人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:喫茶道具 ( 86 ) タグの人気記事


2019年 12月 23日

白磁の土瓶。



白磁の土瓶。容量250cc くらい(満水時)。

産地は不明ですが、有田か何処か九州のものであろう。とのこと。

時代は戦前か戦後か定かではありませんが、昭和のもの。

注ぎ口に僅かなほつれがありますが使用するには問題ないようです。水切れも良いですし。
ツル(取っ手)は薄っぺらい竹に白いビニールのような、プラスチックのような紐が巻き付けられてました。

下の写真はその紐を剥がして銅線を巻き付けたものです。
なので使用するうちに銅の色が落ち着いてくると思います。そう時は用さずに。






白磁の土瓶。_e0350308_13054186.jpg
白磁の土瓶。_e0350308_13060941.jpg
白磁の土瓶。_e0350308_13063581.jpg








by airoku-fukusuke | 2019-12-23 13:20 | 古道具
2019年 12月 11日

李朝・白磁灯火器。



李朝の白磁灯火器。火を灯す器です。


以前も同じものを持っておりましたが、これは先週の仕入れものです。

現在、店内の畳席に設置し、お客様がその席に座られた時のみ火を灯してます。

改めて火の灯りの「良さ」を感じます。
これに照らされたお冷やグラスやプリンは何とも良い雰囲気を醸し出してます。



李朝・白磁灯火器。_e0350308_13513453.jpg

↓蓋部分に少しほつれとニュウがあります。


李朝・白磁灯火器。_e0350308_13520215.jpg
李朝・白磁灯火器。_e0350308_13523535.jpg





by airoku-fukusuke | 2019-12-11 14:00 | 古道具
2019年 10月 08日

白薩摩・油壺。



6月以来、久々に仕入れに行ってきました。


大変気に入っております、白薩摩の油壺(江戸期)。
高さ9㎝。容量260cc(満水時)。


白薩摩は以前大正期の煎茶器を持っていましたが、そして現在も明治期の抹茶碗は「あいろく」喫茶にて使用中ですが、それらと比べても特に肌の質感が、佇まいが大変気に入っております。内側から油が良い具合に沁みているためでしょうね。

幸い臭いも無いので喫茶にて、ほうじ茶の二煎目を供する徳利に見立て使ってみようと思います。

くどくて申し訳ありませんが、大変気に入っております。


仕入れの数は少ないものの、これを購入できた事に満足です。やはり仕入れは楽しいですね。

現状は「喫茶化しつつある古道具屋」ですが、双方を平行して行けるよう、頑張らずに頑張ろうと思います。



白薩摩・油壺。_e0350308_12214307.jpg
白薩摩・油壺。_e0350308_12220327.jpg





by airoku-fukusuke | 2019-10-08 12:50 | 古道具
2019年 09月 06日

坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。



坂本牛乳の瓶。容量は180cc 。

毎年8月に必ず来店してくださる、京都で「昭和レトロもの」を中心に取り扱う古道具店を営む(現在は建物の老朽化で店舗経営は中断しているそう)「Uさん」から頂きました。

坂本牛乳は岡山にあった販売店で、昭和30年代に廃業したのだそう。その訳は後の画像を見ていただけたら一目瞭然です。


坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。_e0350308_12100036.jpg


坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。_e0350308_12093644.jpg



無断でこの絵柄を使用していたようです。

そういう訳もあり、この瓶はマニアの間では人気が高いそうです。
「Uさん」寄贈してくださりありがとうございます。大事に使って行きたいと思います。


そこでこの瓶で珈琲牛乳を淹れて飲んでみました。
来年の夏にはメニューに加えてみようか、どうしましょうか。



坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。_e0350308_12164404.jpg
坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。_e0350308_12171522.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-09-06 12:30 | 昭和レトロ
2019年 09月 05日

プリンシェイク。もしくはプリンセーキ。



「あいろく」開店当初は牛乳関連の喫茶メニューがありました。そして1~2年で除外しました。

なぜなら、当店は圧倒的に客数が少なく、牛乳を廃棄してしまう事が殆んどであったからです。


それはさておき、「プリンシェイクもしくはプリンセーキ」。
冷凍したプリンを牛乳と攪拌しただけのものですが、昨日1個だけプリンが売れ残ったので作りました。

とても有難いことに、最近はインスタギャルの影響もあってか、(この場合のギャルとは二十歳前後の若い娘さんの事をひと括りにこう呼んでます。ご了承ください。)プリンが売れ残る事が少なくなりましたが、残った時のみ限定でメニューに加えても良いかとも思っております。

我慢して2個だけ売らずに残しているこの「赤ちゃんコップ」の出番もつくってあげたいですし。


プリンシェイク。もしくはプリンセーキ。_e0350308_13062751.jpg
プリンシェイク。もしくはプリンセーキ。_e0350308_13065681.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-09-05 13:00 | 喫茶
2019年 09月 02日

怪傑アンパンマン+版画。




大人向けのアンパンマン、「怪傑アンパンマン(2013年復刻版)」入荷しました。

1977年当時に刊行されたものの完全復刻版です。


僕が「怪傑アンパンマン」の存在を知ったのは今から12年前のことですが、それ以来ずっと読んで見たかったものです。

現在のアンパンマンしか知らない方にとっては、アンパンマンが逮捕される等、少々衝撃的な場面もありますが、それには「わけ」もあります。

商品ではありませんが、店内に設置してますので、喫茶をご利用でご興味ある方はご自由に閲覧ください。


そして早速版画を2個彫りました。


怪傑アンパンマン+版画。_e0350308_13392179.jpg


怪傑アンパンマン+版画。_e0350308_13394715.jpg



by airoku-fukusuke | 2019-09-02 13:50 | 版画
2019年 07月 13日

本日は17時半まで。+衣笠。



本日7月13日(土)は17時半までの営業です。



↓衣笠湯飲み。珈琲ミルの受け皿として大活躍中です。

本日は17時半まで。+衣笠。_e0350308_12021992.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-07-13 12:05 | 古道具
2019年 06月 15日

16日は開店が遅れるかも。+おさる。



16日の日曜は開店が少し遅れるかもしれません。



↓おさるの指人形。
「あいろく」では珈琲カップのコースターとして、極々たまーに出動しております。


16日は開店が遅れるかも。+おさる。_e0350308_14174946.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-06-15 15:00 | 古道具
2019年 05月 10日

三田焼 猪口。



兵庫県三田(さんだ)の志手原(しではら)焼の猪口。もしくは玉露用の湯呑みかもしれない。とのことです。

幕末~明治初期くらいのものだそう。

高さ2.8㎝。容量は満水で20cc 程で、これまたなんとも愛くるしいものです。

素朴な呉須の絵付けが、さらに愛くるしい。

先日から「愛くるしい」を連発して申し訳ありません。語彙力がないものでして。


これだけ小ぶりだと用途がなさそうですが、「あいろく」では喫茶にてミルクピッチャーか、これからの季節はガムシロップ入れとして使い、様子を見てみたいと思います。



三田焼 猪口。_e0350308_13044798.jpg
三田焼 猪口。_e0350308_13050391.jpg
三田焼 猪口。_e0350308_13052572.jpg
三田焼 猪口。_e0350308_13054376.jpg

普段「匙置き」として使っている「赤ちゃん人形」と比較するとこんな感じ。↓

三田焼 猪口。_e0350308_13074665.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-05-10 10:00 | 古道具
2019年 04月 20日

真鍮の獅子




真鍮の獅子。

尾先までの高さ3.8cm 。重さは28g。

これは真鍮製香炉の折れた蓋の「つまみ」です。

獅子といっても、その顔は勇ましいものではなく、惚けた愛らしい顔をしております。

「あいろく」に来たからには当然、「菓子切り、スプーン置き」に見立てられ、活躍してもらうことになります。



真鍮の獅子_e0350308_12150445.jpg
真鍮の獅子_e0350308_12152925.jpg
真鍮の獅子_e0350308_12155531.jpg
真鍮の獅子_e0350308_12161626.jpg
真鍮の獅子_e0350308_12164266.jpg
真鍮の獅子_e0350308_12171079.jpg





by airoku-fukusuke | 2019-04-20 12:03 | 喫茶道具