人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

2016年 08月 08日 ( 1 )


2016年 08月 08日

アンカーコップ





福岡では毎日のように高温注意報なるものが発表されております。

自分の店を自分で営業妨害するようで何ですが、「あいろく」にはエアコンがありません。

厨房にある気温計は毎日常時33℃以上を計測している灼熱の店内です。(灼熱という表現は少し大げさです。すみません・・・。しかし店内に扇風機は設置しております。この風にあたっているとなかなか涼しく過ごせるものです。)



僕がエアコンを設置しない言い訳が2つあります。

1つは単に僕自身がエアコンが苦手であることですが、お客様あってのものですので、お店となれば話は別だという思いはもちろん僕にもあります。

しかし2つ目の言い訳です。「あいろく」の建物は昭和10年前後に建てられたボロ家です。それはもうボロ家です。

建物内は隙間だらけで、冬場の店内なんかは、すべての戸を閉め切ってもその隙間風で、提げている蚊帳が大きく揺らめくほどです。

その隙間のために過去には床下に子猫が産み落とされ母猫がそのまま育児放棄。同じく床下に母兄弟と逸れた子猫(ポン太)が住み着く。などその他にもハプニングはたくさん。

その隙間に加え、14~15坪くらいある店内ではエアコンを使えばどれだけの電気代を食うか分かりません。

そんな訳で設置しておりませんことをどうかご了承くださいませ・・・。



そんな店内を面白がって来店してくださる良きお客様にはもう感謝しかありません。本当にありがとうございます。

このような「不便」を面白がってくださるお客様がもっと多く来店くださることを願います・・・。

「嫌なことを面白がる」というのはタモリさんの精神でもあるようです。(タモリ学より)






そこで少しは涼しくなるようなもの、「アンカーコップ」のご紹介です。

高15cm×口径7.5cm×容量400cc(満水時)。



アンカーコップとは昭和13年東洋ガラス株式会社がブリキの缶詰代用容器として製造されたものです(戦時中の金属不足のため)。

なので当時はこれにアルミやブリキの蓋が付いていたそうです。



僕は普段お酒は飲みませんが、このコップをキンキンに冷やしてビールでも飲めば爽快なのでは?と思います。



現在「アンカーコップ」は店頭に並べておりません。

厨房のガラスケースに仕舞ってありますので興味がおありの方は、内向的で話しかけづらい店主ですがどうか勇気を出してお声かけくだされば幸いです。



アンカーコップ_e0350308_8212764.jpg
アンカーコップ_e0350308_821276.jpg
アンカーコップ_e0350308_8212770.jpg













タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-08-08 09:18 | 古道具