人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 08日 ( 1 )


2019年 04月 08日

酔って候




2歳半になった我が娘のお話。

ちょうど1年前くらい、1歳半のころ。

Eテレ子供向け番組の「うた」が好きでよく口ずさんでいた娘。

ここらで一度「昭和歌謡」を聴かせてみようと思い、美空ひばり「愛燦々」を聴かせてみたところ、眼を見開き、聴き入ってしまい、すぐさま「さんさんと~♪」と口ずさみはじめた娘。

それからというもの、娘はレコードを、そして昭和歌謡を気に入ってしまい。

太川陽介「Lui Lui」。
井上順「お世話になりました」。
布施明「君は薔薇より美しい」。

等々、気に入った曲は数多く、すっかり昭和歌謡を好きになってくれたようです。

ある時は保育園にてよそのお父さんに向かって「じゅん!(井上順のこと)」と呼びかけてしまったり。

自宅にてお昼寝の時に松坂慶子「愛の水中花」を「こ~れもあい~、あれもあい~♪…。だってさみしいもの~よ~、な~けな~いなんて~♪」と口ずさみながら寝落ちていったことも。


そんな娘が最近、とうとう「柳ジョージ」をリクエストしてくるよようになりました。(たまにですが)

これには布石のようなものがあります。

自宅にて僕は、いつも何かしらの曲を無意識に口ずさんでしまっており、そのつど娘は僕に向かって

娘「なんうたいよ~ん?」

僕「柳ジョージ…。」

娘「やなぎじょ~じぃ~?」


この応酬が毎日何度もあることで娘は「柳ジョージ」の名を覚えてしまったようです。

そしてリクエストしてくるようになりました。

娘「やなぎじょ~じかけて~」

僕「酔って候でいい?」

娘「うん…。」


「とさのくじらはおおとらで~♪(土佐の鯨は大虎で)」
「ぶらい~ざ~け~♪(無頼酒)」

と、拙い言葉と音程で口ずさむ娘を見て、「柳ジョージ」を、そして「酔って候」を口ずさむ2歳の女の子が全国に何人くらいいるのだろうか?」

そう想像すると僕は娘のことが少し誇らしく思えてきます。



酔って候_e0350308_12590006.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-04-08 12:19 | レコード