人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 01日

けしごむはんこの歴史





歴史と言ってもたいした話ではありません。飽くまで僕個人のそれです。




僕が「けしごむはんこ」を彫り始めたのは2006年の夏前くらい。あのハンカチ王子旋風が巻き起こる直前のことです。

そのころ僕はと言えば、御茶屋さんに勤めながら「あいろく」開業に向け本腰を入れて物件探しをしていたころでもあります。

そして「けしごむはんこ」が世間で流行り始めたころでもありました。




話は遡り、1991~92年。僕が中学3年時の美術、高校1年時の書道の際、石の印鑑を彫る授業がありました。

その印鑑の出来栄えがなかなか良く、それぞれに先生から「お前は不器用過ぎるけ絶対彫れんと思ったけど上手いな」「お前は足が速いだけかと思ったら印鑑彫りの才能もあるんやな」と、共に半分「けなされて」おりますが「彫り」に関しては褒められた記憶が残っております。

その半分褒められた事を思い出し、「けしごむ」で僕が「古いもの」に興味を持つキッカケになった「はだしのゲン」を彫りたい。そして自身のお店で活用しようと決意しました。




ところが石彫りの時のように彫れませんでした。まず試しに彫った簡単な数字や平がなすら思うようにいきません。

良くも悪くも「諦めが早い」僕はその時点で「けしごむはんこ」を断念。

しかし良く言えば「物持ちが良い」。悪く言えば「貧乏性」の僕は、「葉書サイズけしごむ」の大半が残っているのを見ると居た堪れなく、断念するにしてもせめて最後に本来の目的であった「ゲン」を彫ってからにしよう。けしごむを使い切ってからにしよう。と決意します。




そして悪あがきで彫った「ゲン」が意外にも良く彫れてしまい「これはイケル!」と調子に乗り現在に至ります。

その最初の「ゲンはんこ」を押したもの。これが当時使っていたメモ帳に残っていたので今回紹介致します。

今見るとこの出来で「イケル!」と思った自分が恥ずかしいですが紹介です。(本当に下手クソです)





けしごむはんこの歴史_e0350308_7492875.jpg





元の絵はコレです↓

けしごむはんこの歴史_e0350308_7492829.jpg





ちなみに過去に彫ったもので最も手間が掛かったのはこの「灰になったジョー」はんこです↓

けしごむはんこの歴史_e0350308_7492856.jpg


彫り始めて早10年。人は慣れるものですね。

「諦めが早い」のもその時と場合により判断しなければならないと実感します。


by airoku-fukusuke | 2016-07-01 08:57 | けしごむはんこ


<< 「梨を取り上げられた坊や」のはんこ      一周忌。 + ふくすけ。 >>