人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 19日

ボロ手袋


ボロ手袋。



何十年、何百年と「継ぎはぎ」を重ね使い続けてきた衣類等のことを「BORO」と言います。かつては「継ぎはぎ」だらけの衣類等は恥ずかしいものとされてきたのですが、今や世界中で「美しい」と賞賛されるようになっていて「BORO」という言葉は世界で通じるようです。



そんな「BORO手袋」をご紹介。

古い「布もの」や「板状のもの」を見ると喫茶の道具に見立てたくなるのが僕の癖ですが、この「BORO手袋」も敷物(コースター)に見立てようと2年前に購入しました。

そこで「あいろく」によくご来店くださり「練りたてくずもち」と「直前焙煎ほうじ茶」をいつもご注文くださる古物商の大先輩「K」さんと「A」さんに「BOROコースター」でほうじ茶を供してみた所、その感想は「これはさすがに汚らしい」でした。


古いもの、もっと言えば「埃をかぶって汚れたもの」に馴染みのあるお二人がそう言われるのであれば、当然一般のお客様には「通用しないであろう」と思い、喫茶道具としての「用」は即座に断念。

無意識でしたが、僕の中ではこのお二人の基準がボーダーラインになっていたようです。いつも実験台になってくれている「K」さんと「A」さんには感謝しております。(ちなみにお二人に通用しなかった喫茶道具は今だこの「BORO」だけです)



ボロ手袋_e0350308_8275456.jpg
ボロ手袋_e0350308_8275459.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-01-19 09:01 | 古道具


<< 今日から彫ります「けしごむはんこ」      李朝の糸巻 >>