人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:昭和レトロ ( 56 ) タグの人気記事


2019年 04月 08日

酔って候




2歳半になった我が娘のお話。

ちょうど1年前くらい、1歳半のころ。

Eテレ子供向け番組の「うた」が好きでよく口ずさんでいた娘。

ここらで一度「昭和歌謡」を聴かせてみようと思い、美空ひばり「愛燦々」を聴かせてみたところ、眼を見開き、聴き入ってしまい、すぐさま「さんさんと~♪」と口ずさみはじめた娘。

それからというもの、娘はレコードを、そして昭和歌謡を気に入ってしまい。

太川陽介「Lui Lui」。
井上順「お世話になりました」。
布施明「君は薔薇より美しい」。

等々、気に入った曲は数多く、すっかり昭和歌謡を好きになってくれたようです。

ある時は保育園にてよそのお父さんに向かって「じゅん!(井上順のこと)」と呼びかけてしまったり。

自宅にてお昼寝の時に松坂慶子「愛の水中花」を「こ~れもあい~、あれもあい~♪…。だってさみしいもの~よ~、な~けな~いなんて~♪」と口ずさみながら寝落ちていったことも。


そんな娘が最近、とうとう「柳ジョージ」をリクエストしてくるよようになりました。(たまにですが)

これには布石のようなものがあります。

自宅にて僕は、いつも何かしらの曲を無意識に口ずさんでしまっており、そのつど娘は僕に向かって

娘「なんうたいよ~ん?」

僕「柳ジョージ…。」

娘「やなぎじょ~じぃ~?」


この応酬が毎日何度もあることで娘は「柳ジョージ」の名を覚えてしまったようです。

そしてリクエストしてくるようになりました。

娘「やなぎじょ~じかけて~」

僕「酔って候でいい?」

娘「うん…。」


「とさのくじらはおおとらで~♪(土佐の鯨は大虎で)」
「ぶらい~ざ~け~♪(無頼酒)」

と、拙い言葉と音程で口ずさむ娘を見て、「柳ジョージ」を、そして「酔って候」を口ずさむ2歳の女の子が全国に何人くらいいるのだろうか?」

そう想像すると僕は娘のことが少し誇らしく思えてきます。



酔って候_e0350308_12590006.jpg




by airoku-fukusuke | 2019-04-08 12:19 | レコード
2019年 04月 02日

開業2年目。時間を下さい。



当ブログを放置していた約1年半の間に「あいろく」はこそっと開業10年が過ぎ、この4月から12年目に突入しました。


2年前、お店としてはどん底状態でありました。これは大袈裟でも冗談でもなく事実としてそうでありました。

しかしそんな状態のなかでも、なんとなく手応えのようなものは感じてはいたので、なんとなく続けていけたのかもしれません。

書籍「珈琲屋」の中での著者の言葉に、苦しかった時に「そのつど、お客様なり、知人なりに助けられた。神様が遣いを出してくれているかのような人が、そういう時に不思議と現れる。その連続で今まできている」とありました。

僕なんかがそれを引き合いに出すのはたいへんおこがましいのですが、この2年の間にそれを感じる出来事がありました。はっきりと。

そういうお客様なりに、いろいろな面で救われてきました。本当に感謝しております。

いろいろ省略してしまいますが、そんなこんなでどん底状態からは何とか脱出できたような気がします。もちろん予断は許しませんが。

そんな状態を抜け、そして開業から10年が過ぎ、ようやくお店としての「土台」ができたような気もしております。


開業10年でようやく「土台」。

普通の人なら開業前にそれを完成させるのでしょうが、「土台」造りに10年もかかってしまいました。

そしてこの4月から12年目です。「土台」造りの10年を差し引くと、気持ちの上では開業2年目です。まだ始まったばかりです。

なんと時間のかかること…。

こんなことでは時間がいくらあっても足りません。


そこで一曲ご紹介です。
越路吹雪「時間を下さい」。

自虐的かつとても前向きな曲で、現在僕がもっとも好きな曲のひとつです。

この曲は「ようこそ劇場へ~越路吹雪ロングリサイタル~」という2枚組LPに収録されていて、どうやらこのリサイタルのためだけに書き下ろされたのだそうで、どのレコードにもCDにも収録されていないのだそう。

「あいろく」では昨年4月、店内にレコードプレーヤーを設置し、喫茶ご利用の方に自由にレコードを(昭和歌謡のみですが)使っていただくという形をとり始めました。

「何にも分かっちゃいないのに老けてくる。もう少し時間を下さいおお~らら~♪」

ご興味がおありの方は是非とも聴かれてみて下さい。

拙い「手廻し焙煎珈琲」等をご用意してお待ちしております。

そして開業2年目の「あいろく」を宜しくお願い致します。

お店の危機も厄年も抜けましたし、これからです。




開業2年目。時間を下さい。_e0350308_16312960.jpg

開業2年目。時間を下さい。_e0350308_16321361.jpg

開業2年目。時間を下さい。_e0350308_16325508.jpg


by airoku-fukusuke | 2019-04-02 14:20 | レコード
2017年 09月 11日

17日(日)はお休み。




***9月17日(日)はお休みいたします***





↓スピードパンツ紙袋↓


17日(日)はお休み。_e0350308_894998.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-09-11 20:48 | 昭和レトロ
2017年 07月 12日

左利きグラブ





高校野球の地方予選が各地で始まっております。夏です。



今日は久しぶりに「古道具」をご紹介。

昭和初期くらいのものであろう、「野球グラブ」。しかも左利き用。

これくらい古い「グラブ」で左用は何気に珍しいのでは?と、思っております。



これは15年前に箱崎骨董市で購入したもの。

店先で真っ白に埃を被り、半ばゴミのようにダンボール箱に放り込まれていたもので「これはタダ同然で買えるかも・・・。」淡い期待を抱き、その埃まみれの「グラブ」を手に取り、お店のおじさんに「これ、おいくらですか?」と尋ねてみるとそのおじさんは「3000円!」。

何一つ手入れをせず、ゴミ同然に扱っておきながら3000円という値段を提示してきたおじさんに26歳(当時)の僕は少し「ムッ」としてしまったものの、ここにあるよりウチに来た方が「もの」にとっても絶対良いはず。即購入を決意。


持ち帰ると埃をとり、ワックスを何度もすり込み、手入れをしたところ、見事に蘇りました。

やはりウチに来るべくして来た「グラブ」だと、僕は当時強く自己満足に浸ったことを思い出します。

今や、「あいろく」には無くてはならない「もの」。店内に数少ない非売品に昇格しております。


そして生きていれば今年70歳になる父に、この「グラブ」を見せ、「これ、父さんが子供の頃に使ってたグラブと比べてどんな?古い?」と尋ねたところ、父は「ワシん頃はまだマシなグラブやったぞ」。

父は自分のことを「俺」や「僕」ではなく、「ワシ」と言う、今時珍しい人であったことも同時に思い出しました。






左利きグラブ_e0350308_20182043.jpg
左利きグラブ_e0350308_20190039.jpg
左利きグラブ_e0350308_20191977.jpg




↓実際はめてみるとこんな感じ。

このペッタンコ具合が良い雰囲気を醸し出してます。


左利きグラブ_e0350308_20193818.jpg




↓小指の穴は必要ありません。
左利きグラブ_e0350308_20202355.jpg
左利きグラブ_e0350308_20200115.jpg



↓この硬球風のボールも大正期くらいのものだそうな。これも僕のお気に入り。


左利きグラブ_e0350308_20204728.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-07-12 21:11 | 昭和レトロ
2017年 06月 17日

邦ちゃん紙袋





今日の営業中にテレビを見ていると、たまたま山田邦子さんを見たのでこれをご紹介。

チロルチョコ袋。




邦ちゃん紙袋_e0350308_20174201.jpg
邦ちゃん紙袋_e0350308_20181161.jpg
邦ちゃん紙袋_e0350308_20184329.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-06-17 20:24 | 昭和レトロ
2017年 06月 05日

扇風機とのせめぎ合い






今年も「灼熱喫茶あいろく」の幕開けが近づいております。

要するに夏が近づいております。



エアコンがない店内に昨日、扇風機を4台設置いたしました。

もうじきやってくる灼熱状態への備えです。



毎年のことですが、設置する扇風機はすべて昭和30年代くらいのもの。

これらの扇風機にも現代のものと同じく風力設定があります。2~3段階の。

現代の「もの」は1~3へ数字が大きくなるにつれ風力が上がるものです。

しかしこの当時の「もの」は逆なのです。



そんな事とは露知らず、大概のお客さんはまず「1」の設定から入ります。それが当然のことだと思います。

ところがどっこい、いきなり全開の風力に大概のお客さんは戸惑い、驚かれているようです。

「どういうこと?」とばかりに、設定ボタンとの睨み合うお客さん。



そんな、扇風機とお客さんの「せめぎ合い」は「あいろく」の夏の風物詩となりつつあります。

今年もやってくる「灼熱喫茶あいろく」をよろしくお願いいたします。



扇風機とのせめぎ合い_e0350308_20003650.jpg
扇風機とのせめぎ合い_e0350308_20011205.jpg
扇風機とのせめぎ合い_e0350308_20014141.jpg
扇風機とのせめぎ合い_e0350308_20020232.jpg





↓「3」が弱風です。
扇風機とのせめぎ合い_e0350308_20023638.jpg












by airoku-fukusuke | 2017-06-05 21:13 | 喫茶
2017年 05月 30日

マル万学生服紙袋






文字どおり、学生服の紙袋です。ボロボロです。

肝心の制服の写真を撮り忘れておりますが、僕の中ではこの紙袋の方が要です。

8ヶ月になる我が娘が、この紙袋に写るかつての少年達によく微笑みかけております。




一昨日、初めてお客さんとしてベラミ山荘「こぶのいち」に足を運びました。

とてもよく晴れておりました・・・・。




マル万学生服紙袋_e0350308_21183704.jpg






by airoku-fukusuke | 2017-05-30 21:29 | 昭和レトロ
2017年 05月 23日

スーパーマン?ちゃんちゃんこ






新入荷の「子供用ちゃんちゃんこ」。

丈41cm×肩幅24cm。

着ることができるのは、2歳未満くらいまででしょうか。




既製品ではなく、個人の家庭にて拵えられたものでしょう。

生地の絵柄がスーパーマン?なので男の子用に拵えられたのでしょうが、襟のフリフリ装飾(松尾伴内さんが言うところのチュルリラ)を見ると女の子っぽさも感じ取れます。

まぁ、兼用ということで。




なぜスーパーマンに「?」が付くかと言いますと、明らかなスーパーマンもどきだからです。

スーパーマンと表記されているものの、その絵をみるかぎり子供ですし、腰から下は「鉄腕」な風味満載です。

僕は昭和中期くらいのこの「おおらかさ」が好きです。




スーパーマン?ちゃんちゃんこ_e0350308_19515509.jpg
スーパーマン?ちゃんちゃんこ_e0350308_19530057.jpg
スーパーマン?ちゃんちゃんこ_e0350308_19533039.jpg
スーパーマン?ちゃんちゃんこ_e0350308_19534874.jpg
スーパーマン?ちゃんちゃんこ_e0350308_19540503.jpg




↓チュルリラ。
スーパーマン?ちゃんちゃんこ_e0350308_19542511.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-05-23 20:10 | 昭和レトロ
2017年 05月 21日

慰問用針釦組み合セ箱





最近、韓国ドラマ(特に時代もの)にハマっております・・・。





新入荷の「慰問用針釦組み合セ箱」。

縦7cm×横5cm×高2cmの紙の小箱です。

中身は無く、箱のみです。

元々は読んだまま、慰問用の針と釦(ボタン)が入っていたのでしょう。

この時代の「もの」にはどうしても惹かれてしまいます。




慰問用針釦組み合セ箱_e0350308_22173056.jpg
慰問用針釦組み合セ箱_e0350308_22180371.jpg
慰問用針釦組み合セ箱_e0350308_22182641.jpg
慰問用針釦組み合セ箱_e0350308_22194769.jpg
慰問用針釦組み合セ箱_e0350308_22185376.jpg




↓四隅が内側から和紙で補強されております。
慰問用針釦組み合セ箱_e0350308_22192624.jpg


by airoku-fukusuke | 2017-05-21 22:28 | 昭和レトロ
2017年 04月 21日

子供用お箸





古傷が痛むのか?今日は愛猫「ふくすけ」が右足をやや引きずっております。




新入荷です。

こけし柄に「日本」の文字がはいった「子供用おはし」。

異国の方に好まれそうな気がします。




子供用お箸_e0350308_20170886.jpg
子供用お箸_e0350308_20174142.jpg






タグ:

by airoku-fukusuke | 2017-04-21 20:26 | 昭和レトロ