タグ:甘いもの ( 25 ) タグの人気記事


2017年 03月 24日

コーヒーゼリーの時間




「コーヒーゼリーの時間」。

文筆家・木村衣有子さんの著書です。

僕のなかで木村衣有子さんの著書と言えば、「東京骨董スタイル」。

美術雑誌・別冊太陽の「生活を楽しむ」シリーズのひとつで、14年前に購入してから現在も尚、時々パラパラと眺めては「古道具屋」に「喫茶店」に憧れを持っていた(現在も尚)「あいろく」開業以前の気持ちを思い出したりしております。


そんな訳で「コーヒーゼリーの時間」。

2015年6月に発行されたものですが、僕が初めて目にしたのは昨年2016年1月。仕入れで京都を訪れた際に「恵文社」にて立ち読みをしたのがそれです。(あの大寒波により、「あいろく」の水道管が破損したまさにその日でした・・・。)

以来ずっと気になっていたのですが北九州の大手本屋でも見かけることがなく、この度取り寄せました。(いつものように八幡東区荒生田の「本のひびき」さんにて)

コーヒーゼリーに特化した同著、関東・関西の厳選店のコーヒーゼリーと各店のそれにまつわる思いや拘り等が深く書かれております。

各店の共通する思いのひとつには、コーヒーゼリーは飛ぶように売れるものではなく、地味な存在・・・。しかし、しぶとく根強いファンがいる。だから作り続けるのだそうです。

僕にとっては見応え、読み応えがあるものでした。

この「コーヒーゼリーの時間」詳しい内容は「あいろく」店内に設置しておりますので、喫茶をご利用の方はご自由に閲覧くださいませ。



そんな訳で、「ついで」のようですが本題です。

「あいろく」で供する「珈琲ゼリー」について・・・。

まず珈琲豆は手網焙煎の豆を使用します。現在はブラジル・トミオフクダの中深煎です。

それを手縫いネルで、通常の1.5倍ほどの濃さで抽出します。固めるのにはゼラチンを使用します。

フルフルとプリプリの間くらいか、ある程度噛み応えある固さかと思います。

器は主に大正~昭和初期くらいのトロトロ肌の「氷ガラス」を使用しております。

ゼリーの上に自家製「アイスクリン」を盛り、てっぺんに珈琲豆を一粒。

「アイス」と共に豆をかじると口の中で珈琲アイスクリンに・・・。


「アイスクリン」は基本となる材料のみで、味は「なつかしめ」で「あっさりめ」。

したがって、しっかり味の珈琲ゼリーとアイスが喧嘩することなく、馴染んでくれていると思います。

ですが、どのように感じるかは人それぞれ・・・。

お客様のお口に合えば幸いです。

「コーヒーゼリーの時間」を「あいろく」でもいかがかと・・・・。決して無理強いではないことをご理解いただけたら尚幸いです・・・。



e0350308_19525031.jpg


↓「あいろく」版の珈琲ゼリー。↓
e0350308_744637.jpg



↓珈琲ゼリーに使用する「氷ガラス」↓
e0350308_19525184.jpg
e0350308_19525131.jpg


↓眺めては開業前を思い出す「東京骨董スタイル」。↓

e0350308_19525119.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-24 20:47 | 喫茶 | Comments(1)
2017年 03月 16日

喫茶のこと、珈琲のこと。





喫茶のお知らせ。

今週末くらいから、今年も「アイスクリン」と「珈琲ゼリー」を始めようと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。



そして珈琲のこと。

珈琲豆は変わらず「ブラジル・トミオフクダ」を手網焙煎で中深煎り。

そして、かねてより考えていたのですが、同じ豆ですが濃さが違う「あっさり」と「こってり」の2種類で対応することにしました。

これまでのものは「あっさり」です。豆15gで150cc。

「こってり」は豆25gで150cc。

飽くまで味は僕の基準ですのでご了承ください。



僕は普段、毎日お店を開ける前に珈琲を飲む習慣があるのですが、1日1杯は飲みたいのともう一つ、焙煎してから1日、1日味が変化して行く豆の状態を確認するためでもあります。

「あいろく」は僕自身が足を運びたくなるお店にしたい・・・。という思いがあります。(最近忘れかけていましたが)

僕は外で珈琲を頂く時には、「こってり」したものを欲することが多いので、かねてより自店でもこれを出したい・・・。と考えてました。

そこで手網焙煎が安定してきたと感じるこの機に「こってり」をメニューに加えることにしました。



珈琲が2種類になったことで、特に月に1度あるかないかの混雑時には、これまで以上にお客様をお待たせすることも多くなると思いますので、それもご了承ください・・・。

ここでいう混雑ですが、「あいろく」にとっては、5名くらいのお客様が同時に店内に居合わせると、それは混雑とします。

先週のある日、3組7名様が同時に居合わせることがありました。これはもう非常事態です・・・。その時のお客様、大変お待たせいたしまして申し訳ありませんでした。


少し話が逸れましたがよろしくお願いいたします。



そして「あいろく文庫(仮)」に1冊本が増えました。

大坊勝次著の「大坊珈琲店」です。

この本もかねてより気になっていたのですが、僕の珈琲熱が若干高まったのを機に購入しました。

お店のあり方、取り組み方。考えさせられます・・・。

誠実に、誠実に・・・。

「あいろく」も「用事のない場所」になれるよう・・・。




e0350308_19275262.jpg
e0350308_19275228.jpg


e0350308_7321148.jpg
e0350308_744637.jpg











[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-03-16 20:19 | 喫茶 | Comments(1)
2017年 01月 21日

モーニング





店内配置変えも終わったことですし、以前より妄想中であったモーニングを試験的に始めようと思っております。明日22日(日)より。

午前8時~10時の間のみです。

珈琲にトーストとバナナを付けて500円。

珈琲は変わらず「ブラジル・トミオフクダ」ですが、最近は焙煎度合をちょくちょく変えてみたりしております。良き頃合いを模索中・・・。


トーストは「くるみあんトースト」。

もしくは、くるみなしの「あんこトースト」。

もしくは、くるみもあんこもなしの「マーガリンのみトースト」のいずれかをお選びくださいませ。


バナナは「あいろく」のご近所、春の町商店街の感じの良い八百屋さんのバナナにするか思案中ですが、一先ず少しお高めのネグロスバナナを用意しております。

ネグロスバナナは見た目は良くありませんが、香りがよく程よい酸味とコクがあります。

ちなみに僕は、最後の晩餐に何が食べたいか?と尋ねられれば迷いなくバナナ(完熟)と答えるでしょう。それくらいバナナが好物です。

バナナを食べている時は、別腹というものは本当に存在するのか。と実感します。



「このお店が」、「この場所で」、「この時間に」営業をしても到底お客様が入ってこられるとは思えませんが、とりあえずやってみますのでよろしくお願いいたします。

飽くまで試験的で、手探りですので少しずつ、何かしら変更することもありますので、その時はまたお知らせをいたします。



e0350308_19412219.jpg
e0350308_19412259.jpg










[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-01-21 20:05 | 喫茶 | Comments(1)
2016年 12月 17日

喫茶メニュー表






そういえば「あいろく」喫茶メニュー表をしばらく紹介してませんでした。

なので本日はメニュー表を。


そしてご来店されたお客様がメニュー表がどこにあるかわからず、探しておられる方が多い様子なので、その在りかも紹介いたします。




喫茶席は全部で3つありますが、そのすべてに下の写真のように竹筒に表を丸めて挿しております。



e0350308_8282857.jpg



それを広げますと↓


e0350308_82829100.jpg



裏返しますとメニュー表です。↓


e0350308_8282990.jpg



そして冬メニューと本日の珈琲(1種類しかありませんが・・・)↓


e0350308_8282995.jpg

e0350308_8282928.jpg



こんな感じです・・・。

その中から「焼餅ぜんざい」と「抹茶」。


e0350308_8283040.jpg



今回の道具。

抹茶碗 : 古唐津(江戸初期)。

ぜんざい碗 : 朝鮮(14世紀高麗末期)。

箸置き : 産地不明の紅皿(江戸末期~明治初期)。

盆 : 土の板。(昭和?)

箸 : 自作の不細工煤竹箸(一つ節)。



抹茶を合わせてみたのですが「焼餅ぜんざい」にはそれよりも「緑茶」か「ほうじ茶」の方が合うように思いました。(個人的な感想です)




昨今の大盛り激安が持て囃される中・・・。

このメニュー表をみてお分かりかと思いますが、そんな中にあっては決して安いとは言えません・・・。

その分、自分なりに、飽くまで自分なりにではありますがメニューの一つ一つに「手」を加えているつもりでおります・・・。

そして器や備品は出来る限り「古道具」で供しております。

それを付加価値とでも感じていただけたら幸いです・・・。



お一人、もしくはお二人で店内の「古道具」を物色したり本を読んだり・・・。

ゆっくりとした時間をお過ごしいただけたらこれこそ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。



本日は必死の喫茶アピールになりすみませんでした・・・。










[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-17 09:12 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 12月 03日

ぜんざいとあんこトースト





5日の月曜から「くるみあんこトースト」と黒糖くずほうじ茶焼餅ぜんざい、略して「焼餅ぜんざい」を始めます。



「あいろく」の喫茶。エアコンを設置していないため夏は灼熱、冬は極寒・・・。

そして建物は築80年以上の木造隙間だらけ。

冬は隙間風で暖簾代わりに提げている蚊帳がはためくほど・・・。

過去には2度もその隙間から猫が床下に侵入。そして子猫が産み落とされ母猫は育児放棄・・・。ということも。



そんな店内で夏は「アイスクリン」と「珈琲ゼリー」がおかげさまで定番商品として活躍してくれてましたが、冬に対応できる甘いものがありませんでした。

「ぜんざい」ができたらなぁ・・・。常に考えておりましたが「もの」にはならず去年も断念・・・。



原因は楽をしようとしていたから・・・。

僕は「市販のあんこで即席ぜんざいができれば」としか考えておりませんでした。

しかし市販品は甘さが強い。これをぜんざいにするとその甘さでカァーッっと喉が熱くなります。



やはり楽をしてはいけませんね。営業時間外の手間は手間と思わないようにしよう。と「粒あん」を自分でつくることにしました。

すると甘さは自分で調節できるので、それなりに仕上がりました。(玄人から見れば鼻で笑いたくなるくらいの出来でしょうが・・・。)

これを使い「ぜんざい」と「あんこトースト」を喫茶メニューに加えることとなりました。




「あんこトースト」には炒った胡桃を混ぜて「くるみあんトースト」に。

胡桃を加えることで食感と香ばしさが増し、貧乏人らしく敢えて貧乏臭いことを言えば「あんこ」のカサも増して良かったです。


「ぜんざい」はこの粒あんと共に「吉野本葛粉」「100%純黒糖粉」を手鍋にかける「即席ぜんざい」です。(ひとつまみ塩も加えます)

具は自家焙煎ほうじ茶葉を練りこんだ「ほうじ茶焼餅(あんこなし)」を放り込みます。

したがって黒糖くずほうじ茶焼餅ぜんざい。略して「焼餅ぜんざい」です。



そしてもう一つ忘れていた課題が浮かび上がります・・・。

これを供する際の「箸」または「匙」がありません。

木工作品で良いものを使おうと思えば5本ほど購入すれば1~2万円はすることでしょう。

そして僕は慢性的な金欠・・・。


そこで「ふと」思い出したのがご近所の生パスタのお店「けやきや」さんから以前いただいた煤竹。

これを割いて削って「お箸」を作ろう。

そう思い立ち昨日、切れ味が悪い彫刻刀でせっせと削りました。おかげで腕が筋肉痛・・・。


かなり不細工ですが3組仕上がりました。

「あいろく」にはこれくらいが調度良い。分相応ですね。




月曜から「くるみあんトースト」「焼餅ぜんざい」もよろしくお願いいたします。




e0350308_7422669.jpg
e0350308_7422683.jpg
e0350308_7422685.jpg
e0350308_7422757.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-12-03 08:58 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 11月 09日

ブリキゆたんぽとほうじ茶焼餅





新入荷の「ブリキゆたんぽ」。

12.5cm×9cm×厚3cm×重302g。

ポケットに入る携帯用でしょう。



銅や真鍮などの金属製の湯たんぽは今まで何度も見かけたことはあるし入荷もしてきました。

それはすべてお湯を注ぎ込む為の蓋が付いているものでしたが、今回の「ブリキゆたんぽ」には注ぎ口がありません。

継ぎ目が溶接されており完全に密封されています。(中に水が入っている状態)

なのでこれ自体を湯煎にかけて温めて使っていたのでしょうか?



初めて見かけたので嬉しくなり購入しました。

時代は大正~昭和初期くらい。



用途としては重石くらいにはなります。



e0350308_825453.jpg
e0350308_825481.jpg
e0350308_825494.jpg
e0350308_825413.jpg




そして喫茶のことですが、一昨日で「アイスクリン」と「珈琲ゼリー」今年は終了しました。

統計をとった訳ではありませんが、昨年同様にやはり「珈琲ゼリー」のリピート率は高いように感じました。

また3月にお会いしましょう。ありがとうございました。


それに代わってと言いますか、昨日から「ほうじ茶焼餅」を始めております。

皆さんご存知の「梅が枝餅」風のもの。

生地に自家焙煎ほうじ茶を砕いて練りこんでいます。ほんのり控えめな香ばしさを感じていただけたら幸いです。

一先ず単品で200円。日本茶つきで500円とします。

見た目は悪いですがよろしくお願いいたします。





e0350308_825536.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-11-09 08:51 | 古道具 | Comments(0)
2016年 09月 15日

改・プリンと珈琲のこと






まずは「プリン」のことですが、改良しました。

改良したといっても少しだけ。

卵の量を増やし、その分牛乳が減った感じ。そして以前のものより「だいぶ固め」に蒸すことにしました。



かつての「ミルクホール」や「純喫茶」で提供されていたであろう「プリン」に少しは近づいたかと勝手に思っております。

一先ずこの「改定版プリン」を続けてみようと思いますのでよろしくお願いいたします。





そして珈琲のこと。

昨日の午前中に焙煎しました珈琲豆(ブラジル・トミオフクダ)のことです。

まず「僕という素人の低い基準ですが・・・」と前置きさせていただいたうえでお付き合いください・・・。


昨日焙煎した豆。

自画自賛することは大変苦手なのですが「香り・コク・舌触り」等、個人的にはとてもバランスよく仕上がったと思います。

この機会にお暇であればご来店、そしてお試しいただけたら幸いです。


豆を焙煎していて、それを毎日飲んでみて思うのですが、焙煎された豆は1日1日その味は変化していきます。

そして珈琲1杯をいただく際の環境や気候。何より飲む人、淹れる人の体調や精神状態等いろいろな条件が組み合わさって1杯が出来上がっているように感じます。

なので昨日の焙煎直後に淹れて飲んだ時と今日とではまたお味の印象は違うものになっていることだと思います。

そしてこのお味の感想は飽くまで僕基準のものです。

そこはご了承くださいませ。


僕のような素人がそれらしいことをゴチャゴチャと記してしまいましたが、結局は「僕の抽出技術が不安定なだけ」ということもあり得ますが・・・。そうでないはず。と思いたい・・・。





e0350308_823254.jpg












[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-09-15 09:05 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 09月 08日

まこちゃんアイスキャンデー





まこちゃんアイスキャンデー。

40歳代以上の方には懐かしく思えるものでしょうか。

家庭で簡単に作れるアイスキャンデー製造機です。

持ち手までの長さ16cm×口径2.6cm×容量70cc。

これは5年前に3本入荷したもので、今年に入りようやく1本嫁入りし、残りの2本です。



胴体には「ハイムヒ」の文字と「石野真子さん」のイラストとサインが。企業の粗品でしょうね。

本日当ブログで紹介するにあたって、試しにアイスキャンデー(ミルク味)を作ってみましたところ、ふと思いました。

これを「まこちゃんアイスキャンデー」という名で喫茶メニューに入れてみたらどうであろうか?と。



そういうわけで本日限定2本で、「まこちゃんアイスキャンデー(ミルク味)」を裏メニューとして提供いたします。

「家庭で簡単に」という道具なので材料にはいっさいこだわっておらず、安っぽいお味に仕上がっておりますが、この「安っぽいが懐かしい味」が「まこちゃんアイスキャンデー」の短所でもあり最大の長所でもある。と自信を持って正当化しようと思います。

メニュー表には載せませんが興味があるかたはご注文くださいませ。

限定2本。1本50円です。よろしくお願い致します。






e0350308_839639.jpg
e0350308_839655.jpg
e0350308_839670.jpg
e0350308_839626.jpg
e0350308_839621.jpg
e0350308_839698.jpg
e0350308_839680.jpg



[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-09-08 09:04 | 昭和レトロ | Comments(0)
2016年 09月 04日

珈琲と葛水ようかん





珈琲に和菓子というのも乙なものです。



「くず水ようかん」を作ってみたところ、なかなか良かったです。

葛粉、こし餡、水を合わせて火にかけ混ぜてあとは冷やし固めるだけ。とても簡単です。

葛粉で固めているためか、寒天で固めたものよりも少し「モチッ」としているような気がします。



「あいろく」ではすでに「ねりたてくずもち」は定番メニューにあるので、「葛粉」の在庫はあります。

なぜ今までこれに気がつかなかったのでしょう。来年は喫茶メニューに加わっているかもしれませんので、その時はよろしくお願い致します。



あと珈琲のことですが、昨日焙煎したもので「東ティモール・マウベシ」は無くなり次第一先ず終了です。

次の焙煎分からは「ブラジル・トミオフクダ」に変わりますのでこちらもよろしくお願い致します。





e0350308_9162698.jpg
e0350308_9162688.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-09-04 09:32 | 喫茶 | Comments(0)
2016年 04月 05日

再び珈琲ゼリーのこと


先週紹介したばかりですが再び珈琲ゼリーのこと。

珈琲ゼリーの上に盛る「あいすくりん」。

この盛り方を少し変えました。それだけです・・・。すみません・・・。


ただ、個人的には「見た目」「食べやすさ」共に増したと思います。

「珈琲ゼリー」は喫茶店の定番メニューのひとつ。

そのお店の個性が出るメニューのひとつ。とも思います。

どうかよろしくお願いいたします。



e0350308_744685.jpg
e0350308_744637.jpg

[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-04-05 07:54 | 喫茶 | Comments(0)