人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:喫茶 ( 81 ) タグの人気記事


2017年 02月 10日

モーニングお休み




***2月11日(土)は都合によりモーニングはお休みです。***

11時からは通常営業いたしますのでよろしくお願いします。




モーニングお休み_e0350308_19511178.jpg



マッカーサーはんこ。

モーニングお休み_e0350308_19511171.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-02-10 19:55 | 喫茶
2017年 02月 07日

精神的なもの


パソコンの動きが悪く、更新をサボりがちでした。すみません・・・。



同じ八幡東区にある人気のアイスクリーム屋さん、某「雪文」の店主にこれまでに何度かこう言われたことがあります。

「あいろく」は「もの」でも「のみもの」でもなく「精神的なもの」を売っているお店だと。



僕自身もそういう自覚は心のどこかにあったものの、改めて人からそう言われると、その言葉が染み入ってきます・・・。

これは某店主なりの褒め言葉だと受け取っておりますが、僕の自覚としては「あいろく」は古道具屋としても喫茶店としてもとことん未熟であり、それのみでは勝負は出来ないお店です・・・。

しかし、僅かながらに付いてくれている良きお客様の様子を見ていると、良い意味で「無意味な時間」を愉しんでおられるよう・・・。

これが某店主の言う「精神的なもの」。それを感じてくださっているが故の事と思います。



「もの」でも「のみもの」でもなく総合的に五感さらには第六感を使って感じる「精神的なもの」。

それぞれの向上はもちろん必要なことですが、特に現時点ではこれを「核」として行く他無い。同時にもう少し多くの方にそれが伝わらなければ・・・。そう感じております。




「もの」でも「のみもの」でもない。

とは言え、その「核」となる「精神的なもの」を創っているのはやはり「もの」と「のみもの」。更には自分自身。

つい、いろんなことに「とらわれて」しまいがちですが「とらわれない」で楽しく古いものを選び、楽しく喫茶も向上させていかねばならない。自分自身も然り・・・。

結局は原点なのですね。



まぁそんな感じですが、お客様の「無意味で有意義な時間」のお供に精神的なものを売るお店「あいろく」を使っていただけたらとても嬉しく思います。使っていただけるよう楽しくやって行こうと思います。



言ってませんでしたが、実は昨年も「とらわれない」が自身のテーマでしたが、結果全然ダメ。

今年こそは出来る限りではありますが「とらわれない」。がんばります・・・。



更新をサボりがちでしたので、今日は少々鬱陶しい内容になったかもしれません。すみませんでした・・・。

これからもお付き合いくださいませ。




日常に「無意味なもの(精神的なもの)」を二つほど。

「明治期の何処だか分からない地図」と「半纏の中綿のみ」。



精神的なもの_e0350308_1957375.jpg

精神的なもの_e0350308_7354443.jpg









by airoku-fukusuke | 2017-02-07 20:50 | 喫茶
2017年 02月 01日

古道具屋と珈琲とつげさん




僕の愛車(自転車)の後輪がいよいよ限界かもしれません。

昨年の冬から調子が悪く、チェーンが空回りします。

タイヤの中央の内部にはグリースのようなものが入っているらしく、タイヤが古くなると気温が低い時にはそれが固まって空回りするのだそう・・・。

したがって気温が高い春~秋は問題ありません。

しかしこの冬前には交換が必要でしたが、慢性的な金欠である僕はタイヤ代をケチり、この冬はこれで乗り切ろうと目論んでおりましたが、今日の買出し途中にいよいよ限界が来た様子・・・。

当店がある八幡から小倉までの往路途中3分の2ほど漕いだころに完全に空回り・・・。

往路残りの3分の1と復路(計7kmくらい)は徒歩での買出しとなってしまいました・・・。

もうどうせ開店時間には間に合わない・・・。

こうなればとことんゆっくり帰ってやろうと思い、復路途中に先月少しだけ紹介しました「本のひびき」に寄り道・・・。

そして「つげ義春」さんの漫画を1冊購入。

どうでもよい前置きが長くなり申し訳ありませんでしたが、これで「あいろく文庫(仮)」に「つげ漫画」が新たに1冊加わり計3冊になりました。


最近は特に喫茶に力を入れようと目論む「あいろく」です。

要するに珈琲のお供に「つげ漫画」はいかがでしょう?という単なる宣伝でございます。すみません・・・。

「古道具屋」で「珈琲」と「つげ漫画」・・・。なかなか乙なものではないでしょうか?


知ったように書いておりますが、実は初めて「つげ義春」さんの作品をしっかり読んだのは、ほんの3ヶ月前のこと・・・。

遅ればせながら僕は「つげ義春」さんにハマってきております。

これからできれば1ヶ月に1冊。これくらいのペースで・・・。

まずは漫画を揃えてから随筆など、「つげさん」関連の本を買い足して行きたい思っております。



相変わらず8時開店、そしてモーニングも続行中です。




古道具屋と珈琲とつげさん_e0350308_1944566.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-02-01 20:32 | 喫茶
2017年 01月 28日

棚の上





喫茶席横の棚の上。


右上から。

*明治40年代の写真。

*古錫缶。

*朝鮮・百済の瓦(5~10世紀)。

*フチュクル瓶4個(沖縄・壺屋焼。江戸末期~明治)

*陶器の壺?手榴弾?

*ふくすけ玉(愛猫ふくすけの抜け毛を丸めたもの)。

*真鍮の寿老人。

*真鍮のマッチ箱。




棚の上_e0350308_20151272.jpg
棚の上_e0350308_20151240.jpg
棚の上_e0350308_20151397.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-01-28 20:22 | 古道具
2017年 01月 24日

店内の一部





店内の一部分です。

先日新たに設けた一人掛け席、ここに腰をかけた時に目の前に並べられた古いものたちです。


店内の一部_e0350308_20254414.jpg
店内の一部_e0350308_19315583.jpg
店内の一部_e0350308_19315649.jpg

上から時計回りに。

*アフリカ?の木の面(2015年9月27日紹介記事)。

*李朝の木彫りの魚。

*木のちいさなぞう(2015年9月23日紹介記事)。

*真鍮のかわいそうなぞう(2015年8月29日紹介記事)。なぜかわいそうか・・・。気になる方はお手数ですがこの記事をご覧ください。

*アフリカの木製種蒔き機(2015年7月4日紹介記事)。











by airoku-fukusuke | 2017-01-24 19:49 | 古道具
2017年 01月 21日

モーニング





店内配置変えも終わったことですし、以前より妄想中であったモーニングを試験的に始めようと思っております。明日22日(日)より。

午前8時~10時の間のみです。

珈琲にトーストとバナナを付けて500円。

珈琲は変わらず「ブラジル・トミオフクダ」ですが、最近は焙煎度合をちょくちょく変えてみたりしております。良き頃合いを模索中・・・。


トーストは「くるみあんトースト」。

もしくは、くるみなしの「あんこトースト」。

もしくは、くるみもあんこもなしの「マーガリンのみトースト」のいずれかをお選びくださいませ。


バナナは「あいろく」のご近所、春の町商店街の感じの良い八百屋さんのバナナにするか思案中ですが、一先ず少しお高めのネグロスバナナを用意しております。

ネグロスバナナは見た目は良くありませんが、香りがよく程よい酸味とコクがあります。

ちなみに僕は、最後の晩餐に何が食べたいか?と尋ねられれば迷いなくバナナ(完熟)と答えるでしょう。それくらいバナナが好物です。

バナナを食べている時は、別腹というものは本当に存在するのか。と実感します。



「このお店が」、「この場所で」、「この時間に」営業をしても到底お客様が入ってこられるとは思えませんが、とりあえずやってみますのでよろしくお願いいたします。

飽くまで試験的で、手探りですので少しずつ、何かしら変更することもありますので、その時はまたお知らせをいたします。



モーニング_e0350308_19412219.jpg
モーニング_e0350308_19412259.jpg











by airoku-fukusuke | 2017-01-21 20:05 | 喫茶
2017年 01月 20日

配置変え敢行




皆さん興味ないことと思いますがお付き合いください。

昨日の夕方から今日の14時くらいにかけて店内配置変えを敢行しました。


これは昨年2月下旬以来11ヶ月ぶりのこと。

その時は店内で自由に読んでいただくための本(仮に「あいろく文庫」と呼ぶこととします)の移動をしていたら止まらなくなり、その日は急遽閉店し大掛かりな配置変えをするはめに・・・。


その後「喫茶席を増やしたい」という思いから、昨年10月頭にも配置変えを試みましたが失敗・・・。

全部崩して結局は原状回復。という疲れただけの結果・・・。

その時は以前紹介しました「フルタのパイプ椅子」で席を増やそうと試みましたが、しっくりこずに失敗。

失敗の原因はそれだけでなく、なるべく大掛かりにならないよう現状を保ちつつ試みたため・・・。すなわち楽をしようとしたためです。

やはり何事も楽をしてはいけませんね・・・。


それからは、そのうち雰囲気の良い椅子を入荷できたら再度試みよう・・・。などと悠長なことを考えていたら早3ヶ月が過ぎ・・・。これはイカンと先週、福岡の古道具屋さん「るごろ」さんへ「ビロードの回転椅子」を急ぎ購入。

急いで購入したものの、再びボーッとしていたら1週間が過ぎてしまい(悪い癖です・・・)本日の「配置変え敢行」となりました。



前回の反省を胸に、今回は楽をせずにいったん土間部分を「まっさら」することから取り掛かりました。

すると不思議なことに、配置は思っていたよりは、飽くまで思っていたよりは時間を掛けることなく決定。

「急がばまわれ」ですね・・・。肝に銘じておこう・・・。

しかし、何だかんだで計8時間くらい掛かりました・・・。



結果は喫茶席が2名分増えただけです。

僕の印象としては、「あいろく」らしいゴチャゴチャ感は残したまま若干、若干、それもう若干スッキリした印象かと・・・。

ですので、これまでと大差ないので期待せずにご来店いただけたら、と思います。






それでは増えた席をご紹介。

二人掛け席を設けました。↓

配置変え敢行_e0350308_20254458.jpg






↓こちらはこれまでと同じ最大4人掛け席。ですが椅子が代わっております。



配置変え敢行_e0350308_20254413.jpg






そして新たな一人掛け席。

これが新入荷のビロード椅子です。

この椅子の左下には大きい声では言いたくないのですが、ガスファンヒーターを忍ばせてあります。

なので、腰掛けて左にクルッと椅子を回転させると足元に直接温風を受けることが出来ます。

この席の冬限定の特典とでも言いましょうか。



配置変え敢行_e0350308_20254414.jpg




最後に「あいろく文庫(仮)」は下の写真、4人掛け席の隣と窓際の備え付けの棚?に設置してありますのでご自由に閲覧くださいませ。



配置変え敢行_e0350308_20254454.jpg








タグ:

by airoku-fukusuke | 2017-01-20 21:27 | 喫茶
2017年 01月 10日

8時開店





最近パソコンの調子が悪く更新をサボりがちです。すみません・・・。

とは言うものの、更新しようがサボろうがたいした影響はありません。それが「あいろく」というお店です・・・。



そんな影響力が乏しすぎるのにもめげずに開店時間を早めます。

明日11日は8時くらいに開けようと思います。

そのうち「モーニングでもやりたいな・・・。」などと妄想中です・・・。




8時開店_e0350308_7422669.jpg
8時開店_e0350308_7422683.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2017-01-10 20:21 | 喫茶
2017年 01月 04日

無能の人





先日、お客様の「N」さんから教えていただいた本屋さん「本のひびき」さん。

八幡東区荒生田のリバーサイド荒生田という市場の中に昨年9月に開店した本屋さんです。

店主は50代後半くらいの男性で、新刊を取り扱う本屋さんですが、そのセレクトにキラリと個性が窺えます。



店主さんの話によると、「これからもっと自分が好きな本を増やしていきたい」とのことでした。(これは「N」さんからの又聞きです。僕はあまり自分から人に話しかけることは苦手でして・・・)

初めて立ち寄った記念とでも言いますか、1冊購入したのが「つげ義春」さんの「無能の人」です。

売れない漫画家さんの日常が描かれていますが、僕個人的には「ハッ」とさせられる場面や言葉が所々に盛り込まれていて見ごたえありました。

どうやら売れない漫画家さんが行き着く所(商売)のひとつに「古道具屋」があるようです・・・。



以前お客様から「つげ義春の世界みたいでイイですね・・・」とポツリと言われたことがありますが、「あいろく」なんぞを天才「つげ」さんの世界と比較していただけて、恐縮でしたがとても嬉しく思いました。

恥ずかしながら僕は「つげ」さんの存在は知っていたものの、作品をちゃんと読んだのはこれが初めてでした。

「本のひびき」さんは「水木」さんや「つげ」さん関連が多数あったので、また購入させていただきたく思っております。

「無能の人」は喫茶席横に設置してますので、喫茶ご利用の方はご自由にご覧くださいませ。



9年前の「あいろく」を開業以来、同じものを購入するなら大手より一人、もしくは夫婦で頑張っている個人店で購入したいという思いが強くなっている気がします。




無能の人_e0350308_8165996.jpg










by airoku-fukusuke | 2017-01-04 09:13 | 喫茶
2016年 12月 25日

喫茶店





先日仕入れで「箱崎宮骨董市」へ。

自分自身の気分が「もの」を探せる状態ではなかったのでしょうかね。

この日は不発。購入したのは1点だけ・・・。


なんだか楽しくもなかったので早々に切り上げることに・・・。

車に乗るや「ハァ・・・」溜息が出ます。


「そうだ!喫茶店へ行こう」。

こんな時に気持ちを満たしてくれるのは喫茶店です。それもしっかりと美味しい珈琲がいただける喫茶店。


通常「箱崎宮骨董市」は日曜開催ですが、この日は偶然にも祝日の金曜開催。

よし!「マスカル珈琲」が開いている。


そんな訳で自身2度目の「マスカル珈琲」へ。

カウンターに座っただけで気持ちが落ち着きました。不思議です・・・。

そして「モーニング」を注文。待っている時間も心地よい・・・。


「モーニング」に付く珈琲は「マスカルブレンド」。

この1杯が、ここ数年中に飲んだ珈琲の中で抜群に美味しかった・・・。

あまりの美味しさにもう1杯、「ブラジル」を「具だくさんマフィン」と共にいただきました。

完全に満たされました。




これは僕自身が、心身ともに喫茶店と珈琲を欲していたからとも言えますが、「お腹が空いた時には何を食べても美味しい」というそれとは全くの別物です。

本当に美味しい珈琲を提供されているから他なりません。

あと店主の誠実で朴訥とした佇まいから醸し出されるお店全体の空気もです。だから待っている時間も心地良いのでしょう。


この状態で不誠実で不味い珈琲を出されていたら、更に極深い溜息をつくことになったでしょう。

更に言えば帰りに事故でも起こしていたかもしれません。


この日の目的であった「仕入れ」は不発で一旦は落ち込みましたが、とても良い日になりました。

一つの良い喫茶店が持つ力、一人の良い店主が持つ力は偉大だと実感。


自分もそうありたいと思いましたが、程遠い・・・。




喫茶店_e0350308_801032.jpg
喫茶店_e0350308_801163.jpg





タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-12-25 08:46 | 喫茶