人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 16日

白磁の灯火器に火を灯してみたら。






昨年12月に入荷し紹介しました「白磁の灯火器」。小ぶりで高さは5.5cm。

売れて行きそうな気配すらないので使ってみることに・・・。



穴に芯を通してオイルを注ぎ、火を灯すと・・・。

小ぶりな割りになかなかの光量です。

まず5mmの芯で試してみると火が大きすぎて驚きました。先日のオイルランプの時と同様です・・・。

3mmの芯に替えてみるとバッチグーでした。



なにせ小ぶりなのでオイル切れが早い・・・。

なので、喫茶ご利用のお客様が畳席に座られた時のみにこれに火を灯そうと考えております。

視覚だけでも温まるかと・・・。





まずは昨年紹介した写真から↓


白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8204968.jpg



一輪挿しにも良いかと思います。
白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8204982.jpg



これに芯を通しオイルを注ぎ・・・。↓


白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8364686.jpg



火を灯しますと・・・。↓



白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8364627.jpg



そして畳の喫茶席に置いてみますと・・・。↓



白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8364614.jpg
白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8364646.jpg



更に照明を消してみますと・・・。↓


白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8364616.jpg
白磁の灯火器に火を灯してみたら。_e0350308_8364796.jpg



小ぶりですが、なかなかの光量でした。LEDにはない温かい光です。


by airoku-fukusuke | 2016-12-16 09:00 | 古道具
2016年 12月 15日

レンガ?






6年前に入荷したもの。

縦15cm×横17.5cm×厚6cm。



これはレンガでしょうか?「輪」になってます。

装飾のひとつとして壁に埋め込まれでもしていたものでしょうか?

とりあえずとても気に入っております。



「あいろく」恒例の日常には無用なものではありますが、お店を営むうえではとても重宝しております。

空いた空間にポツッと置くだけで様になり、空間と空間の間仕切りにもなってくれます。「結界」というやつですかね。



真ん中の穴から見える景色はまた違って見えます。




レンガ?_e0350308_8473627.jpg
レンガ?_e0350308_8473618.jpg
レンガ?_e0350308_847365.jpg
レンガ?_e0350308_8473637.jpg
レンガ?_e0350308_851779.jpg







タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-12-15 09:03 | 古道具
2016年 12月 14日

ぬくぬくふくすけ






今週気温がグッと下がるそうですね。皆様も風邪を引かぬようお気お付けください。

そんな訳で本日はぬくぬくとした「ふくすけ」を。



我が家ではすでに炬燵が登場しております。

「猫は炬燵で丸くなる」と言われますが「ふくすけ」はそうではないようです。

炬燵の中でめいっぱい体を伸ばし全身に熱を浴びていることが多いようです。

人間が足を伸ばせる空間を占領されております。

「ふくすけ」はいつでも自然体です。



そんなある日の「ふくすけ」。

熱くなり炬燵から出てきたかと思いきや、出てきたのは上半身だけ。

炬燵布団から上半身だけを出してぬくぬくダラダラ・・・。

寝るわけでも起きるわけでもなくあくびをしたり、寝返りをうったり、ぬくぬくダラダラ・・・。

「つげ義春」の世界とでも言いますか、売れない漫画家の日常のようです。



しかし「ふくすけ」からはその世界のような哀愁は微塵も感じません。

毎日ただただ幸せそうに過ごしております。

「ふくすけ」はいつでも自然体です。




ぬくぬくふくすけ_e0350308_827526.jpg
ぬくぬくふくすけ_e0350308_8275219.jpg
ぬくぬくふくすけ_e0350308_8275226.jpg
ぬくぬくふくすけ_e0350308_8275399.jpg





↓このような哀愁はやはり「ふくすけ」にはないですかね。
ぬくぬくふくすけ_e0350308_8275324.jpg
ぬくぬくふくすけ_e0350308_8275395.jpg








タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-12-14 08:55 | ふくすけ
2016年 12月 12日

茶筒いろいろ



2日前・・・。

ライターの小坂さんのブログにて「珈琲美美」のマスターである森光さんの訃報を知りたいへん驚きました。

僕が「美美」に立ち寄るのはせいぜい年に1~2回。森光さんとはそんなに接点はありませんがたいへん驚きました。


最後に立ち寄ったのは今年の夏でしたが、この時のご夫婦の仲睦まじい様子がとても強く印象に残っております。

そしてカウンター席越しに、淡々と、丁寧に珈琲を淹れる姿を拝見するのが僕は大好きでした。


僕なんぞはこの程度ですが、この訃報に大きなショックを受けた方は全国に多くいらっしゃることでしょう・・・。

ご冥福をお祈り致します。




本日は僕の中では、飽くまで僕の中では「美美」さんに関連があるものとして、昨年の8月に紹介しました記事「茶筒いろいろ」をそのまま引用して紹介いたします。











茶筒いろいろ。

これは商品ではなく、備品として「あいろく」で大活躍中の茶筒達。

茶筒いろいろ_e0350308_7353353.jpg



一番手前のものは京都の錫専門店「清課堂」の80g缶。(2015年現在使用10年)

100%錫なので、小ぶりですがズッシリ重いです。(お値段もズッシリ重いです)

その時々で変わりますが、現在はきな粉の保存用。

茶筒いろいろ_e0350308_7353393.jpg


その他はすべて京都の茶筒専門店「開化堂」のもの。

「あいろく」で最も長く使用しているのは、写真左の「銅200g平型 押し込み中蓋」(2015年現在使用12年)。

現在は緑茶用に使用しています。



押し込み中蓋は、茶葉の量に合わせて中蓋がスーッと落ちる優れもの。

より密閉できます。

茶筒いろいろ_e0350308_735332.jpg


いい道具を使うと気分が違うので、これからも少しずつ「一生もの」の道具を揃えていけたら。と思います。


ちなみに僕が「開化堂」茶筒を使うキッカケになったのは、福岡の「珈琲美美」で丁寧に使い込まれ、そしてずらりと並ぶこの茶筒たちを見て

影響を受け、真似をしたのが始まりです。


僕が初めてこの茶筒を購入した際に、「開化堂」の奥様が「美美」さんは本当に丁寧に使って下さっていて感動した。

と絶賛されていました。


作り手にそう思ってもらえるよう、僕も大切に使っていきたいと思います。






by airoku-fukusuke | 2016-12-12 08:28 | 喫茶道具
2016年 12月 11日

ハンカチペナント






昭和40年代の「ハンカチペナント」。

34cm×16.5cm。



僕は無知なので知りませんが、ハンカチ型をしたペナントということでしょうか?

要するに「ペナント」なのでしょう。

材質は紙です。



「王、長嶋ペナント」×1枚。

「郷ひろみ」ペナント×1枚。

「野口五郎」ペナント×2枚。

「天地真理」ペナント×2枚。

「小柳ルミ子」ペナント×3枚。

以上の計9枚。早いもの勝ちです。



早いもの勝ちとは言ってみたものの、これを入荷して1ヶ月・・・。

あまり見向きもされていない気がします・・・。

「早いもの勝ち」などとお客様を焦らせて購買意欲をあおるような小賢しい真似をしてしまいすみません・・・。

前記した通りですので、気になる方はゆっくり考えてからでも遅くはないでしょうね。

お金は大事に使いましょう。


ハンカチペナント_e0350308_8335065.jpg
ハンカチペナント_e0350308_8335044.jpg
ハンカチペナント_e0350308_833507.jpg
ハンカチペナント_e0350308_8335026.jpg
ハンカチペナント_e0350308_8335121.jpg
ハンカチペナント_e0350308_8335188.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-12-11 08:48 | 昭和レトロ
2016年 12月 10日

アサヒグラフ






1965年のアサヒグラフ。

全部で18冊。



中身はパラパラとしか見ていませんが、当時流行してたのでしょう「GO!GO!ダンス特集」や、今も昔も変わらぬこの問題「竹島はワシらのもんじゃけん」等等・・・。

商品でありますが、興味がおありのかたはご自由に閲覧くださいませ。






↓この号は三池工業が優勝した年の甲子園特集です。
アサヒグラフ_e0350308_8212439.jpg
アサヒグラフ_e0350308_821245.jpg



by airoku-fukusuke | 2016-12-10 08:30 | 昭和レトロ
2016年 12月 08日

明日休みます






***明日9日(金)は都合によりお休みします***




明日休みます_e0350308_7552487.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-12-08 08:21 | ふくすけ
2016年 12月 07日

真珠湾





月末に安倍総理が真珠湾に訪問。が話題になっているので本日はこれをご紹介です。



「写真週報」昭和16年12月24日第200号と昭和17年3月18日第20号。

これに真珠湾攻撃のことが掲載されてます。




真珠湾_e0350308_7345285.jpg
真珠湾_e0350308_7345288.jpg
真珠湾_e0350308_7345331.jpg



220号には「軍神九柱」として「真珠湾攻撃」で戦果をあげた9名の特攻隊員が掲載されております。

司令長官山本五十六からの謝状やこの9名の隊員の「絶筆」なども・・・。


死にに行かせておいて、軍神と崇められ謝状が贈られても死んでゆく若者からすればたまったものではありません。



この2冊は店頭には出しておりませんので、詳しくご覧になられたい方はお声かけください。


真珠湾_e0350308_7345325.jpg
真珠湾_e0350308_7345330.jpg
真珠湾_e0350308_7345468.jpg
真珠湾_e0350308_7345320.jpg
真珠湾_e0350308_7345486.jpg
真珠湾_e0350308_7345471.jpg



タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-12-07 07:53 | 古道具
2016年 12月 06日

誕生日をうっかり




僕としたことがうっかり忘れてしまってました。

11月28日は我らが知世、原田知世さんのお誕生日だったこと。

以前も紹介しましたが、その日に今一度「原田知世写真集」を紹介するつもりであったこと。



そんな訳で少し遅れましたが今日になりました。



誕生日をうっかり_e0350308_8245526.jpg





この中から数枚をご紹介。

以前も紹介しましたこの1枚。

デビュー作ドラマ「セーラー服と機関銃」撮影時の1枚。

現在と変わらぬこの笑顔。



誕生日をうっかり_e0350308_8212918.jpg










映画「時をかける少女」から1枚。

冒頭の五郎ちゃん(尾美としのりさん)らと雪山へ向かう電車内。この写真はおそらく撮影合間の1枚でしょう。



誕生日をうっかり_e0350308_824564.jpg




そしてこの写真集のなかに何枚も掲載されているお姉さんとの2ショット写真。

そのすべてにおいての印象ですが、我らが知世の方が(←尊敬と愛慕の念で呼び捨てにしております事をご了承ください・・・)「快活」でお姉さんが「おとなしめ」。そう感じます。


誕生日をうっかり_e0350308_8245683.jpg





うっかりと言えば、水木しげるさんが亡くなられてからも、もう1年が過ぎました。時が過ぎるのが早すぎる・・・。

「うっかり」の頻度も増えてしまいます・・・。





by airoku-fukusuke | 2016-12-06 08:44 | 昭和レトロ
2016年 12月 05日

使い捨ての紅皿





白磁の「紅皿」。

文字通り唇に紅をひく際に使う小皿です。直径6cm。


なんと使い捨てらしいです。

よく見るとそれも頷ける点がいくつかあります。


お皿の淵がギザギザ、裏は釉薬がたれているだけ。

作りが雑です。でもこれが良いところ。

そんな中にも何故か凝っている点も一つ。

写真では分かりづらいですが、裏には唐草模様がうっすら施されております。これが更に良いところ。


これを入荷したのは8年前。

数あったのですが、現在は手持ち2枚・・・。

「あいろく」の喫茶にて「用」を成しております。

昨日の記事で「箸置き」に見立てていたのがこの「紅皿」です。

8年間重宝しております。




使い捨ての紅皿_e0350308_7505427.jpg
使い捨ての紅皿_e0350308_750558.jpg


使い捨ての紅皿_e0350308_8164413.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-12-05 08:23 | 古道具