あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 19日

釜定の鉄瓶


釜定の鉄瓶(満水時1.2L)。



岩手県盛岡市の「釜定」の鉄瓶。

夏に(8月5日)当ブログで「氷と水のこと」を紹介しましたが、汲み置いた水(水道水ですが)をこの「鉄瓶」で沸かして冷ました水を使用しております。

購入から3年半。毎日沸かしているので鉄瓶の内部に「湯垢(ゆあか)」も随分付いてきました。

この「湯垢」は水中の様々な成分が白く付着したもので、これが幾層にも重なり丈夫な層を形成していくことで同時に微量の鉄分が溶け出し美味しいお湯を生むらしいです。


以前の僕は正直言って「それ」を疑っておりましたが、試しに「沸騰ポット」と「鉄瓶」で沸かしたお湯で同じお抹茶を飲み比べてみたところ、その差は歴然でした・・・。

こうも違いが出るとは思っておらず非常に「浅はか」でした。以前の自分に変わって鉄瓶職人さんにお詫びしようと思います。すみませんでした。

これからも愛用していこうと思います。


e0350308_7544230.jpg





[PR]

by airoku-fukusuke | 2015-12-19 08:45 | 喫茶道具 | Comments(0)


<< 羊の親子      その後・・・。 >>