あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:喫茶 ( 77 ) タグの人気記事


2017年 10月 18日

思案の結果。





2日前、3月の記事を再度紹介しました。




思案の結果・・・。卒業します。

最近、斉藤由貴さんが話題になってましたが、僕が卒業することは約11年間続けてきた珈琲豆の「手網焙煎」です。



お世話になりっぱなしの「珈琲Chiba」さんに先日、ユニオンの「手廻し焙煎機」を注文。

そして一昨日とうとう届きました。



昨日、早速僕は早朝のアルバイトを終え帰宅し、録画しておいた韓国時代劇「六龍が飛ぶ」を見ながら朝食をとり、自身の充電を完了させた後、いざ初の手廻し焙煎に挑戦。(豆はこの1年間慣れ親しんだトミオ・フクダにて)




全然ダメでした・・・。




やはり手網とは要領がまったく違う・・・。

手網焙煎の際に「あて」にしていた香りや色艶が確認しづらくて焦り・・・。

なかなか熱が入りづらくて焦り・・・。

福引のように廻す焙煎機なのでドラムの中でガラガラと豆が回る音でハゼる音が聞こえづらくて焦り・・・。



焙煎の段階を浅煎り~深煎りまで8段階に分けるとすると6段階の中深煎り、フルシティーローストくらいで煎り止めるつもりが、「あっ」という間に7を通り過ぎ8のイタリアンローストに・・・。

この豆は元々中煎りくらいに向く豆ですし、ここまで焼いてしまうと、そうとうエグ味が出ているであろうと想像がつきましたが、一応味見・・・。

確かに苦味はあり、若干焦げ臭もありましたが、意外にもその苦味はまろやか。飲めるものでした。



そして本日も先日と同じ、バイト→韓国時代劇+朝食=充電の流れの中で、いざ2回目の挑戦。

前日の失敗を踏まえていたので初回よりはマシ。

敢えて7段階のフレンチローストくらいまで焼きましたが、今回も苦味はまろやか。

これは「手網」と「手廻し」の違いなのでしょうか?

なんだかこの「手廻し」とはうまく付き合って行けそうな予感がしております。



これからも練習、練習。

頑張っていこうと思います。


いや、頑張らずに楽しんでいこうと思います。

頑張ると疲れますので。

自然体でおおらかに、おだやかに。


そういう訳で、実際のところは「卒業」ではなく「卒業試験」といったところでしょうかね。






e0350308_20541871.jpg
e0350308_20591402.jpg
e0350308_21040378.jpg
e0350308_20284329.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-10-18 21:09 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 10月 16日

思案のしどころ




本日は今年の3月に紹介しました記事「思案のしどころ」を今一度。






ここ最近、僕の中で珈琲熱が若干高まっている気がします。

僕が手網焙煎を始めて早10年。11年だったか?まぁどちらでもよいのですが、その「熱」の原因には、今さらようやくの事、焙煎が安定してきたと感じているからかもしれません。

そんな中、先週のある日の焙煎中に愛用の「手網」が壊れました。(持ち手が折れました)

何処ででも購入できる安価な「手網」とは言え、愛着あるもの。

当ブログ15年8月24日の記事にも書きましたが、愛着の証としてその持ち手に「○六」の焼印を押し、ささやかではありますが独自性を演出した手網・・・。

3㎜の銅線で補修、応急処置を施してその後も使用中ですが、これを機に「手廻しロースターに替えてみようか・・・。いや、今のところは手網で事足りている・・・。しかし替えることで何かしらの次の段階に進めるのかも・・・。でも要領が悪く、何をするにも時間が掛かってしまう僕にとって、これからまた時間を掛けてコツを掴まなければならないとおもうとゾッとする・・・。」

そんな自問自答のようなことを頭の中で繰り返していた1週間でした。



今まで通りに慣れ親しんだ「手網」か・・・。

次の段階を期待しつつ「手廻し」か・・・。

思案のしどころじゃの~。




e0350308_19302142.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-10-16 21:26 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 09月 05日

モーニング終了






事後報告になり申し訳ありませんが、都合によりモーニング営業を終了いたしました。

「モーニングができる古道具屋」は一旦おしまいです。



また再開できる状況になった際は、どうぞよろしくお願いいたします。





e0350308_19412219.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-09-05 20:45 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 09月 03日

4日・5日はモーニングお休み。





***4日(月)・5日(火)は都合によりモーニング営業はお休みいたします***







↓「ふくすけ」もモーニング↓
e0350308_202813.jpg
e0350308_202818.jpg
e0350308_2028100.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-09-03 21:14 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 08月 19日

木曜のトミオちゃん





特に2回戦以降、連日熱戦が続いております夏の甲子園大会。

一方、「あいろく」でも連日台所の気温計が30度以上(今夏最高は34.1度)を計測する灼熱の店内にて、僕と珈琲豆との熱戦が続いております。



相変わらずの手網焙煎、豆は「ブラジル・トミオフクダ」(以下トミオちゃんとする)ですが、今週の木曜日の朝に焙煎したそれ。

焙煎直後に味見をしたところ、もう少しまろやかさが足りないかな・・・。と感じておりましたが、2日が経った今日、再度味見をしてみると、なんだか僕の、飽くまで僕の好みではありますが、理想に近いようなそんな状態に味が変化しており、自分で焼いて淹れておきながら、この「木曜日のトミオちゃん」に密かに満足気分に浸っておりました。

だがしかし、こんな日に限って珈琲の注文は入らず残念な限り・・・。

1日、1日味は変化していくので、明日の「木曜日のトミオちゃん」は如何に・・・。



ちなみに明日の朝、焙煎を行いますので「日曜日のトミオちゃん」の出来も如何に・・・。




e0350308_8371379.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-08-19 21:15 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 08月 09日

豆を洗う古道具屋




先日の当ブログの記事で、珈琲生豆の「豆洗い」のことを書きました。

これは焙煎をする前に生豆を洗うと「雑味なく澄んだ味わいになる」とのことで、「丸豆クイーン」で試したことを紹介しました。

その後、いつもの「ブラジル・トミオちゃん」で2度試したところ、納得・・・。

そして気のせいか、熱の入り具合やハゼ具合も良い感じ・・・。とても焼きやすかったという印象でした。


しかし焦った点もひとつありました。

焼き進めて、焙煎も終盤に掛かった所でした。普段「トミオちゃん」を焙煎する際は、2回目のハゼが始まってから間もなく、豆の色艶を見て煎り止めておりましたが、「豆洗い焙煎」の際は色艶がまだいつもより浅いにも関わらず2ハゼのピークがやって来てしまいました。

手網を振り続けながら一瞬焦り、考え、僕は色艶よりも音を信じることに決め、ここで煎り止めました。結果、一応は成功したように思います。(まだまだ大いに修正点はありますが・・・)

なんか「豆洗い」を始めて、焙煎がより楽しくなってきたようです。

妖怪みたいな響きですが「豆洗い」を今後も続けて行こうと思っております。



今年の1月に「モーニングができる古道具屋」を掲げましたが(お客様が来ずとも、めげずに現在も続行中・・・)、もうひとつ「豆を洗う古道具屋」も掲げました「あいろく」をこれからもよろしくお願いいたします。




e0350308_20271521.jpg














[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-08-09 20:56 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 08月 04日

手縫いネルと豆洗い。





ネルの手縫いを始めて4年半・・・。ようやく自分なりの寸法と縫い方が定まってきたような気がしてます。

ネル生地は小倉の生地屋さん「ナカノテツ」でコーヒー用ネル生地を購入してますが、この5月のゴールデンウィーク中に新たに購入したところ、昨年のものとは少し違っておりました。

分厚さは変わりなかったのですが(願わくばもう少し厚手の生地を希望しておりますが)、昨年の真っ白い生地から生成りの生地に変わっておりました。

無漂白のものに変わったのでしょうね。良いことです。

あと、数ヶ月前からネルのリングを真鍮製から銅製に人知れず変更しております・・・。

不器用ながら、せっせと製作しました。



e0350308_20553169.jpg
e0350308_20555552.jpg
e0350308_20561280.jpg
e0350308_20565535.jpg
e0350308_20563363.jpg



そしてもうひとつ「豆洗い」。

「あいろく」では相も変わらず珈琲は手網焙煎しております。

生豆を洗ってから(お米を研ぐように)焙煎を行う方が多数派ではないながら居られるとは以前から知っていたものの、僕自身は試したことはありませんでした・・・。

話によると、洗うと雑味が無くなり、スッキリした味に仕上がるとのこと。

なぜか今頃試してみたくなり、今朝少し余っていた「丸豆クイーン」で試みてみました。

まだ何といっても初めての試みなので、気のせいであり、先入観であるかもしれませんが、以前より良く焼けていたように感じました。

また明日の朝、今度はいつものブラジルの「トミオちゃん」で「豆洗い」を試そうと思います。

これで少しでも喜んでいただける豆を供していけたら・・・。と願っております。





[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-08-04 21:26 | 喫茶 | Comments(1)
2017年 08月 03日

黒糖みるくアイス。





これまで喫茶にて供してきました「アイスクリン」。

どうやらお客様にとっては「アイスクリン」という表記は分かりづらいようなので、今日から「黒糖みるくアイス」に変更しました。

「もの」自体は何ら変わりはありません。

あとひとつ変わったこと・・・。

これまで300円だったのを400円に値上げさせていただきます・・・。(少し増量したうえでの)

申し訳ありません・・・。お許しください・・・。



e0350308_758370.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-08-03 21:22 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 07月 20日

くずもち丼(仮)





お試し新メニューです。「くずもち丼(仮)」。

要するに「くずもち」であることには変わりないので、新しいとは言えないかもしれませんが、一応新メニュー。



これは今日ご来店くださった、常連の同業の先輩でもある「Kさん」と「Aさん」。

いつも「くずもち」を注文してくださるのですが、お二人との今日のやり取りを少しご紹介。



Kさん : 「くずもちはもっと大きいのできんの?」

僕  : 「型が無いんですよ。型がないと綺麗にまとまらないんで・・・。」

Kさん : 「別に見た目はどうでもいいけ、茶碗に盛ってそのまま食べたらいけんの?もっと量を食べたいんよ。」

僕 : 「ああ、それ面白いかもしれませんね。朝鮮の碗に盛って、朝鮮のスッカラ(真鍮匙)で提供したりして・・・。」

僕 : 「このあと早速試してみます」



こんなやり取りがあったのです。



そんな訳で、一先ず通常の倍量で試作してみました。(出来上がりの量は約200cc以上。)

朝鮮・李朝前期の堅手碗に盛り、スッカラで豪快に掬って食べてみると、それは食べ応えがあるものでした。

そもそも、ある意味こんなに品の無い「くずもち」の提供の仕方は他にないのでは?

なんだか面白かったので、さっそくメニューに加えました。どうぞよろしくお願いいたします。

価格は少しお高いですが、1杯950円とします。(1杯という数え方も、なんと品の無いこと・・・)



もっと多い量を希望される方には、ある程度は臨機応変に対応してみたいと思っております。お手柔らかに・・・。



話は変わりますが、先日当ブログで紹介しましたメニュー表には載せていない裏メニュー「バナナアイスクリン珈琲」。

翌日に早速「ブログを見ました」。と、ご注文をいただきました。

なんと嬉しいことでしょう。

数少ない当ブログの効力が発揮された瞬間でした。

ありがとうございました。




↓碗 : 朝鮮・李朝前期の堅手碗。

 匙 : 朝鮮・李朝末期くらいの真鍮匙。

 盆 : 版木(李朝?もしくは東南アジア系?)





e0350308_20322494.jpg
e0350308_20325961.jpg
e0350308_20331817.jpg







[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-07-20 21:16 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 07月 15日

17日は出張喫茶





***7月17日(月)は「美容室RICE」にて出張喫茶のため通常の店舗営業はお休みいたします***


「RICE」 : 北九州市小倉北区上到津4-5-2。




e0350308_823254.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-07-15 21:25 | 喫茶 | Comments(0)