人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 18日

ふるちん人形


ふるちん人形。


幼子の悪ふざけを描写した置物でしょうか。「拳」くらいの大きさです。

まったく実用性がなく、遊び心で作られたのでしょうね。

とりあえず面白いのでお客様からも良い反応がちらほら。



ふるちん人形_e0350308_737937.jpg
ふるちん人形_e0350308_737990.jpg
ふるちん人形_e0350308_737942.jpg
ふるちん人形_e0350308_737961.jpg

安定感はないですが逆さまにも立ちます。

ふるちん人形_e0350308_737955.jpg
ふるちん人形_e0350308_737945.jpg


タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-11-18 07:46 | 古道具
2015年 11月 17日

珈琲のこと


珈琲のこと。


「東ティモール・マウベシコカマウ」在庫切れのためひとまず終了です。

今日から「エチオピア・モカイルガチェフェ」です。(さわやかで華やかな香りとキレの良い甘さがあります。)

一発目の焙煎は気持ち深く焼き過ぎました。←これはこれでコクがあって良い感じ(個人的な感想ですが)

次からはもう少し浅めにさわやかに焼きあがるようにがんばります。


珈琲のこと_e0350308_7191971.jpg
カップの受け皿に見立てているのは先日紹介の「木のおろし器」です。

こういうのもアリでしょうか?




# by airoku-fukusuke | 2015-11-17 07:33 | 喫茶
2015年 11月 16日

「カカポン」さん


cacapon(カカポン)さんのチョコレート入荷しました。


ちなみに入荷と言っても販売用ではございません。すみません・・・。

「あいろく」の喫茶にて珈琲に+130円で「大人のmilk」チョコを提供致します。


「カカポン」さん_e0350308_8204420.jpg

「カカポン」さんは「あいろく」と同じ八幡東区で工房兼販売店を営んでおられます。

カカオ豆から作る「本物」のチョコレートです。

お話を聞くと現状には全く満足しておらず、いろいろ頭を悩ませながら日々頑張っておられるようです。

「カカポン」さんをご存じない方はもちろん、すでにご存じでもまだ口にした事がないという方も是非この機会にご賞味くださいませ。


個人的には少しずつ、少しずつ深く味わいながらお召し上がりいただきたく思います。

「あいろく」の珈琲が「大人のmilk」の味を邪魔することが無いよう心して抽出したいと思います。



話は変わりますが、先月NHKの番組で「菜根譚」という中国明代末期の処世訓が紹介されていました。

その中で個人的に最も印象に残ったのが「拙」という言葉。文字通り「拙い(つたない)」という意味ですが、

不器用な人間は自らの「拙」をきちんと自覚しており、だからこそその欠点を克服するために正しい努力をすることができる。「巧み」を目指す必要はなく、不器用でも真っ直ぐ道を進めば良い。「真っ直ぐな拙」が本当に相手に伝わり、「拙の自覚が大きな可能性を開く」。と紹介されていました。


僕は若いころから自分の「欠点」を自覚しそれを受け入れここまで来たつもりでいますが、「受け入れた」だけで上にかいたような「正しい努力」はしてなかったように思います。反省します・・・。


話を戻しますが、「カカポン」さんはすでに「拙」を自覚し、しっかり「正しい努力」もされている。という印象を強く受けました。

僕も遅れ馳せながらそれを見習い「正しい努力」もしなければ。と思っております。



「カカポン」 : 八幡東区竹下町12-15(槻田市場付近)









# by airoku-fukusuke | 2015-11-16 09:12 | 喫茶
2015年 11月 14日

明日15日(日)休みます。

明日15日(日)休みます。_e0350308_9302969.jpg

15日仕入れのため休みます。

携帯からの投稿です。パソコンの調子が悪いので、更新をサボりがちになるかもしれません。すみません。

# by airoku-fukusuke | 2015-11-14 09:30
2015年 11月 12日

エナメル銅線


エナメル銅線。


新入荷ですが売り物ではありません。すみません。

「理研電線」と書いてあります。電線コードの中に通っている銅線でしょうか?


エナメル銅線_e0350308_7543125.jpg
エナメル銅線_e0350308_7543178.jpg

これが売り物ではなく備品である理由ですが、「あいろく」に何度もご来店くださる方はお気づきでしょうが、店内には至る所に「針金」が使われております。

「もの」を吊りさげたり、止めたりと「針金」は大変重宝します。

そして「銅線」はホームセンターで購入すると意外に値が高いです。


この「エナメル銅線」。何メートルあるのか分かりませんがこれだけの量があると、この太さのものは一生購入する必要がないかも・・・。とても良い買い物でした。



タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-11-12 08:43 | 古道具
2015年 11月 11日

あいすくりん終了


「あいすくりん」今年は終了いたしました。

今年の春からメニューに加わったこの「あいすくりん」。

「ごく一部」の方々には大変気に入っていただけたようです。

毎年「ごく一部」づつでも、そういう方が増えるよう願っております。

「珈琲ゼリー」「あいすくりん」共々、また来春にお会いしましょう。



あいすくりん終了_e0350308_744472.jpg


# by airoku-fukusuke | 2015-11-11 07:54 | 喫茶
2015年 11月 10日

スンコロク徳利


スンコロク徳利。(高5.5cm)


昨日に続き「スンコロク」の徳利です。1500年代くらいの明器でしょうか。


*明記 : 人が亡くなった際に一緒に埋葬するミニチュアの副葬品。


スンコロク徳利_e0350308_7552077.jpg
スンコロク徳利_e0350308_7552093.jpg

「李朝」風のふっくらと、ぽってりとしたどこか自然体に見える佇まい。そしてスパッと切られた高台がとても良い雰囲気。

これは昨日紹介しました新入荷の「小壺」とは違い購入から7年近く経つもので、お気に入りのものがこれだけの期間手元に残ると、もう「売れないでほしい」と密かに願うようになってきます。


といった具合に、いまだに僕の意識はなかなか商売に徹しきれませんが、これが「お店」にとっては一概に悪い事とは言えず、良い効果(雰囲気)を生み出しているようにも思えます。

本当に難しいですね・・・。












タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-11-10 08:50 | 古道具
2015年 11月 09日

スンコロク小壺


スンコロク小壺。(高4.5cm)


新入荷です。

タイの1500年代くらいの小ぶりの小壺。

お店をするにあたって、こういう佇まいの小ぶりの壺はいくらあっても良いです。

花を活けるセンスがなく、専ら「一輪挿し」の僕には打って付け。



スンコロク小壺_e0350308_7471526.jpg
スンコロク小壺_e0350308_7471581.jpg
スンコロク(宋胡録) : タイ国で14世紀以降に焼かれた陶磁器。


タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-11-09 08:01 | 古道具
2015年 11月 08日

上野焼の「花器」


上野焼の「花器」。(高22cm×口径31cm)


江戸後期のもの。大きめで重量もあります。

ただ底から水漏れがあります。

修繕を試みたのですが、ヒビが入った部分以外からも広範囲で「漏れ」があり、上手くいかなかったため元の状態に戻す羽目になってしまいました。

しかし、口にちょうど500mlのペットボトルがはまりますので、なんとか「花器」として機能すると思います。



上野焼の「花器」_e0350308_7301128.jpg
上野焼の「花器」_e0350308_7301265.jpg
上野焼の「花器」_e0350308_7301217.jpg
上野焼の「花器」_e0350308_7301261.jpg
上野焼の「花器」_e0350308_7301256.jpg

ご覧頂のように大きな「欠け」があり、「釉薬」もボロボロと剥がれておりますが個人的にはその「朽ち」加減がたまりません。

ただ修繕できなかったことに悔いが・・・。








タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-11-08 07:48 | 古道具
2015年 11月 07日

真鍮の筒


真鍮の筒。(長32cm×口径4cm)


旧日本軍の書類入れらしいです。

しっかりとした真鍮製。重要な書類が保管されていたのでしょう。


真鍮の筒_e0350308_7272876.jpg
真鍮の筒_e0350308_7272829.jpg
真鍮の筒_e0350308_7272812.jpg
真鍮の筒_e0350308_7272868.jpg


これは購入から7年程経ちます。

「超」お気に入りなので売れ残ってもまったく「苦」にはなりません。

「金属もの」恒例になっておりますが、たまに「掌」で撫でまわしてやる日々。



小学校の卒業証書を貰った時を思い出してください。

アホな男子が意味もなく「筒」の蓋をあけてその「音」を鳴らして遊んでいたと思います。

この「真鍮の筒」はそれよりも更に良い「音」が鳴りますので、ほんの少しだけ童心にかえれる気がします。

タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-11-07 07:47 | 古道具
2015年 11月 06日

「木」のおたま


「木」のおたま。(長37cm)


新入荷です。

昨日に続きかつての台所用品。

木製の穴あきおたま。

煤けていて、とても良い雰囲気。しかし大きな欠けとヒビ割れがあります。



「木」のおたま_e0350308_7391669.jpg
「木」のおたま_e0350308_7391611.jpg
「木」のおたま_e0350308_7391637.jpg

「この朽ちた姿がたまらない。」という方もきっといるはず。

オブジェ以外の使い方を模索中です。



# by airoku-fukusuke | 2015-11-06 07:50 | 古道具
2015年 11月 05日

「木」のおろし器


「木」のおろし器。(長24cm×横12cm×厚1.7cm)


新入荷です。

文字通り木製で、「おろしがね」ならぬ「おろし木」です。

木の突起部は2本程抜けています。


「木」のおろし器_e0350308_736155.jpg
「木」のおろし器_e0350308_736196.jpg
「木」のおろし器_e0350308_736148.jpg


これもかつての役目を終え、現在の日常生活にとっては不必要なものに。

しかしながら店内ではとても雰囲気の良い立派な「オブジェ」になっております。


いつものように「茶托」や「盆」として使えなくもないかな。と思っていて、結構気に入っております。


# by airoku-fukusuke | 2015-11-05 07:51 | 古道具
2015年 11月 04日

けしごむはんこ


一昨日彫り終えた「けしごむはんこ」。



以前であれば1~2日で彫れたのでしょうが、最近「腕」が落ちたので5~6日掛かってしまいました。

このはんこは「ほとりの商店街」へ出品用に彫りました。



「ほとりの商店街」とは12月4・5・6日の(金・土・日)に八幡東区河内の「ほとりの商店」さんにて行われる催しです。

ちなみに僕は「けしごむはんこ」と「古い紙もの」を出品することになっております。



けしごむはんこ_e0350308_7365773.jpg

宜しくお願い致します。




余談ですが数日前に「ふくすけ」が僕のスリッパの上に「ゲ○」を吐いてました。

その「ゲ○」の中にはゴキブリの破片がたくさん・・・。季節が秋に変わっても、やつはまだ「ゴキ」を食べているようです。


# by airoku-fukusuke | 2015-11-04 07:56 | けしごむはんこ
2015年 11月 03日

カンボジアの板仏


カンボジアの板仏。(高12.7cm)


文字通りカンボジアの板状の「仏」だそうです。

鋳物です。


カンボジアの板仏_e0350308_7454289.jpg
カンボジアの板仏_e0350308_7454236.jpg

購入時は上の写真より、もっと「柄」が煤けてぼやけていました。

そこで、金属ものを購入した際の定番になっておりますが、1~2時間程、掌で撫でまわした結果「柄」がクッキリ浮かび上がってきました。


これも日常生活にはまったく必要のないものですが、こんなものを有り難がっております。




# by airoku-fukusuke | 2015-11-03 07:57 | 古道具
2015年 11月 02日

ひばり鏡


ひばり鏡。(縦15.3cm×横10.3cm×厚7mm)


新入荷です。

葉書サイズの卓上鏡。


ひばり鏡_e0350308_8194126.jpg

こういう平たい形状のものを見ると、何でも茶托や盆に見立てようとする癖が直りません。

とは言うものの、毛頭直す気はありませんが・・・。


ひばり鏡_e0350308_8194129.jpg

そして裏面が「美空ひばり」さんです。


ひばり鏡_e0350308_8194194.jpg



余談ですが昨日休みを取り、嫁さんに連れられて、劇団「ヨーロッパ企画」の第34回公演「遊星ブンボーグの接近」という文房具コメディー(舞台)を見に行きました。

昨年秋にも同劇団の「ビルのゲーツ」も見に行きましたが、やはりこの劇団の「ゆるーい」世界観はとても楽しいです。(映画も含めて4~5作品しか見た事がない僕が語るのは大変おこがましいですが・・・・)

毎年見に行ってもいいかな。と思いました。←これも生意気言ってすみません・・・。


まだ御存じない方は騙されたと思って、是非1度御覧になられては?と思います。

個人的には「超」おススメです。






# by airoku-fukusuke | 2015-11-02 08:50 | 昭和レトロ
2015年 11月 01日

紙のランドセル


紙のランドセル。(高27cm×横24cm×奥14cm)


昭和初期くらいのものでしょうか。

一見金属に見えますが、文字どおり紙でできたランドセルです。



紙のランドセル_e0350308_7542380.jpg
紙のランドセル_e0350308_7542333.jpg
紙のランドセル_e0350308_7542424.jpg
紙のランドセル_e0350308_7542411.jpg


蝶番や鋲は鉄製です。↓

そして紐部分の「繕い」が何気に「味」を醸し出しているように思います。

紙のランドセル_e0350308_754248.jpg

よく見ると紙を何重にも重ね合わせているのが分かります。

紙のランドセル_e0350308_7542481.jpg

この「ランドセル」を購入したのが13年前。

即ち「あいろく」開業から7年半の間、ずーっと店内に居座っているものです。

改めて店内を見渡すと、そういった「もの」も残り僅かになってきました。








# by airoku-fukusuke | 2015-11-01 07:53 | 古道具
2015年 10月 31日

明日11月1日お休みします。

 
明日11月1日(日) : お休みいたします。


明日11月1日お休みします。_e0350308_7435350.jpg

タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-10-31 07:46 | ふくすけ
2015年 10月 30日

福助 と ふくすけ


福助 と ふくすけ。


まずは「福助人形」。

この「福助人形」に見覚えがあるという方もいらしゃると思います。

これは僕が「魂」を売った日。6月30日の当ブログ最初の投稿記事に御挨拶と共に載せた「福助」です。

昭和初期~20年代くらいの「福助」でしょうか?

肌の剥がれ具合。何処となく哀愁漂う表情。朽ち加減が絶妙で「超」お気に入りの品です。

イベントに出店する際には必ずと言っていいくらいこの「福助」を連れて行きます。



福助 と ふくすけ_e0350308_820023.jpg
福助 と ふくすけ_e0350308_820065.jpg

ちなみに「福助」が収まっているこの箱は、朽ちた「長火鉢」を立てかけたもの。

朽ちたもの同士非常に相性がよくて、もう半年以上はここに収まっております。




そして「福助」に噛み付く「ふくすけ」。


福助 と ふくすけ_e0350308_8214121.jpg

この写真は2年前の7月17日、「ふくすけ」が去勢手術をする前日のものです。

「ふくすけ」が男の子だった最後の日・・・。


# by airoku-fukusuke | 2015-10-30 08:46 | 古道具
2015年 10月 29日

マッチ下敷き


マッチ下敷き。


何かの付録だと思います。

材質はプラスチックではなく、ペラペラの厚紙のようなものです


マッチ下敷き_e0350308_7231174.jpg

余談ですが、僕が生まれて初めて興味を抱いた芸能人は「マッチ」で、テレビに映る「ブルージーンズ・メモリー」を歌う「マッチ」の姿にシビれていた5歳でした。

でも現在は「トシちゃん」派です。すみません・・・。

この先、再び「トシちゃん」「マッチ」お二人の共演が実現することを願っております。



ちなみにこの「下敷き」の裏面は「聖子ちゃん」です。おそらく気付いていないお客様も多いはず。


マッチ下敷き_e0350308_7231177.jpg






# by airoku-fukusuke | 2015-10-29 07:42 | 昭和レトロ
2015年 10月 28日

へんなコルク栓


へんなコルク栓。(長10cm)


太めの木の枝に顔を彫ってあります。ドイツのものらしいです。

単なる「コルク栓」にこの遊び心が良いですね。

撮影時に光を当て過ぎました。少し見えづらいですが・・・。


へんなコルク栓_e0350308_8273590.jpg


へんなコルク栓_e0350308_8273581.jpg

新入荷です。ちょっと面白かったので購入しました。






# by airoku-fukusuke | 2015-10-28 08:37 | 古道具
2015年 10月 27日

ちいさなブリキのやかん


ちいさなブリキのやかん。 



新入荷です。

タイトル通りの本当に小ぶりのやかん。

高さが4.5cm。 取っ手までの高さが9cm。 口径が4.8cm。 容量100ccです。

残念ながら蓋がありませんがとても良い佇まい。

ミルクピッチャーにちょうど良い大きさです。



ちいさなブリキのやかん_e0350308_7344121.jpg
ちいさなブリキのやかん_e0350308_7344174.jpg
ちいさなブリキのやかん_e0350308_7344176.jpg

「あいろく」の喫茶部門ではミルクを使う機会がないので、「一輪挿し」に使うことに。


ちいさなブリキのやかん_e0350308_7344158.jpg
ちいさなブリキのやかん_e0350308_7344152.jpg

蓋がないのは残念なのですが、逆に蓋がなく「不完全」であった事で僕の手元に来たのだと思います。

完全な状態であれば、おそらく他の方に買われていたでしょう。


昨日の「たれお」同様、これも何かの「ご縁」。当店で大活躍すること間違いなしです。
タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-10-27 07:53 | 古道具
2015年 10月 26日

11月のお休み予定。+ たれお


11月のお休み予定。+ たれお。


*11月1日(日) : 休みます。

*11月14日(土) : 仕入れのため(未定)。

*11月28日(土) : 若松「ベラミ市」出店のため休みます。

*11月29日(日) : 仕入れのため(未定)。



11月のお休み予定。+ たれお_e0350308_651763.jpg
上の写真は我が家に迷い込んできて5日後の「ふくすけ」。


首輪をしていて、やたらと人懐っこかったので近所で飼われていたのでしょう。

風邪をひいて鼻を垂らしており、可哀想なので飼い主が現れるまで、ひとまず保護しておくことにしました。

そして保護期間中だけでもと、仮の名で「たれお」と呼んでいました。上はその「たれお」時代のものです。


それからいろんなことを割愛しますが、ご近所の「カフェゆるり」さんなどの助けもあり、「たれお」が迷い込んできた日が偶然にも僕の誕生日でもあったので、これは何かの「ご縁」と思い我が家で飼うことになりました。(拾得物の届け出をし、ご近所にチラシを配りましたが、元の飼い主さんが現れなかったので)


そして鼻たれの「たれお」から「ふくすけ」に名を変え現在に至ります。

既にご存じの方もいらっしゃるでしょうが、今や「ふくすけ」の体重は「たれお」時代の3倍です・・・。







タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-10-26 07:34 | ふくすけ
2015年 10月 25日

酒屋の道具


酒屋の道具。


新入荷です。

ブリキ製。一升瓶を提げて持ち歩くための道具でしょうか。面白いので購入しました。

「廣島内海酒造株式会社三原」 金水(キンスイ)とあります。「金水」というお酒の銘柄でしょうね。


酒屋の道具_e0350308_7514693.jpg
酒屋の道具_e0350308_7514633.jpg
植物を設えて、ぶら提げたりしても良いかと思いました。
タグ:

# by airoku-fukusuke | 2015-10-25 07:54 | 昭和レトロ
2015年 10月 24日

明日25日休みます。


明日10月25日(日) : 仕入れのためお休みします。


明日25日休みます。_e0350308_7453412.jpg
今日のはんこ : 水木しげる自伝(中)より、戦地から帰ってきた水木さん。


# by airoku-fukusuke | 2015-10-24 07:46 | けしごむはんこ
2015年 10月 23日

明日24日休みます。


明日10月24日(土) : 小倉井筒屋クロスロードでのイベント出店のため、店舗営業はお休みします。


明日24日休みます。_e0350308_730980.jpg
明日24日休みます。_e0350308_7301085.jpg

門司港の「bion」さんの相方として参加させていただきます。

僕たちは13時30分~15時の1時間半の持ち時間なので「あたふた」したまま「あっ」と言う間に終わってしまいそうです。

屋外で珈琲を淹れるのは自身初めてのことで、なおかつ初の紙コップでの提供なので不安ばかりですが、なるべく「あたふた」しないように、そして「bion」さんや周囲に迷惑をかけないように、許される限りのんびり楽しくできればと思います。



# by airoku-fukusuke | 2015-10-23 07:44
2015年 10月 22日

けしごむはんこ


けしごむはんこ。


昨日彫り終えました。水木しげるさんの「白い旗」より。

けしごむはんこ_e0350308_840625.jpg

最近「はんこ」の紹介が多くてすみません。



昨日、初ご来店のお客様が2組。八幡東区大蔵の「mama福」さん夫妻と「光タクシー」の社長さん。

それぞれから、大変面白く良いお話を聞くことが出来て楽しかったです。


内向的な僕なので、いずれも「あいろく」を開業いていなければ出会うことが無かったであろう方々で、もっと言うと「あいろく」のお客様のほぼ100%がそういう方々です。

お店を初めて、そして続けていて良かったと感じる瞬間です。









# by airoku-fukusuke | 2015-10-22 09:04 | けしごむはんこ
2015年 10月 21日

瓦片と鉛弾


瓦片と鉛弾。


いつものように実用性はまったくありませんが、良く言えば「オブジェ」として、ちょっとした「間」を埋めてくれるのに役立っております。

ほとんど目立たないのですが、こういう存在って何気に助かります。


瓦片と鉛弾_e0350308_8374580.jpg

瓦片(津山城跡)。これまたいつものように少しだけ調べてみたら。


津山城(鶴山城) : 岡山県津山市にあった日本の名城。城跡は国の史跡に。
           1441年に美作国の守護大名だった山名教清が鶴山城を築いたのが最初で1467年応仁の乱で廃城に。
           1603年森忠政が着手し津山城に改名。1809年に火災で本丸焼失。 とありました。

なのでこの「瓦片」は1603~1809年の間のものでしょうか。


瓦片と鉛弾_e0350308_8374534.jpg


そして鉛弾。

小指の先くらいの大きさです。鉛の弾なので明治初期くらいのものでしょうか?

ひょっとしたら西南戦争なんかで使われた「弾」だったりして・・・。と妄想してみたり。


瓦片と鉛弾_e0350308_8374536.jpg


地味で目立たなくても居てくれたら助かる。擬人化してみると、何か貴重な「物」に思えます。









# by airoku-fukusuke | 2015-10-21 09:09 | 古道具
2015年 10月 20日

けしごむはんこ


けしごむはんこ。


これも「月刊漫画ガロ」の中から、挿絵部分を彫ってみました。

美しい女性の挿絵です。

彫り応えがありました。やはり彫る「腕」が落ちているよう・・・。


けしごむはんこ_e0350308_7425332.jpg




# by airoku-fukusuke | 2015-10-20 07:48 | けしごむはんこ
2015年 10月 19日

李朝の茶托


李朝の茶托(径12cm×高4cm)。


先日「ほうじ茶」を紹介した際の「茶托」です。

「茶托」なのか「祭器」なのか定かではありませんが、とにかく「木の皿」です。



李朝の茶托_e0350308_7404799.jpg
李朝の茶托_e0350308_7404738.jpg
李朝の茶托_e0350308_740473.jpg
李朝の茶托_e0350308_7404779.jpg

古く見せるように「人工的」に「塗料」が塗られていない事。そして200年程経つ古いものなので、「欠け」などはありますがこれがむしろ「健康的」で良いと思います。


ちなみに「健康的」という表現は京都「幾一里」の「A」さんの受け売りです。

以前「幾一里」さんにお邪魔し、お話を聞かせていただいた際に印象に残った表現でした。

「A」さん曰く、最近は「健康的」なものが本当に少なくなった。と嘆いておられました。

すなわち古いもの(特に木工品)のほとんどが「人工的」に、変に手が加わっている。との事です。



確かにそう思います。古い木工家具なんかは、そのほとんどが「健康的」ではなく購入を断念することが多いように思います。
(「健康的」でない物の中にも自分の許せる範囲のものは購入しておりますが・・・。)


古道具のことを表現する際に、この「健康的」という表現は自分の中にとても浸み入ってきたので、これからもガンガン受け売りさせていただこうと思っております。すみません。
















# by airoku-fukusuke | 2015-10-19 08:23 | 古道具
2015年 10月 18日

ジュラルミン皿


ジュラルミン皿(径15.5cm)。


これを購入したのが11年程前。昨年春までアルミニウムと思って使ってましたが、どうやらジュラルミンだったようです。

茨城からご来店された同業者の先輩「N」さんが教えてくださいました。

*ジュラルミン : アルミニウム、マグネシウム、銅などによるアルミニウム合金の一種。*
ジュラルミン皿_e0350308_7595940.jpg
裏面↓。

ジュラルミン皿_e0350308_7595943.jpg
この簡素なデザインがたまりません。

「あいろく」開業以来、最も活躍している「喫茶道具」です。

主に珈琲カップの受け皿として活躍してきました。


ジュラルミン皿_e0350308_759591.jpg
ジュラルミン皿_e0350308_759597.jpg
ジュラルミン皿_e0350308_759599.jpg
そしてピタッと収まるこの感じが重ねてたまりません。↑



当初は全部で7枚ありましたが開業して間もなく2枚が嫁入り。

残りの5枚は「喫茶道具」として必要なので非売品としておりましたが、欲しいと熱望されるお客様に1枚・・・。そして昨年春にもう1枚・・・。と泣く泣く嫁入りさせてしまい、手元にはもう3枚しか残っておりません。

もう限界です。何が何でもこの3枚は守りぬこうと思います。

連日の「非売品」の紹介になって申し訳ありませんでした。



# by airoku-fukusuke | 2015-10-18 08:29 | 古道具