人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:木 ( 68 ) タグの人気記事


2016年 12月 01日

将棋盤



早いものでもう12月。

昨年の12月にこれを入荷したことを思い出しました。昨年の1年間で一番のお気に入りです。

本日は今一度その昨年の記事を引用してご紹介。



あと1ヶ月残してますが、今年一番の仕入れは今のところ「木の?(2月3日紹介記事)」か「衣笠湯呑(8月13日)」ですかね。






将棋盤。


縦30.5cm×横26.5cm×厚12cmの分厚くずっしり重たい将棋盤。

おそらく余った丸太か何かで「ついで」に作られたものだと思われます。

それだけに形も歪で不完全。僕が大好きな「不完全」なものです。

一昨日仕入れの新入荷で、今年入荷の中でも個人的には5本の指に入るお気に入りの品です。



将棋盤_e0350308_7541491.jpg
将棋盤_e0350308_7541444.jpg


裏面。↓

将棋盤_e0350308_7541496.jpg

写真で分かるように「ついで」に作られた「感」がある歪な形。

もしかしたら遊び心で敢えてこう作られたのでしょうか?

いずれにしても本当に良い佇まいです。



そして「ついで」のわりに手が込んでいる点がこれ。


将棋盤_e0350308_7541426.jpg
将棋盤_e0350308_7541422.jpg

駒を収める引き出し付なのです。(別に駒の収納箱を作るよりも単にこの方が楽だっただけかもしれませんが・・・)

ちなみに駒は全て揃ってます。


喫茶道具として「お膳」に見立ててみようかとも考えております。


今年最後の月にこのようなお気に入りのものが入荷できて嬉しく思っております。




将棋盤_e0350308_754149.jpg

将棋盤_e0350308_7544584.jpg











by airoku-fukusuke | 2016-12-01 08:27 | 古道具
2016年 11月 10日

木の小皿?






新入荷の木製の小皿?。

直径が3cmくらいの極小の皿です。


何に使われたものでしょうか?

「紅皿(べにざら)」の漆を塗る前の木地ではないか?

と、個人的には想像しておりますが定かではありません。


暇な時間を見つけその数を数えましたところ、全部で175枚ありました。

すみません見栄を張ってしまいました・・・。暇はいくらでもあるので数えました・・・。


使い道としては「あいろく」の喫茶では箸置きならぬ、「匙置き」として用を成しております。




木の小皿?_e0350308_8212322.jpg
木の小皿?_e0350308_8212475.jpg
木の小皿?_e0350308_8212424.jpg
木の小皿?_e0350308_8212454.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-11-10 08:32 | 古道具
2016年 11月 04日

インドネシア ジャワの夏。






秋めいてきましたが「インドネシア ジャワの夏」。

珍しく絵画を購入しました。新入荷です。

珍しくと言うよりは初めてのことかもしれません。



「インドネシア ジャワの夏」はその絵画の題目です。

立派な画布ではなく、少し厚手の何のこと無いベニヤ板に描かれている簡素な絵。

立派でない・・・。「あいろく」店内にはこれくらいが調度良いかと思います。

大きさも22.6cm×15.8cmと小さなもので、主張しすぎずむしろ控えめな佇まいで、既に店内で馴染んでおります。




「立派でない」「これくらい」と言うと作者の方に大変失礼ですが、僕なりの上級の賛辞でありますのでそこのところよろしくお願いします。(僕のような者に褒められたくもないでしょうが・・・。生意気を言ってすみません・・・。)

僕は無知なので存じ上げないのですが、ちなみにこれを描かれたのは「現代美術家協会会員 平川毅さん」という方なのだそうです。




インドネシア ジャワの夏。_e0350308_822964.jpg
インドネシア ジャワの夏。_e0350308_822977.jpg
インドネシア ジャワの夏。_e0350308_822993.jpg











by airoku-fukusuke | 2016-11-04 08:49 | 古道具
2016年 10月 21日

硯箱






新入荷です。

欅の硯の箱。

中身(硯)はありません。木箱のみです。

横31cm×縦18cm×高5cm。



欅の頑丈な木箱でもちろん鉄釘は使われておりません。

「受け」部分の底板が何故か欅でないのが少し残念な点ですが良しとします。




硯箱_e0350308_19373115.jpg
硯箱_e0350308_19373142.jpg
硯箱_e0350308_19373188.jpg






底板だけが違う材質です↓↓
硯箱_e0350308_19373211.jpg





タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-10-21 08:00 | 古道具
2016年 10月 20日

大名行列人形






新入荷です。

また日常において「用」のないものを入荷してしまいました。



箱に銘がありますが、何と書いてあるか僕には読めません。

印もありますが色が薄くて読めません。



箱の大きさは横35cm×縦4.5cm×高6cm。人形自体の大きさは各々約1.5cmくらい。

オブジェにいかがでしょう?ほとんどの方が「NO」でしょうね。




大名行列人形_e0350308_8501035.jpg
大名行列人形_e0350308_8501013.jpg
大名行列人形_e0350308_8501119.jpg
大名行列人形_e0350308_8501267.jpg
大名行列人形_e0350308_8501183.jpg
大名行列人形_e0350308_8501250.jpg
大名行列人形_e0350308_8501198.jpg
大名行列人形_e0350308_8501143.jpg



by airoku-fukusuke | 2016-10-20 08:59 | 古道具
2016年 10月 19日

竹籠





こぶりな「竹籠」。

久々の新入荷です。

横19cm×縦13cm×高8cm。




「竹」自体も良い飴色で、銅の取っ手と留め具が良い感じ。

薬入れ等、小物入れにはもってこいです。



「蓋」部分の隅に破損が少しあります。

「受け」部分のほうが良い状態を保っていて、「蓋」と「受け」の深さもほぼ同じなので上下逆向きに使っても良いでしょうね。




竹籠_e0350308_83315.jpg






銅の取っ手が両側に付いてます。↓↓
竹籠_e0350308_833146.jpg







留め金も銅↓↓
竹籠_e0350308_833197.jpg







竹籠_e0350308_833166.jpg





竹籠_e0350308_8332100.jpg




裏面。こちらの方が破損もなくて良い風貌。↓↓
竹籠_e0350308_833227.jpg
竹籠_e0350308_834866.jpg






by airoku-fukusuke | 2016-10-19 08:54 | 古道具
2016年 09月 28日

ちいさな不動明王。





一見、木の朱漆塗りの小さな箱。

高8cm×横6cm×縦4.5cm。

観音開きの扉を開けると鋳物の「不動明王」。

小さいのでその細かい表情までは表現できていない大雑把な明王です。

台座には縦書き(右から)で「成田山」と書かれています。




ちいさな不動明王。_e0350308_8313262.jpg
ちいさな不動明王。_e0350308_8313226.jpg
ちいさな不動明王。_e0350308_831324.jpg




by airoku-fukusuke | 2016-09-28 08:40 | 古道具
2016年 09月 14日

顔なし大黒天






虫に喰われすぎている大黒様。新入荷です。

高さ8.5cm。



よりにもよってそのお顔が完全に喰われてしまってます。

随分放って置かれたのでしょうが、僕はこれを放っておけず購入しました。

よく拭いて埃は落としたので、その「哀れ」な風貌が少しは「哀愁」に変わったのでは?と思っております。



この朽ちた風貌は「あいろく」店内にあってはとても良い「オブジェ?」になっております。

「大黒天」は財宝や福徳の神。腐っても大黒様です。



そのうち良い方のもとに嫁入りできたらいいですね。





顔なし大黒天_e0350308_8231610.jpg
顔なし大黒天_e0350308_8231638.jpg
顔なし大黒天_e0350308_8231627.jpg
顔なし大黒天_e0350308_8231644.jpg
顔なし大黒天_e0350308_8231689.jpg
顔なし大黒天_e0350308_8231628.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-09-14 08:41 | 古道具
2016年 09月 07日

ぽんたのブランコ






古いブランコ。

座面13cm×45cm。鎖の長さ160cm。



これを入荷してから5年が経ちます。

入荷当初はこれを喫茶席に使ったら面白いかな?と目論んでおりました。

しかし、座面の水色のペンキがボロボロ剥がれており、お客様の衣服が汚れてしまう事。安全性の事。何より座りにくい事。等の懸念材料が多かったため喫茶席に使うことは断念。


「オブジェ?」として、そして「くまのぽんた」の寝床として用を成し、5年間活躍してくれております。




ぽんたのブランコ_e0350308_8303115.jpg
ぽんたのブランコ_e0350308_830316.jpg
ぽんたのブランコ_e0350308_8303158.jpg
ぽんたのブランコ_e0350308_8303189.jpg
ぽんたのブランコ_e0350308_8303119.jpg





by airoku-fukusuke | 2016-09-07 08:46 | 古道具
2016年 08月 27日

木の荷札





木製の「荷札」。

縦14cm×横8.5cm×厚1.2cm。



差出人の欄に「小倉陸軍造兵局」と書かれてます。兵隊さんの荷札です。

「あいろく」定番の「日常に不要なもの」ですが、店内では立派にオブジェ?として活躍中です。




木の荷札_e0350308_8194115.jpg
木の荷札_e0350308_8194118.jpg
木の荷札_e0350308_8194145.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-08-27 08:29 | 古道具