あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:喫茶 ( 70 ) タグの人気記事


2017年 07月 20日

くずもち丼(仮)





お試し新メニューです。「くずもち丼(仮)」。

要するに「くずもち」であることには変わりないので、新しいとは言えないかもしれませんが、一応新メニュー。



これは今日ご来店くださった、常連の同業の先輩でもある「Kさん」と「Aさん」。

いつも「くずもち」を注文してくださるのですが、お二人との今日のやり取りを少しご紹介。



Kさん : 「くずもちはもっと大きいのできんの?」

僕  : 「型が無いんですよ。型がないと綺麗にまとまらないんで・・・。」

Kさん : 「別に見た目はどうでもいいけ、茶碗に盛ってそのまま食べたらいけんの?もっと量を食べたいんよ。」

僕 : 「ああ、それ面白いかもしれませんね。朝鮮の碗に盛って、朝鮮のスッカラ(真鍮匙)で提供したりして・・・。」

僕 : 「このあと早速試してみます」



こんなやり取りがあったのです。



そんな訳で、一先ず通常の倍量で試作してみました。(出来上がりの量は約200cc以上。)

朝鮮・李朝前期の堅手碗に盛り、スッカラで豪快に掬って食べてみると、それは食べ応えがあるものでした。

そもそも、ある意味こんなに品の無い「くずもち」の提供の仕方は他にないのでは?

なんだか面白かったので、さっそくメニューに加えました。どうぞよろしくお願いいたします。

価格は少しお高いですが、1杯950円とします。(1杯という数え方も、なんと品の無いこと・・・)



もっと多い量を希望される方には、ある程度は臨機応変に対応してみたいと思っております。お手柔らかに・・・。



話は変わりますが、先日当ブログで紹介しましたメニュー表には載せていない裏メニュー「バナナアイスクリン珈琲」。

翌日に早速「ブログを見ました」。と、ご注文をいただきました。

なんと嬉しいことでしょう。

数少ない当ブログの効力が発揮された瞬間でした。

ありがとうございました。




↓碗 : 朝鮮・李朝前期の堅手碗。

 匙 : 朝鮮・李朝末期くらいの真鍮匙。

 盆 : 版木(李朝?もしくは東南アジア系?)





e0350308_20322494.jpg
e0350308_20325961.jpg
e0350308_20331817.jpg







[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-07-20 21:16 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 07月 15日

17日は出張喫茶





***7月17日(月)は「美容室RICE」にて出張喫茶のため通常の店舗営業はお休みいたします***


「RICE」 : 北九州市小倉北区上到津4-5-2。




e0350308_823254.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-07-15 21:25 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 07月 06日

トミオちゃん





今日は珈琲のことですが、この5月から扱っておりました「マンデリン・クイーン」、思いのほか消化が早く、昨日で終了いたしました。

本日より再び「ブラジル・トミオフクダ」に切り替わっております。

1ヵ月半ぶりの「トミオフクダ」、計算通りの焙煎とはいきませんでしたが、やはり僕はこの豆が好きなようです。

「マンデリン」ほどの個性はないものの、しっかり「甘味」があり、香ばしい。バランスが良くて大好きです。



先日、当ブログで、最近嫁さんが梅沢富美男さんのことを「とみおちゃん」と呼ぶようになったとご報告しましたが、僕にとっての「とみおちゃん」はやはりこの豆のことです。




e0350308_21354018.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-07-06 21:46 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 07月 01日

夏仕様





今日から7月。

そして真夏日も続くようです。



そこで今日から店内が夏仕様になっております。

とは言いましても、これまでとほとんど変わりは無く、変わったのは3箇所のみ。



先日紹介しました「扇風機」の設置に加え、毎夏登場の「坂野友紀」さん作の「風鈴」を設置。

そして出入り口扉を半開にし、蚊帳を吊り下げる。

それのみですがこれが「あいろく」精一杯の夏仕様です。どうかご了承ください・・・。



今年もこの「風鈴」の抜群に涼しげな音色で、少しでもお客さまが体感温度下がったような錯覚をおこしていただけたら幸いです。





↓ブランコの上の「くまのぽんた」越しの蚊帳↓



e0350308_21260238.jpg




↓落ち武者のような「少女キーホルダー」の隣に「風鈴」↓


e0350308_21253553.jpg
e0350308_98975.jpg
e0350308_98920.jpg
e0350308_9898.jpg
e0350308_13464974.jpg
e0350308_13464971.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-07-01 21:42 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 06月 28日

丸豆クイーン





現在喫茶で使用している珈琲豆は「インドネシア・マンデリン・クイーン」です。

焙煎前に欠点豆を取り除くため、ハンドピックを行いますが、欠点豆のほかにも1割程ピーベリーという「丸豆」が混ざっております。

これは、いわゆる普通の「平豆」に比べて熱が入りやすいため、混ざった状態で焙煎すると煎りムラが出来てしまいます。

しかし1割も混ざっているので、捨てるのは忍びない。

だもんで「丸豆」を溜め込み、2日前にそれのみで焙煎してみたところ、なんだかまろやかに焼き上がりました。

「丸豆クイーン」は「平豆クイーン」よりもまろやかでした。

まだ何回分かは残っているので、また焼いてみようと思います。

次もまろやかクイーンに仕上がるか否かは分かりませんが。





e0350308_21003449.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-06-28 21:17 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 06月 24日

常連「K」さん





月に1~2回は「あいろく」に足を運んでくださるお客様、元ダンサーの「K」さん。(いつも僕の大好物であるバナナの差し入れとともに)

「K」さんとのお決まり?のやりとりがあります。



Kさん : 「はぁ~、何かいいことあった~?」

僕  : 「毎度のことですが、何もありません・・・」



特別良い出来事はないですが、「悪い出来事もない」というのが良い事なのかもしれません。




もうすぐ9ヶ月になる娘が、美味しそうに「土器片」にかじりついておりました。




e0350308_19214723.jpg
e0350308_19222392.jpg






[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-06-24 19:35 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 06月 05日

扇風機とのせめぎ合い






今年も「灼熱喫茶あいろく」の幕開けが近づいております。

要するに夏が近づいております。



エアコンがない店内に昨日、扇風機を4台設置いたしました。

もうじきやってくる灼熱状態への備えです。



毎年のことですが、設置する扇風機はすべて昭和30年代くらいのもの。

これらの扇風機にも現代のものと同じく風力設定があります。2~3段階の。

現代の「もの」は1~3へ数字が大きくなるにつれ風力が上がるものです。

しかしこの当時の「もの」は逆なのです。



そんな事とは露知らず、大概のお客さんはまず「1」の設定から入ります。それが当然のことだと思います。

ところがどっこい、いきなり全開の風力に大概のお客さんは戸惑い、驚かれているようです。

「どういうこと?」とばかりに、設定ボタンとの睨み合うお客さん。



そんな、扇風機とお客さんの「せめぎ合い」は「あいろく」の夏の風物詩となりつつあります。

今年もやってくる「灼熱喫茶あいろく」をよろしくお願いいたします。



e0350308_20003650.jpg
e0350308_20011205.jpg
e0350308_20014141.jpg
e0350308_20020232.jpg





↓「3」が弱風です。
e0350308_20023638.jpg











[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-06-05 21:13 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 05月 25日

クイーン再び





今日は珈琲のこと。

約2年ぶりに「マンデリン・クイーン」を入荷しました。

2年前はこの豆には手こずりまして、ちゃんと焙煎出来た記憶はほとんど残っておりません・・・。

それまで自分がやっていた手網焙煎が、いかにいい加減であったかを知ることが出来た豆でもあります。

それから「エチオピア・モカ」や「東ティモール」などをはさみ、昨年の秋ごろからは「ブラジル・トミオフクダ」1本で焙煎してきました。

やっと自分なりにコツを掴めてきた気がするので、今一度「クイーン様」に挑戦してみることにいました。



数日前に再挑戦してみたところ、うまく焙煎出来たように思っております。

今回は試しに中深にしました。独特なマンデリンの香りに加え「コクがあり苦甘」といった印象でした。

明日、深煎に仕上げてみて、深煎もしくは中深、どちらでこの夏までをのりきるかを決めたいと思います。






e0350308_20152872.jpg




↓焙煎直後の「クイーン様」。

ハンドピック前なのでややムラがあること、ご了承くださいませ。
e0350308_20155484.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-25 21:08 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 05月 14日

あいろく文庫に強力な仲間





今月、僕は「うん」がついております。

当ブログの5月3日の記事「変なおじさんとおおらかな人」で書きましたが、あの忌まわしい出来事・・・。



そして今朝のこと・・・。

モーニング営業を始めようと内側からシャッターを開けると、とても良い日差し。

そして足元には犬のものらしき「うん〇」・・・。

「またか・・・」。





本来なら溜息ものですが、ところがどっこい前回の一件で僕は免疫がついております。

どこぞの変なおじさんのそれに比べれば可愛いものです。

なにせ今回は踏んづけておりませんしね。

本日は「うん〇」処理からの幕開けでした・・・。




あいろく文庫(仮)に強力な仲間が加わりました。

「つげ義春全集」その他、全6冊です。

これは以前も紹介しましたが、水木しげるさんの著書「ゲゲゲのゲーテ」を寄贈してくださった銭湯店主の「N」さんから、ありがたいことに、またしても寄贈していただきました。



今月の2度の「うん〇」の処理・・・。(そのうち1つは壮絶なものでした・・・)

「うん」がついていたのは、このためだったのだ。そう思えてなりません。

そして良きお客様に恵まれていると実感・・・。



この「つげ義春全集」達はもちろん売り物ではありませんが、喫茶席に設置しておりますので、ご自由に閲覧いただきたいと思います。





e0350308_20112110.jpg
e0350308_20122206.jpg










[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-05-14 20:38 | 喫茶 | Comments(0)
2017年 04月 14日

珈琲ゼリーのこと





今朝の7時くらいのこと、お店の目の前で車2台の交通事故があり、車が横転しておりました・・・。




珈琲ゼリーのこと。

「あいろく」で珈琲ゼリーを始めてから4年が過ぎました。

当時は「アイスのせ」と「クリームのみ」の2種を用意しておりました。この3年は「クリームのみ」は止めてましたが、再び始めましたのでよろしくお願い致します。


「あいろく」で珈琲ゼリーを注文くださった方で「珈琲ゼリーに珈琲を合わせると珈琲×珈琲になるね。じゃあ焙茶で。」と、ゼリーのお供に珈琲を選ばない方が多いことに驚いている4年間・・・。

僕は喫茶店で珈琲ゼリーを注文する際には、無意識に必ず珈琲も合わせることが当たり前でした。

むしろ逆で、珈琲のお供に珈琲ゼリーを合わせると言ったほうが正しいのかもしれませんが。



先日紹介しました木村衣有子さんの著書「コーヒーゼリーの時間」の後半に「コーヒーゼリーコラム」というのがあり、その中に「コーヒーゼリーの隣にふさわしい飲み物はなんでしょう?」という題目があります。

その質問に答えている各店の店主さんの答えは、やはり圧倒的に珈琲(ホット)を合わせるという意見が多かったようです。

「抹茶もしくは緑茶」という方がお一人。

納得なのが、牛乳という方も数名。

そしてもっとも腑に落ちたのが「水がいちばん」という意見。

なるほど、確かに水に合わない食べ物はありませんよね。

願わくばお飲み物と合わせて欲しいと思うのですが、珈琲ゼリーには水がいちばんかもしれません・・・。



ついでではありますが、「あいろく」では明治期~昭和初期くらいの剣先コップや梅型コップなどでお水を供しております。たかが水ですが、これに少しだけでも特別感を味わっていただけたら幸いです・・・。

以上心の声でした・・・。失礼いたしました・・・。






e0350308_20220177.jpg


e0350308_20212598.jpg











[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-04-14 21:01 | 喫茶 | Comments(0)