あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 24日

キャバレーベラミ球団の「キャッチャー面」





もうご存知の方も多いと思います「ベラミ山荘」。

北九州の若松にて、昭和の時代に隆盛を極めた「キャバレーベラミ」。

元々「ベラミ山荘」はその社員寮だったそう。

現在の家主「古家さん」が購入されてからは北九州で最も怪しいスポットとして世間に知れ渡りはじめております。



今回紹介します「ベラミ球団のキャッチャー面」は山荘に大量に残されていた「キャバレーベラミ」の備品や装飾品。その中に紛れていた「面」です。

それを「古家さん」からお安く購入しました。



備品たちの中に野球の道具全般やユニフォーム、それに関連する写真などもたくさん残されておりました。

どうやら従業員さんたちの草野球チーム「ベラミ球団」があったようですね。



e0350308_8301848.jpg
e0350308_8301815.jpg
e0350308_8301956.jpg








[PR]

by airoku-fukusuke | 2016-10-24 08:55 | 昭和レトロ


<< 硬球風のボールとKEIO人形      本日お休み+武士はんこ >>