人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 19日

李朝の茶托


李朝の茶托(径12cm×高4cm)。


先日「ほうじ茶」を紹介した際の「茶托」です。

「茶托」なのか「祭器」なのか定かではありませんが、とにかく「木の皿」です。



李朝の茶托_e0350308_7404799.jpg
李朝の茶托_e0350308_7404738.jpg
李朝の茶托_e0350308_740473.jpg
李朝の茶托_e0350308_7404779.jpg

古く見せるように「人工的」に「塗料」が塗られていない事。そして200年程経つ古いものなので、「欠け」などはありますがこれがむしろ「健康的」で良いと思います。


ちなみに「健康的」という表現は京都「幾一里」の「A」さんの受け売りです。

以前「幾一里」さんにお邪魔し、お話を聞かせていただいた際に印象に残った表現でした。

「A」さん曰く、最近は「健康的」なものが本当に少なくなった。と嘆いておられました。

すなわち古いもの(特に木工品)のほとんどが「人工的」に、変に手が加わっている。との事です。



確かにそう思います。古い木工家具なんかは、そのほとんどが「健康的」ではなく購入を断念することが多いように思います。
(「健康的」でない物の中にも自分の許せる範囲のものは購入しておりますが・・・。)


古道具のことを表現する際に、この「健康的」という表現は自分の中にとても浸み入ってきたので、これからもガンガン受け売りさせていただこうと思っております。すみません。
















by airoku-fukusuke | 2015-10-19 08:23 | 古道具


<< けしごむはんこ      ジュラルミン皿 >>