたら・・・。と願っております。





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-08-04 21:26 | 喫茶 | Comments(1)
2017年 06月 27日

歪な将棋盤





1年半程前に入荷した「歪な将棋盤」ですが、当ブログにて、もう3度目の紹介になります。

最近、天才中学生棋士が話題になっているので、その流行に乗り紹介します。すみません・・・。



おそらく余った丸太で拵えた「将棋盤」だと思います。

したがって、その形は歪ですがとても愛嬌を感じるものです。



僕は頭がよろしくない上に回転も鈍く、競争心も無いため将棋はうまく指せません。

せいぜい「はさみ将棋」か「山崩し」、双六形式の「まわし将棋」くらい。



この「将棋盤」は値段を貼って店内に陳列しておりますが、これも喫茶ご利用のお客様で、暇つぶしに将棋を指したいという方が居られましたら、お貸しいたしますのでご遠慮なくお声をおかけくださいませ。

釘を刺しておきますが、僕はお相手できませんのでそこはご了承ください。





e0350308_20565896.jpg
e0350308_20563780.jpg
e0350308_20561950.jpg
e0350308_7541444.jpg
e0350308_7541491.jpg
e0350308_7541496.jpg
e0350308_7541426.jpg
e0350308_7541422.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-06-27 21:17 | 喫茶道具 | Comments(0)
2017年 05月 10日

ミルクピッチャー





白磁のミルクピッチャー。

高3cm。

「あいろく」の喫茶でも使用しております。

全76個。





e0350308_19350462.jpg
e0350308_19340373.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-10 19:40 | 古道具 | Comments(0)
2017年 05月 01日

大正李朝徳利





「大正李朝徳利」。

大正期~昭和初期に朝鮮半島で作られた李朝風のやきものです。

高14cm・容量250cc(満水時)。

北野天満宮での仕入れものです。

喫茶にて「ほうじ茶」の2煎目を供するのにこの「大正李朝徳利」を使っていこうと思っております。



e0350308_21273774.jpg
e0350308_21275424.jpg
e0350308_21281263.jpg
e0350308_21283553.jpg
e0350308_21285783.jpg







[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-01 21:37 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 28日

李朝糸巻き





ここのところ、短期間に集中してキン肉マンはんこを彫っていたため、首が痛いです。




「李朝糸巻き」。

23cm×7.5cm×厚4.8mm。



北野天満宮での仕入れものです。

当ブログではお馴染み?のキムさんから購入。

毎度お馴染みの「ショウバイハドウデスカ?」とのキムさんからの問いかけに、僕もいつものように「とても苦しいです・・・」と返答。

この毎度毎度のやりとりで「あぁ京都に来たな・・・。」と、僕は実感します・・・。



糸巻きを購入するのは7年ぶりで、昨日の「真鍮匙」同様に久々の購入に嬉しい気持ちでおります。



開業前からも含め、これまでに購入した「李朝糸巻き」は全部で10枚ですが、売れていったのは4枚・・・。

そんなに売れるものではありませんが、それも承知の上。

心底好きな「もの」なので、売れ残ってもまったく痛くありません。(強がりではありません。)



今回のものは平たくて大きさも調度良いので、喫茶にてコースターに見立てて使って行こうと思っております。




e0350308_19595957.jpg
e0350308_20002310.jpg
e0350308_20004208.jpg
e0350308_20010156.jpg
e0350308_20011804.jpg




現在の手持ちは、全部で6枚。

右上のものも現在コースターに使用中。
e0350308_20013782.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-28 20:25 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 27日

スッカラ





先日愛猫「ふくすけ」が太った気がする・・・。と書きましたが、久々計測してみると、実のところ太っておりました・・・。

油断禁物です・・・。




真鍮の匙。

韓国でスッカラと呼ばれるものですね。

李朝末期くらいの匙でしょうか。

先日の北野天満宮での仕入れものです。久々の購入で嬉しい気持ちです。

計6本。17.5cm~22cm。



それぞれ少しづつ形が異なり、柄に装飾があるものも。

中でも小さい匙は喫茶でも使って行こうと思います。





e0350308_20254965.jpg
e0350308_20261010.jpg
e0350308_20263294.jpg
e0350308_20264907.jpg








[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-27 20:39 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 20日

ちいさな土鍋





ダイエット成功のご褒美にと、少しだけとは言え毎日間食をさせているためか、愛猫「ふくすけ」がまた少し太った気がします・・・。




新入荷の「ちいさな土鍋」。

容量180cc程の「ちいさな土鍋」です。


小ぶりなのはもちろん、取っ手と注ぎ口が愛らしい土鍋です。

「あいろく」喫茶にて、「炒りたてのほうじ茶」の2煎目を供する際に使おうと目論んでおります。

もちろん売り物でもありますが。




e0350308_19451409.jpg
e0350308_19465842.jpg
e0350308_19454603.jpg
e0350308_19460881.jpg
e0350308_19463481.jpg
e0350308_19472324.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-20 20:00 | 古道具 | Comments(0)
2017年 04月 06日

朽木の盆




「木の盆」。径38cm。

滋賀県の朽木(くつき)のものだそう。


品の良い朱色で、白い器はもちろんのこと、ガラスでも木像でも、幅広く受け入れてくれる「盆」です。重宝します。


8年前に購入した2枚のうちの1枚。

もう1枚はすでに嫁入りしてます。

自分で、そして時には喫茶をご利用のお客様用に使用してきましたが、最近は店内に並べております。

これも良き方へ渡れば幸いです。




e0350308_20062078.jpg
e0350308_20065927.jpg
e0350308_20072369.jpg
e0350308_20060141.jpg
e0350308_20053767.jpg
e0350308_20063926.jpg
e0350308_20051204.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-06 20:21 | 古道具 | Comments(0)
2017年 03月 13日

思案のしどころ




ここ最近、僕の中で珈琲熱が若干高まっている気がします。豆を焼きたくて仕方ない。

僕が手網焙煎を始めて早10年。11年だったか?まぁどちらでもよいのですが、その「熱」の原因には、今さらようやくの事、焙煎が安定してきたと感じているからかもしれません。

そんな中、先週のある日の焙煎中に愛用の「手網」が壊れました。(持ち手が折れました)

何処ででも購入できる安価な「手網」とは言え、愛着あるもの。

当ブログ15年8月24日の記事にも書きましたが、愛着の証としてその持ち手に「○六」の焼印を押し、ささやかではありますが独自性を演出した手網・・・。

3㎜の銅線で補修、応急処置を施してその後も使用中ですが、これを機に「小型焙煎機か手回しロースターに替えてみようか・・・。いや、今のところは手網で事足りている・・・。しかし替えることで何かしらの次の段階に進めるのかも・・・。でも要領が悪く、何をするにも時間が掛かってしまう僕にとって、これからまた時間を掛けてコツを掴まなければならないとおもうとゾッとする・・・。」

そんな自問自答のようなことを頭の中で繰り返していた1週間でした。



今まで通りに慣れ親しんだ「手網」か・・・。

次の段階を期待しつつ「焙煎機」か・・・。

思案のしどころじゃの~。




e0350308_19302142.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-13 19:57 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 02月 22日

24日(金)はモーニング営業お休み。+李朝の湯呑





***24日(金)は仕入れのためモーニング営業はお休みします***

尚、11時からは通常営業いたしますのでよろしくお願いいたします。




お気に入りの白磁湯呑(李朝後期)。

これでよく白湯や水を飲みます。

少し幸せな気分になります。



e0350308_2001079.jpg
e0350308_7321528.jpg
e0350308_7321552.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-02-22 20:13 | 古道具 | Comments(0)