あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 18日

思案の結果。





2日前、3月の記事を再度紹介しました。




思案の結果・・・。卒業します。

最近、斉藤由貴さんが話題になってましたが、僕が卒業することは約11年間続けてきた珈琲豆の「手網焙煎」です。



お世話になりっぱなしの「珈琲Chiba」さんに先日、ユニオンの「手廻し焙煎機」を注文。

そして一昨日とうとう届きました。



昨日、早速僕は早朝のアルバイトを終え帰宅し、録画しておいた韓国時代劇「六龍が飛ぶ」を見ながら朝食をとり、自身の充電を完了させた後、いざ初の手廻し焙煎に挑戦。(豆はこの1年間慣れ親しんだトミオ・フクダにて)




全然ダメでした・・・。




やはり手網とは要領がまったく違う・・・。

手網焙煎の際に「あて」にしていた香りや色艶が確認しづらくて焦り・・・。

なかなか熱が入りづらくて焦り・・・。

福引のように廻す焙煎機なのでドラムの中でガラガラと豆が回る音でハゼる音が聞こえづらくて焦り・・・。



焙煎の段階を浅煎り~深煎りまで8段階に分けるとすると6段階の中深煎り、フルシティーローストくらいで煎り止めるつもりが、「あっ」という間に7を通り過ぎ8のイタリアンローストに・・・。

この豆は元々中煎りくらいに向く豆ですし、ここまで焼いてしまうと、そうとうエグ味が出ているであろうと想像がつきましたが、一応味見・・・。

確かに苦味はあり、若干焦げ臭もありましたが、意外にもその苦味はまろやか。飲めるものでした。



そして本日も先日と同じ、バイト→韓国時代劇+朝食=充電の流れの中で、いざ2回目の挑戦。

前日の失敗を踏まえていたので初回よりはマシ。

敢えて7段階のフレンチローストくらいまで焼きましたが、今回も苦味はまろやか。

これは「手網」と「手廻し」の違いなのでしょうか?

なんだかこの「手廻し」とはうまく付き合って行けそうな予感がしております。



これからも練習、練習。

頑張っていこうと思います。


いや、頑張らずに楽しんでいこうと思います。

頑張ると疲れますので。

自然体でおおらかに、おだやかに。


そういう訳で、実際のところは「卒業」ではなく「卒業試験」といったところでしょうかね。






e0350308_20541871.jpg
e0350308_20591402.jpg
e0350308_21040378.jpg
e0350308_20284329.jpg




[PR]

by airoku-fukusuke | 2017-10-18 21:09 | 喫茶


<< 20日(金)お休み。21日(土...      思案のしどころ >>