人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 13日

乾電池大型構造模型


乾電池大型構造模型。



昨日に続き「お客様に気付かれてないもの」シリーズです。

そのシリーズの中でもこれは群を抜いて気付かれてないものと思います。

購入から5年間、蓋を開けて中身を見ているお客様は一人もおりません。この中身を知っているのは福岡の「古道具るごろ」の「K」さんくらいです。


これは学校教材です。

立体組立式になっており乾電池の仕組みが分かるというもの。

高さ42cmとなかなか大きな模型です 。




乾電池大型構造模型_e0350308_8232288.jpg




学校教材乾電池大型構造模型(立体組立式)。

乾電池大型構造模型_e0350308_8232291.jpg



寄贈 大竹市駅前 山陽テレビラジオ協会。

乾電池大型構造模型_e0350308_8232268.jpg


蓋を開けると乾電池の頭が・・・。

乾電池大型構造模型_e0350308_8232237.jpg

中身を取り出すと・・・。

乾電池大型構造模型_e0350308_8232257.jpg



分解すると・・・。

乾電池大型構造模型_e0350308_823228.jpg
乾電池大型構造模型_e0350308_8232253.jpg


それぞれの名称が書かれており、分解して組み立てることで乾電池の構造が理解できる。という教材です。

なかなか面白いと思うのですがいかがでしょう?




by airoku-fukusuke | 2016-02-13 08:43 | 古道具
2016年 02月 12日

ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市


ボロボロの纏(まとい:火消しの組の目印)。



ボロボロです。

これは絶対に売れないであろうと分かっていましたが、こういう物も置いていれば(飾っていれば)目を惹いて面白いかと思い6年程前に購入しましたが、長さ2m20cmと大きいので飾る場所が無く6年間困っております。この間ずーっとひとつの場所に収まってます。

これだけ大きいものなのですが、これも良くも悪くも店内に溶け込みすぎており、その存在はお客様に気付かれていない可能性も・・・。

どうか見てやってくださいませ。



ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市_e0350308_8345745.jpg
ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市_e0350308_8345739.jpg
ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市_e0350308_8345796.jpg
ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市_e0350308_8345786.jpg




そして3月に開催される「第一回小倉駅ナカ蚤の市」。

八幡西区の古本屋「檸檬」さん主催です。


「檸檬」のM夫妻が北九州に「古本、古道具の文化を根付かせたい」との思いで開催される運びになりました。

宣伝、営業活動が苦手であるにも関わらず熱心に色んな方にお声がけされておりました。

その「M夫妻」の心意気が一人でも多くの方に伝われば僕も嬉しいです。

同じ宣伝活動が苦手な僕としてはお二人の行動には頭が下がります。心底尊敬致します。




ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市_e0350308_834573.jpg
ボロボロの纏 + 小倉駅ナカ蚤の市_e0350308_8345731.jpg






タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-02-12 09:11 | 古道具
2016年 02月 11日

瓦茶托


瓦茶托(径9cm×厚2cm)。



正真正銘の瓦です。茶托に見立てております。

蕎麦猪口にちょうど良いサイズです。

個人的に3年程前から瓦ブームが始まりました。

現在も良い大きさ、良い形の瓦があるとつい手に取ってしまいます。




瓦茶托_e0350308_92514.jpg
瓦茶托_e0350308_925170.jpg
瓦茶托_e0350308_925197.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-02-11 09:15 | 古道具
2016年 02月 10日

銅鑼


銅鑼。(径37cm)



かつてお茶室で使われていた「銅鑼」です。時代は江戸くらいあるでしょうか。

文字通り銅製で厚さは4mmくらいあります。

そこそこ重たいです。提げるための紐は古いままなので、「銅鑼」として使いたい場合は紐を足すか変えるかした方が良いと思います。


店内に馴染み過ぎており「銅鑼」と気づいていない方が多いと思うので、これを機によーくご覧いただければ。と思います。

撥(ばち)はありませんが、ご希望あらば拳で叩き鳴らしてみて下さいませ。




銅鑼_e0350308_7504441.jpg
銅鑼_e0350308_7504481.jpg
銅鑼_e0350308_7504496.jpg
銅鑼_e0350308_7504465.jpg
銅鑼_e0350308_7504447.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-02-10 08:23 | 古道具
2016年 02月 09日

いい顔(古い写真)+ 本日休み。



* 本日2月9日(火) : 3月に行われる「駅なか蚤の市」の説明会に出席のため店舗営業はお休みです。




いい顔。

昭和10年代の赤ちゃんの写真です。

とてもいい顔をしているのでご覧ください。

気に入りすぎて、喫茶席横の壁に貼ったままもう何年経ったことか・・・。



いい顔(古い写真)+ 本日休み。_e0350308_19554579.jpg
いい顔(古い写真)+ 本日休み。_e0350308_19554594.jpg






by airoku-fukusuke | 2016-02-09 07:00 | 古道具
2016年 02月 08日

駅員さんの切符入れ + 骨折ふくすけ5日目


駅員さんの切符入れ。(縦13cm×横19cm)



電車の駅員さんの切符入れです。

「船津橋かき保」と書いてありますが、文字が縦書き(右から左に書いてある)なので戦前~戦中に使われていたものと思います。


それにしてもその雰囲気、佇まいが良いと思います。皮と金属の組み合わせって良いですよね。



駅員さんの切符入れ + 骨折ふくすけ5日目_e0350308_8213943.jpg
駅員さんの切符入れ + 骨折ふくすけ5日目_e0350308_821398.jpg




意外に口が大きく開きます。↓

駅員さんの切符入れ + 骨折ふくすけ5日目_e0350308_8213986.jpg
駅員さんの切符入れ + 骨折ふくすけ5日目_e0350308_8213954.jpg



そして骨折ふくすけの5日目ですが。

少し痛みも治まってきたのか、3本足での生活に慣れてきたのか動きが活発になってきました。

そうは言っても安静が必要なのは変わりなく監視が大変です。

「ふくすけ」の日課。毎朝のパトロールも再開しております。



去年までの4年間。僕の運気は最悪だったらしいです。思い返せば小さな災いは多かったように思います。

そこからようやく抜け出し、この2月3日から僕の運気は上がっていくそう。良い事が起こりそうな予感だけはあったのですがその矢先、2月4日の「ふくすけ」の骨折。

ショックだったのですが、これは僕に振りかかるはずだった災いを「ふくすけ」が引き受けてくれたような気がしてなりません。

より一層「ふくすけ」への感謝の気持ちが湧いてきます。

痛いだろうがいつもありがとう「ふくすけ」。





ふくすけパトロール中。(外に見えるのは野良猫のはっちゃん)↓

駅員さんの切符入れ + 骨折ふくすけ5日目_e0350308_8483450.jpg










タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-02-08 08:54 | 古道具
2016年 02月 06日

銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目


銅の筆置き+明日は通常営業+骨折ふくすけの3日目。



まずは「銅の筆置き」(中国・長さ15.5cm)。


時代は定かではないですが重厚感のある佇まい。(実際、大きさの割りに重たいです)

「あいろく」にある文房具は主に昭和以降のものです。なので、うちで一番古い文房具かもしれません。



おそらく竜を正面から見たものと思います。


銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目_e0350308_830085.jpg
銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目_e0350308_830050.jpg





そして気になる骨折ふくすけの3日目ですが・・・。



「ふくすけ」は骨折3日目にしてけっこう元気が戻ってきました。痛々しいのは変わりありませんが・・・。

しばらくはなるべく動かさず安静が必要なため、元気が出てきたこれからの監視が大変です。

相変わらず食欲は旺盛です。



銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目_e0350308_832388.jpg

当ブログで何度か紹介しましたが、上の写真のように自宅二階の窓から外を眺めるという「ふくすけ」の毎朝の日課であったパトロールもこの2日間は出来ておりません。

痛みに耐えてがんばれふくすけ。




最後に明日の仕入れは取りやめましたので通常営業致します。




by airoku-fukusuke | 2016-02-06 08:52 | 古道具
2016年 02月 05日

李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ


李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ。




新入荷です。

これも北野天満宮にて「キムさん」から購入。

先日紹介の「盃」同様に変形していて見る角度により表情が違います。

個人的にはやっぱりこれくらい出来の良くないものの方が好きです。愛着が沸きますね。


李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ_e0350308_821472.jpg
李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ_e0350308_821475.jpg
李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ_e0350308_82142.jpg
李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ_e0350308_82148.jpg




あと、かわいそうな「ふくすけ」ですが・・・。

昨日我が家の愛猫「ふくすけ」が右手の甲を骨折してしまいました・・・。




夕方帰宅すると自宅玄関にある引き戸が倒れていました。「ふくすけ」がその重い体重を乗せ無理矢理に戸を開けようとしたのだと思います。

おそらくその際に骨折したのでしょう。




レントゲンを撮ると右手甲の骨が3本折れていました。手術という選択もあるようですが、一先ず3週間程なるべく安静にさせて患部が固まるのを待つしかないそうです。

うまく固まってもおそらく今までのようには自由は利かないはず。元々右足も悪いのでこの先の「人生」ならぬ「猫生」にも心配が残ります。


現状は痛々しくあまり元気もないので、当面の人が家を空ける日中が心配です。


「ふくすけ」はとにかく人たらし。しばらくは夜、一緒の布団で寝てあげよう(寝させていただこう)と思います。

がんばれふくすけ。


李朝のやや変形した碗 + かわいそうなふくすけ_e0350308_821441.jpg











by airoku-fukusuke | 2016-02-05 08:55 | 古道具
2016年 02月 04日

本日休みます。 + けしごむはんこ




**で申し訳ありませんが本日2月4日はお休み致します。**





そしてけしごむはんこ。

なんか急にこの2ショットが彫りたくなったので彫ってみました。

本日休みます。 + けしごむはんこ_e0350308_8572068.jpg






by airoku-fukusuke | 2016-02-04 08:00 | けしごむはんこ
2016年 02月 02日

李朝の盃


李朝の盃。(李朝後期)高4cm×径6.5cm





新入荷です。先日の京都仕入れの「李朝の盃」2客。「キムさん?」シリーズです。

今回はお名前をご本人に確認してきました。「キムさん」で間違いありませんでした。なのでこれからは「?」は消します。



ここ2ヶ月くらい僕が気になっていた人やお店が次々に亡くなる事が続きました。いつまでも長生きされるであろうと勝手に思っていた「水木しげるさん」。開業40年の天神の喫茶店「コービン」。同じく70年近くの門司港の喫茶店「とらや」。

そんなことで「キムさん」や幾一里の「Aさん」は息災かな?と気になってしまい取り急ぎ今回の京都仕入れになりました。



すると僕が毎回泊まっていた宿が閉鎖しておりショック。ここはボロいママチャリ(ブレーキを握るとキーキーと音が鳴る)が無料で借りることができ大助かりでした。

そして以前よく買っていた創業62年の三笠(どら焼き)のお店も閉店しておりまたショック。偶然ですがこういう事が続いています。




しかし「キムさん」や幾一里の「Aさん」は息災で、逆に各々に「お久しぶりですねー、元気でしたか?」に対して僕が「何とか元気にやってます。」といった具合で一安心。むしろお二人の方が僕なんかより若々しくお元気そうでした。(お二人とも70歳くらい?)





前置きが長くなってしまいましたが「李朝の盃」2客です。どちらも酒飲みにはもってこいの品。

360度見る角度によって傾き加減が違い、とぼけたような佇まいが良いです。


李朝の盃_e0350308_8222797.jpg
李朝の盃_e0350308_8222773.jpg
李朝の盃_e0350308_8222760.jpg
李朝の盃_e0350308_8222794.jpg



もう1客はしっかり立っております。

李朝の盃_e0350308_822271.jpg
李朝の盃_e0350308_8222726.jpg
李朝の盃_e0350308_8222710.jpg

李朝の盃_e0350308_8222738.jpg


並んで見ると、各々しっかり者の兄とゆるーい弟のようで微笑ましく思います。



by airoku-fukusuke | 2016-02-02 09:13 | 古道具