あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 30日

屋根瓦?






昨日に続き「屋根瓦?」。

縦21.5cm×横15.3cm×厚3mm。



これは2年前の「第1回京都古道具市」にて購入したものです。

「石版」と思って購入したのですが、それにしては「肌が凸凹しているな」と感じておりました。

いつものように「喫茶道具」として茶托や盆に見立てられ活躍しておりました。(現在も活躍中)



そして数ヶ月か1年くらいか経った後、テレビの情報番組で東京駅改装時に回収されたと言う「屋根瓦」が紹介されており、何の気なしに見ていると、今回紹介します「屋根瓦?」に大きさ、形、3mmほどの小さな穴の位置。すべてがそっくりでした。

これが東京駅の瓦であるかは定かではありませんが、屋根瓦であるとなれば「凸凹の肌」にも納得です。




e0350308_851798.jpg
e0350308_851741.jpg
e0350308_851755.jpg
e0350308_851712.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-08-30 08:57 | 古道具 | Comments(0)


<< 高麗の小鉢      屋根瓦 >>