あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 21日

畳屋さんの道具と変形茶碗


畳屋さんの道具と変形茶碗。


まずは畳屋さんの道具(24cm×15cm)。

e0350308_7242257.jpg
e0350308_7242210.jpg
これは畳を製造する際に使う刃物を収納するための道具だそうです。



e0350308_7242362.jpg
このように輪っかになっていて、ここに刃の部分を挟んで収納したそう。



こういうものはゴミ同然でガラクタに紛れていますので(現にこれも埃塗れでした)、

その中から掘り出し、そして自分にとっての「用」を見つけることが出来た時の気分は格別です。





という訳で「あいろく」では湯呑などの敷物に見立てて使用しております。

e0350308_724239.jpg
e0350308_7242366.jpg
今回の器 : 古唐津(江戸初期)の変形茶碗。


変形してるうえに、入荷時は破損が結構酷かったので、僕でも買えるお値段でした。

自分なりに不細工な修繕を施してますが、超お気に入りのお茶碗です。


このお茶碗は、お客様からもとても良い反応をいただいてます。


自分が選んだものに共感していただけるのは、やっぱり嬉しいものですね。

こうやって少しずつ自信をつけていけたら・・と思います。(過信しないよう気をつけながら)











[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-08-21 08:18 | 古道具 | Comments(0)


<< 明日お休みします      種木花咲穏瓦? >>