人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 21日

畳屋さんの道具と変形茶碗


畳屋さんの道具と変形茶碗。


まずは畳屋さんの道具(24cm×15cm)。

畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242257.jpg
畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242210.jpg
これは畳を製造する際に使う刃物を収納するための道具だそうです。



畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242362.jpg
このように輪っかになっていて、ここに刃の部分を挟んで収納したそう。



こういうものはゴミ同然でガラクタに紛れていますので(現にこれも埃塗れでした)、

その中から掘り出し、そして自分にとっての「用」を見つけることが出来た時の気分は格別です。





という訳で「あいろく」では湯呑などの敷物に見立てて使用しております。

畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_724239.jpg
畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242366.jpg
今回の器 : 古唐津(江戸初期)の変形茶碗。


変形してるうえに、入荷時は破損が結構酷かったので、僕でも買えるお値段でした。

自分なりに不細工な修繕を施してますが、超お気に入りのお茶碗です。


このお茶碗は、お客様からもとても良い反応をいただいてます。


自分が選んだものに共感していただけるのは、やっぱり嬉しいものですね。

こうやって少しずつ自信をつけていけたら・・と思います。(過信しないよう気をつけながら)












by airoku-fukusuke | 2015-08-21 08:18 | 古道具
2015年 08月 20日

種木花咲穏瓦?


種木花咲穏瓦?(9cm×9cm)


何のことかよく分かりませんが、兵庫県三木市にある「大谷寺伽耶院」という天台系の寺院の瓦らしいです。


種木花咲穏瓦?_e0350308_7362943.jpg
種木花咲穏瓦?_e0350308_7362998.jpg
「大谷寺伽耶院」について毎度ながら「少しだけ」調べてみたところ、

645年開基。桃山期に羽柴秀吉の三木城攻めにより、また1609年失火により焼失。

現在のものは1646年建立。と、ありました。




種木花咲穏瓦?_e0350308_7362996.jpg
とりあえず「あいろく」では茶托に見立てて使っております。


今回の器 : 八角小鉢。(昭和20年代くらい)  ←航空機内食用に使用されていたもの


これは開業当初から欠かしたことのない「あいろく」の定番商品です。

湯呑として使うと、とても口当たりが良いです。




by airoku-fukusuke | 2015-08-20 08:01 | 古道具
2015年 08月 18日

ご贈答にはアルミ製品


ご贈答にはアルミ製品。

アルミ製品の広告宣伝垂れ幕です。



「粗品 軽金属板製品協会」。とあります。

この協会から各小売店(金物屋)に配られた粗品です。

ご贈答にはアルミ製品_e0350308_2023439.jpg

昭和30年代のものでしょうか。当時の各金物屋さんの店頭にさげられていたのが目に浮かびます。

ご贈答にはアルミ製品_e0350308_2023583.jpg
ご贈答にはアルミ製品_e0350308_2023551.jpg
見えにくいかもしれませんが、「どこの御家庭でもいちばん喜ばれる」と書いてあります。

本当に喜ばれていたのかは疑わしいですが、これも僕が好きな「昭和の能書き系」。

「能書き系」を紹介するのは「スピードパンツ」以来ですかね。


現在の製品にもこんなキャッチコピーという名の「能書き」はあるのかもしれませんが、

昭和のものはなぜかクスッと笑えます。













タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-08-18 08:00 | 昭和レトロ
2015年 08月 17日

明日お休みします


8月18日(火)

誠に勝手ながら、またお休み致します。


明日お休みします_e0350308_2035159.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-08-17 20:13 | 業務案内
2015年 08月 17日

世界の7大けんか術


世界の7大けんか術(1968年少年マガジンより)。


47年前の「少年マガジン」の特集記事の一部、「世界の7大けんか術」をご紹介。

世界の7大けんか術_e0350308_7205737.jpg
世界の7大けんか術_e0350308_7205740.jpg

「イギリス人の拳」「朝鮮人の頭突き」。その他にも「日本人の柔術」などもありましたが。





世界の7大けんか術_e0350308_7205791.jpg

世界の7大けんか術_e0350308_7205786.jpg


「メキシコ人の刃物」「アメリカ人の早うち」この2つに関しては、もはや「けんか」ではないと思いました。

これも昭和時代のおおらかさでしょうか。


この「少年マガジン」、この他にもおもしろい特集が載っているので、興味がある方はご来店の際、

ご自由に閲覧ください。









タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-08-17 07:40 | 昭和レトロ
2015年 08月 16日

本日お休みします



本日8月16日(日)。

誠に急で勝手ながらお休み致します。

本日お休みします_e0350308_104346100.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-08-16 10:47 | 業務案内
2015年 08月 16日

白磁のパレット


白磁のパレット(縦4.8cm×横2.8cm)。


これは顔料のパレットで、やきものです。


白磁のパレット_e0350308_8165787.jpg

単なるパレットなので当然なのですが、この小ぶりで、潔い簡素な形が良いです。

あと、これまた当然ですが、プラスチックでなく「やきもの」という点も。




白磁のパレット_e0350308_8165790.jpg
「あいろく」では主に箸置きならぬ「スプーン置き」「菓子切り置き」に見立て、活躍中です。


by airoku-fukusuke | 2015-08-16 08:28 | 古道具
2015年 08月 15日

はなたれ子ぞう 


はなたれ子ぞう。(昭和32年度 卒業記念文集より)


昭和32年度の卒業生(12歳)ということは、終戦の年にお生まれの方々の文集です。


はなたれ子ぞう _e0350308_73522.jpg


その中から「はなたれ子ぞう」という作文をご紹介。

はなたれ子ぞう _e0350308_735295.jpg
次ページにつづく。

はなたれ子ぞう _e0350308_735255.jpg
この方の小学校一番の思い出が「鼻を垂らしていた事」だとしたら、たいそうボンクラ小僧だったのかな。

と思いきや、人生で本を2冊しか読んだことのない、文章力の欠けらもない僕から見ると、

とても上手な文章に思います。


文章の組み立て方や表現など。

特に、止めどなく垂れてくる「鼻水」のことを「うどん」に喩えているあたりや、

今となっては耳にする事が無くなった「ちりし」。

服の袖がピカピカになり、新しい服みたいになる。

などの表現が、個人的には癒されます。



今時はもう、こんな「はなたれ小ぞう」はいないと思います。

僕が子供のころはどうだったか・・・。考えたところ、かろうじて一人いた事を思い出しました。


30年程前、小3~4年時の「ヨネ」というあだ名の同級生。

この「ヨネ」は、とにかく毎日、毎日惜しみなく鼻を垂らしてました。

偶然ですが、珍しく「ヨネ」が「垂らしてない」日があり、ほんとに偶然ですがその日、

台風だったかは記憶が定かではありませんが、大雨が降りました。

その日から「ヨネ」が「垂らしてない」日は天気が荒れる。

と、「ヨネの鼻水予報」がクラス内に生まれました。



今回の「ヨネ」や、先日の「算数ノート」を紹介した時に書いた「起定先生のスジヒキ」など、

僕は「魂を売り」、ブログを始めましたが、これを始めた事で、

そして「古道具」を通してこのブログを書く事で、

こんな忘れていた昔の記憶を掘り起こす事ができてます。←これはなかなか心癒されます。
         ↑
(人によって、特に戦時中の「物」などは嫌な記憶を蘇えらせてしまう事もあると思いますが・・・)

「古道具」にはこんな効力もあるのだな。と改めて感じます。




















タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-08-15 08:57 | 昭和レトロ
2015年 08月 14日

ガラスの小皿


ガラスの小皿2種(共に昭和初期。径10.5cm)。


昨日と同様に、この「ガラス小皿」も紹介を忘れてました。先月入荷のものです。


ガラスの小皿_e0350308_7262822.jpg
ガラスの小皿_e0350308_7262876.jpg


昨日、再び紹介しました「純プリン」をのせていたお皿がこれ↓。

ガラスの小皿_e0350308_7262875.jpg
夏場は「くずもち」にも使ってます。

これに「くずもち」。先日紹介しました「剣先コップ」に「冷たい焙茶」。

このセットはなかなか涼しげでした。


この写真で見るよりも、実際手にとって見た方が綺麗ですよ。


by airoku-fukusuke | 2015-08-14 07:53 | 古道具
2015年 08月 13日

あいすくりん と 純プリン


あいすくりんと純プリン。


そういえば、すっかり報告を忘れてましたが、先月18日に美容室「RICE」で出張喫茶をさせていただきました。

「RICE」にご来店下さったお客様に、一番喜んでいただいたのが「純プリン」でした。

「感動的に美味しかった!」などのお褒めのお言葉をいただき、逆にとても嬉しい思いをさせていただきました。

「RICE」のお客様本当にありがとうございました。




そして昨日、耶馬渓在住の「T倉夫妻」がご来店。

「珈琲ゼリー」を注文いただき、ゼリーの上に乗せてある「あいすくりん」をとても気に入ってくれ、

「あいすくりん」を追加注文までしていただきました。

「これ、もっと前面に出した方がいいよ!」と、ベタ褒めしてもらい、これまた嬉しい思いでした。

T倉夫妻ありがとう!


この「あいすくりん」は水巻の「T田」さんや、最近ご近所になった「けやきや」さんにも気に入っていただき、

おかげで、少しずつ自信がついてきました。過信しないよう気をつけます。



そこでこの2つを再びご紹介させてください。

あいすくりん と 純プリン_e0350308_7321148.jpg
あいすくりん と 純プリン_e0350308_7321187.jpg
あいすくりん と 純プリン_e0350308_7321128.jpg
「純プリン」はレシピはもう安定してますが、シンプルなだけに難しく、毎回微妙に

違う仕上がりになってしまいますので、そこはご了承くださいませ。


「あいすくりん」は(卵黄、牛乳、生クリーム、塩)で作った簡素な味。

現在も少しずつ改良、変化中です。

昨日「T倉」夫妻にお出しした、今週作った最新版はこれまでで最も良くできたように思います。


生クリームも入ってますし、本来の「あいすくりん」の定義からは外れる物かもしれませんが、

雰囲気で「あいすくりん」と名を付けてます。これもご了承くださいませ。


長々と宣伝。申し訳ありませんでした。





by airoku-fukusuke | 2015-08-13 08:19 | 喫茶