人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 10日

三田焼 猪口。



兵庫県三田(さんだ)の志手原(しではら)焼の猪口。もしくは玉露用の湯呑みかもしれない。とのことです。

幕末~明治初期くらいのものだそう。

高さ2.8㎝。容量は満水で20cc 程で、これまたなんとも愛くるしいものです。

素朴な呉須の絵付けが、さらに愛くるしい。

先日から「愛くるしい」を連発して申し訳ありません。語彙力がないものでして。


これだけ小ぶりだと用途がなさそうですが、「あいろく」では喫茶にてミルクピッチャーか、これからの季節はガムシロップ入れとして使い、様子を見てみたいと思います。



三田焼 猪口。_e0350308_13044798.jpg
三田焼 猪口。_e0350308_13050391.jpg
三田焼 猪口。_e0350308_13052572.jpg
三田焼 猪口。_e0350308_13054376.jpg

普段「匙置き」として使っている「赤ちゃん人形」と比較するとこんな感じ。↓

三田焼 猪口。_e0350308_13074665.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-05-10 10:00 | 古道具


<< ちょっと面白味ある前掛け。      10日17時まで。11日休みます。 >>