人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

2016年 04月 14日 ( 1 )


2016年 04月 14日

ひっつき碗。



新入荷の「ひっつき碗」。江戸末期くらいでしょうか。高さ12.5cm。

文字通り茶碗が2つひっついているので重量はあります。



欠けが数箇所あり、パテと新漆と真鍮粉で簡単修理はしました。不細工ではありますが。

僕は手先が不器用なので、どうしても特にパテ使いが苦手です。

あと修理をする度に「良い筆を買わなければ。」と実感するのですが、いつも後回しになっております。



不細工修理ではありますが個人的に思うのは最悪「オブジェ?」にはなるかと・・・。

しかし「あいろく」喫茶部門では「用」はあります。

欲を言うと、上にひっついている碗の角度がもう少し浅ければお茶を供することが出来たのですが、如何せん角度があるので残念ながら容量はたったの30ccだけ。

お茶は諦めて「くずもち」用にすることとしました。



昨日、僕がいつもお世話になりっぱなしの同業の先輩「Kさん」と「Aさん」がタイミング良くご来店。

そしていつものように「くずもち」をご注文くださったので、これまたいつものようにお二人を実験台にこの「ひっつき碗」で供して見た所、反応は上々。

「くずもち」用の碗として見事合格です。これからこの「ひっつき碗」は活躍してくれることと思います。



ひっつき碗。_e0350308_732488.jpg
ひっつき碗。_e0350308_732594.jpg
ひっつき碗。_e0350308_732526.jpg
ひっつき碗。_e0350308_732540.jpg
ひっつき碗。_e0350308_732535.jpg
ひっつき碗。_e0350308_732554.jpg






by airoku-fukusuke | 2016-04-14 07:36 | 古道具