人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オブジェ? ( 165 ) タグの人気記事


2019年 12月 16日

藁の野良着?+マシュマロ……。



先日の「別府なんでも蚤の市」での一番の収穫です。

藁と布でしっかり編み込まれた野良着。

僕は相変わらず無知ですので、何と書いて良いか分かりませんでした。これは「野良着」で合っていますかね?

どうであれ寒い地方のもので子供用です。

現代の日常には何の「用」もないものですが、こういうものが命にとって大事なのだそうな。


藁の野良着?+マシュマロ……。_e0350308_13011035.jpg
藁の野良着?+マシュマロ……。_e0350308_13013611.jpg
藁の野良着?+マシュマロ……。_e0350308_13020508.jpg
藁の野良着?+マシュマロ……。_e0350308_13025657.jpg



そしてもう4年近く立ち寄れていなかった大分・中津の珈琲専門喫茶店「マシュマロ」。

別府からの帰りの道中、久しぶりに立ち寄れると楽しみに意気込んでいました。

扉に張り紙が…。

何と運が悪い事。定休日かと残念がりながらそれをよく見ると…。


「9月25日をもって閉店いたしました。47年間ありがとうございました。」

少し衝撃があり頭痛がしてきました。

ここ数年間の中で一番満足感ある仕入れができた上、明礬温泉で疲れを癒して来たと言うのに頭痛がしてきました。

改めて「当たり前」はないのだと痛感しました。


↓何年か前に一つ持ち帰っていた「マシュマロのマッチ箱」。
大事に保管しておこうと思います。

藁の野良着?+マシュマロ……。_e0350308_13160753.jpg
藁の野良着?+マシュマロ……。_e0350308_13162734.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-12-16 13:30 | 古道具
2019年 12月 09日

本日は17時まで。+早稲田大学卒業アルバム。



本日9日(月)は17時までの営業です。

度々、営業時間を変更してしまい、申し訳ありません。



↓1932年早稲田大学法学部の卒業アルバム。

表紙はなかなか傷んでますが、中身は良い状態が保たれているようです。
興味ある方は暇潰しに、パラパラとご覧ください。

本日は17時まで。+早稲田大学卒業アルバム。_e0350308_12184742.jpg
本日は17時まで。+早稲田大学卒業アルバム。_e0350308_12191476.jpg
本日は17時まで。+早稲田大学卒業アルバム。_e0350308_12194116.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-12-09 12:14 | 古道具
2019年 12月 07日

本日は17時半まで。+土器。




本日7日(土)は17時半までの営業です。



↓中国・漢時代の土器。2000年くらい前のものですかね。


本日は17時半まで。+土器。_e0350308_12075630.jpg
本日は17時半まで。+土器。_e0350308_12082495.jpg
本日は17時半まで。+土器。_e0350308_12085382.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-12-07 12:04 | 古道具
2019年 12月 02日

国防婦人会の旗印の先端。



旗本体はありませんが、旗印の先端。真鍮製です。

単なる球体ではなく三面に面取らたもので、各面に「国・防・婦」の文字があります。

割りと珍しいのではないでしょうか。


この旗印の下で襷をかけ、竹槍や消防訓練等が行われていたのでしょう。

昨日に続き、あの少年「変人の卵」に見せてあげたい思いです。



国防婦人会の旗印の先端。_e0350308_13061128.jpg
国防婦人会の旗印の先端。_e0350308_13063055.jpg
国防婦人会の旗印の先端。_e0350308_13065528.jpg
国防婦人会の旗印の先端。_e0350308_13071716.jpg
国防婦人会の旗印の先端。_e0350308_13073679.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-12-02 13:10 | 古道具
2019年 11月 30日

本日は17時半まで。+お犬人形。



本日30日(土)は17時半までの営業です。



お犬人形。

↓下の画像右の「捨て猫のような人形」はこれまでも何度かご紹介させて頂きましたが、これはその「犬版」です(画像左)。

毛は薄汚れてはいません。そして動きます。(捨て猫人形は残念ながら動きません)

これが、なんとも愛くるしい動きをしてくれます。
3歳の娘は大爆笑しておりました。


本日は17時半まで。+お犬人形。_e0350308_12300594.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-11-30 12:35 | 昭和レトロ
2019年 11月 11日

シーサー瓦。



直径約10.5㎝。

店内にまた「顔もの」が増えました。


シーサー瓦。_e0350308_12175077.jpg
シーサー瓦。_e0350308_12182011.jpg
シーサー瓦。_e0350308_12184049.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-11-11 12:30 | 古道具
2019年 10月 27日

柊、逝く。+マン盆栽。



今春に何度か紹介しました「柊」が逝ってしまいました。

吉兆の新芽もぐんぐん成長していたのですが、ある日新芽の葉が他の枝に引っ掛かってしまい1枚だけちぎれてしまいました。

それを境に「あっ」という間にすべてが枯れてしまいました。


その後、苔玉には水を与え続けていたら、かいわれのような雑草が幾つか伸びて、茸のようなものが生えてきました。

苔玉を只では死なせまいと思い出した「マン盆栽」。
僕は2002年くらいに盆栽を始めようと思い、近所で苔を剥がしとり育てておりましたが、部屋の中ではまったく育たず簡単に断念しました。

その時に購入していたミニチュアのフィギュアを捨てずに保管していたので、この苔玉にあしらってみました。

もう一度「マン盆栽」に挑戦してみたくなりました。


柊、逝く。+マン盆栽。_e0350308_13292083.jpg
柊、逝く。+マン盆栽。_e0350308_13293509.jpg
柊、逝く。+マン盆栽。_e0350308_13295500.jpg
柊、逝く。+マン盆栽。_e0350308_13301043.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2019-10-27 11:00
2019年 10月 01日

2019年版ふくすけ玉。



今年も「ふくすけ玉」が完成しました。

「ふくすけ玉」をご存知ない方の為にご説明致しますと、2013年6月に首輪をつけたまま、鼻をたらし、右足を引きずり我が家に迷い込んできた愛猫「ふくすけ」(保護をした当初は「たれお」という仮名をつけておりました。現在でも行き付けの動物病院では「たれお君」と呼ばれております)の毎年春から秋にかけての盛んに抜ける毛を集め丸めた玉の事です。


2014年からなんとなく毛繕いがてら丸め始めたのですが、3年目の2016年から本腰をいれ、1年に1個作っております。

僕も丸め慣れてきたのか年々玉は大きく仕上がっております。


「あいろく」の良きお客様である理学博士(動物の生態学と集団遺伝子学専門)山根先生の著者「ねこの秘密」にこう書かれてました。

飼い猫の長寿世界記録はアメリカの「クレームパフ」という名のメス猫で1967年8月3日~2005年8月6日まで38年と3日間生きた猫がいるそうです。

それまでの記録は1935年から青森県で飼われ始めた「よも子」という名の、これもメス猫が36歳まで生きたそうです。。


「ふくすけ」はこの秋で7歳になりました。
僕は「ふくすけ玉」をあと31個は作りたいと願います。

それまでに僕自身が先にくたばってしまいそうですがね。





2019年版ふくすけ玉。_e0350308_14453509.jpg



↓2019年版は直径約9㎝。
2019年版ふくすけ玉。_e0350308_14455271.jpg




↓「あいろく」で使っている珈琲カップと比較するとこれくらい。
2019年版ふくすけ玉。_e0350308_14464428.jpg




↓右から古い順に2016年~2019年版。年々大きく仕上がってます。
2019年版ふくすけ玉。_e0350308_14461052.jpg


2019年版ふくすけ玉。_e0350308_14465865.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-10-01 15:00 | ふくすけ
2019年 08月 31日

本日は17時半まで。+ぽんたとおねこ。



本日31日(土)は17時半までの営業です。



本日は17時半まで。+ぽんたとおねこ。_e0350308_12074580.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-08-31 12:05 | 古道具
2019年 08月 05日

戦中の帽子。



戦中のおそらく子供用の帽子。

物資不足が窺える帽子です。

布切れのカス等を集め、圧縮して生地にしているものでしょう。

現在で言うリサイクルですかね。

天然で迷彩色になってます。

中の型はボール紙、生地自体もかなり脆いもので、とても使用には耐えられないでしょう。

が、しかし昨夏のこと。

確か名古屋から来たという、お洒落な若い青年が実際に着用すると言い、4つあるうちの1つを購入されました。

使用に耐えられたでしょうか?

ちなみに他の3つは売れてゆく気配は全くありません。

とても良い佇まいであるのでオブジェとしては用がありそうです。



戦中の帽子。_e0350308_14330211.jpg
戦中の帽子。_e0350308_14333199.jpg
戦中の帽子。_e0350308_14343719.jpg
戦中の帽子。_e0350308_14350593.jpg
戦中の帽子。_e0350308_14352927.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-08-05 14:50 | 古道具