人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2019年 06月 30日

版画・墓場鬼太郎。




墓場鬼太郎の版画。

約4.5㎝×7㎝。

死んで墓場に埋められた母の腹を突き破り、自力で産まれ出た鬼太郎です。ひとコマをそのまま彫りました。

駄目で元々の思いで彫りましたが、自分では良く彫れた方だと思っております。



e0350308_12034908.jpg
e0350308_12040818.jpg



by airoku-fukusuke | 2019-06-30 12:30 | 版画 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 27日

赤白帽



赤白帽。

1960年代、昭和40年代くらいのものでしょうか。

小学生用にしては少し小さいか。

と、言いますのも2歳7ヵ月の我が娘が被って丁度良いくらいですので。



↓赤面。


e0350308_14034918.jpg


↓白面。

e0350308_14042807.jpg




↓こんな感じ。
赤白帽に昭和初期の牛革ランドセルを背負うのが最近のお気に入りの様子。
これに先日紹介しました「国防婦人会」の襷を掛けるとフル装備と言ったところか。

e0350308_14052030.jpg


↓レコード物色中。

e0350308_14060252.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-27 15:00 | 昭和レトロ | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 21日

刺し子。



刺し子縫いの野良着です。
明治くらいのものでしょうか?定かではありません。

相当に丁寧な刺し子が施されています。


僕自身、靴下やジーンズが破れかけた際には刺し子縫いで繕いますが、手先が不器用なのに加え、極度の面倒くさがりなのでこの野良着に施されているそれは相当に面倒な作業であったであろうと察しております。

故に、何時の何処の何方かは知る由もありませんが、この野良着に刺し子を施した方には深く感心しております。


e0350308_13010265.jpg



↓背面。

e0350308_13015267.jpg

e0350308_13031485.jpg

e0350308_13034313.jpg



↓この画像では分かりにくくて申し訳ありませんが、よく見ると斜めに線(模様)が入っているように見えます。

何故かと言うと、規則的に縦横に縫い目が入っているためです。
この面倒くさすぎる作業は僕には到底できませんし、する気もおきません。

e0350308_13091483.jpg



↓裏地を見たらそれが分かりやすいです。

e0350308_14583309.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-21 10:00 | 古道具 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 20日

即席の席



店内の隅に設置しておりました二人掛けの喫茶席。
その机が良きお客様の元へ嫁入り致しました。

開業以来ずっと店内に居座り続けた机です。

と、言いますのも何時からかは忘れてしまいましたが、途中から非売品にしていたので居座り続けるのも当然ですが。

二人掛け席が無くなってしまいました。
代わりになる「もの」もありません。

「喫茶化しつつある古道具屋」としましては一大事ですが、一先ず倉庫に幾つか余っていた茶箱に戦前の大きな鏡を天板に乗せただけの「即席の席」を設置致しました。

しばらくの間これでご勘弁くださいませ。

しかしキチッと決め込まなくてもなんとか形にはなったかと思ってます。
これくらいの「おおらか」さがあっても良いのかな、と。都合よく考えております。

しかし「おおらか」も悪くでると、単なる大雑把になるので気を付けねばなりませんね。



e0350308_14113873.jpg


e0350308_14115912.jpg



e0350308_14121718.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-06-20 10:00 | 喫茶 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 18日

19日休みます。+版画・大正漢方胃腸薬




6月19日水曜はお休み致します。


e0350308_12143282.jpg




大正漢方胃腸薬の紙袋を写して彫りました。
スーツの細かい水玉模様は、僕の腕ではとても彫ることができませんでした。


e0350308_12183050.jpg



by airoku-fukusuke | 2019-06-18 10:00 | 版画 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 16日

達磨さん



珍しく油絵を入荷しました。達磨の絵ですね。
かなり惹かれてしまったので、即決でした。

喫茶にてお盆に見立てようかとも考えましたが、油絵なので凹凸がある為やめておき、やはり立て掛けておこうと思います。

「あいろく」の店内にしっくり馴染んでくれることでしょう。



e0350308_15143372.jpg


e0350308_15152209.jpg







by airoku-fukusuke | 2019-06-16 16:00 | 古道具 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 15日

16日は開店が遅れるかも。+おさる。



16日の日曜は開店が少し遅れるかもしれません。



↓おさるの指人形。
「あいろく」では珈琲カップのコースターとして、極々たまーに出動しております。


e0350308_14174946.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-15 15:00 | 古道具 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 08日

本日は17時半まで。+ぽんた。




本日8日土曜は17時半までの営業です。


↓ぽんたは健在です。

e0350308_08472764.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-08 09:00 | 古道具 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 06日

何でもない蓋もの。



時代、作者、産地、用途。肩書きのない、何でもない木製の「蓋もの」です。

高さ約8.5㎝。

薄く漆が塗られており、一部剥がれてます。
内側には塗られてません。

おそらく、そんなに古くもないでしょうが、なんか良い佇まい。




e0350308_12222781.jpg
e0350308_12225654.jpg
e0350308_12235294.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-06 13:00 | 古道具 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 05日

柊の新芽。その後。




何度かお伝えしておりました柊の「吉兆の新芽」。

その後の経過ですが、すくすく育っております。
もう新芽ではなく、れっきとした「葉」に成長。

元の柊は限界と思いきや、まだ葉を散らさずに踏ん張ってます。

しかし葉の勢いや瑞々しさ、その差は歴然。


僕はもうすぐ43歳。
一般庶民としては、世が世なら平均寿命。

ふと思ったのですが、僕と2歳の娘が並んでいると端から見たらこの柊のように映っているのでしょうか?

しかしその新旧が一つの苔玉に共存している様がなんとも良いものですね。

最後は前向きに締めさせていただきました。

悪しからず。


↓しっかり葉っぱです。

e0350308_16501074.jpg



↓勢いの差は歴然。
e0350308_16511138.jpg


e0350308_16521990.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-05 10:00 | Trackback | Comments(0)