人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:木 ( 68 ) タグの人気記事


2016年 07月 31日

木彫坐像





新入荷の木彫坐像。 高15cm。

江戸末期くらいはあるでしょうか。

この坐像のお気に入りな点は「面相」。個人的にはどこか悟りを開いたかのような面相に見えるのでこれは「如来坐像」でしょうか?

仏像にも大きく分けても如来、菩薩、明王などいろいろありますが、僕は無知なのでこれがその何に当たるかは分かりません。すみません・・・。

ちなみに菩薩は如来になるため修行中の仏様だそうです。



当然と言えば当然ですが、見る角度により顔の印象が違って見えるのも仏像の面白いところですね。


木彫坐像_e0350308_8173532.jpg
木彫坐像_e0350308_8173536.jpg
木彫坐像_e0350308_8173512.jpg
木彫坐像_e0350308_8173581.jpg
木彫坐像_e0350308_817351.jpg
木彫坐像_e0350308_8173516.jpg





by airoku-fukusuke | 2016-07-31 08:35 | 古道具
2016年 07月 30日

サラダボウル





木製のおそらく「サラダボウル」だと思います。

高7~9cm×口径14~16cm。

材質は「梅」とのことです。




当ブログにおいて今だかつて「サラダボウル」なんてお洒落な品名は出てくる事はなかったと思います。

自分で書いていてどこか気恥ずかしさはありますが、決して路線変更した訳でも気が触れた訳でもありませんのでご心配なく。

そんなに古いものではないのでしょうが、なんか気に入ってしまい購入しました新入荷の「サラダボウル」です。




ちょっと「抹茶碗」に見立ててみたところ、その形状からして「飲みにくいだろうな」と想像していましたが、意外にもそんなことはありませんでした。




サラダボウル_e0350308_7473368.jpg
サラダボウル_e0350308_7473321.jpg
サラダボウル_e0350308_7473361.jpg
サラダボウル_e0350308_7473330.jpg
サラダボウル_e0350308_7473399.jpg
サラダボウル_e0350308_7473314.jpg






by airoku-fukusuke | 2016-07-30 08:27 | 古道具
2016年 07月 22日

木棚(木箱)





珍しく、というより初の小型家具の紹介です。

今まで家具類の紹介をしなかった理由は単純明快で写真撮影が面倒だからです。横着してすみません・・・。

そんな訳で今回紹介します「木の棚」は細かい部分まで撮影はしておりませんが雰囲気が伝われば幸いです。



高91cm×横50cm×縦34cm。

2つある臍の1つが潰れているので閉まりがゆるいですが蓋もついてます。

なので「木棚」と書きましたが「木箱」と言ったほうが正しいのかもしれません。



ごく一部に鉄釘が使われてますが、ほぼ木釘で仕上がってますので劣化しにくいものと思います。

側面には「香椎宮」の焼印があります。香椎宮で何が収納されていたのでしょうか?



木棚(木箱)_e0350308_7544272.jpg
木棚(木箱)_e0350308_7544264.jpg
木棚(木箱)_e0350308_7544237.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-07-22 08:49 | 古道具
2016年 07月 20日

まな板。






新入荷の「まな板」です。

38cm(柄の部分まで)×21cm×厚5~1.8mm。



先日の「ワイングラス」と同様、福岡市南区の東欧の古道具「picnika」さんにて購入。

「カッティングボード」と書くのがどこか気恥ずかしく「まな板」と書きました。



店主の「T」さんとの会話に夢中で記憶が定かではありませんが、確かハンガリーのものだったような・・・。すみません・・・。

古い「まな板」だけあって無数の刃跡が残り、そして燻製のような香りが染み付いているのが心地よいです。




こういった「板もの」。当ブログをご覧くださっている方は薄々お気付きでしょう。

入荷から1週間。すでに「あいろく」では「お盆」として活躍中です。




まな板。_e0350308_7421378.jpg
まな板。_e0350308_7421343.jpg
まな板。_e0350308_7421372.jpg
まな板。_e0350308_7421326.jpg
まな板。_e0350308_7421397.jpg





by airoku-fukusuke | 2016-07-20 08:25 | 古道具
2016年 07月 07日

産めよ殖やせよ子宝を





木製の看板です。54cm×37cm×厚2cm。

「明治メリーミルク」とあります。ミルクの宣伝看板でしょうか。

看板にはミルクを飲む子供と共に「零戦」が描かれており、そして「産めよ殖やせよ子宝を」の文字がその時代を表しております。




太平洋戦争突入と共に戦時統制が強化されているはずなので、「明治」と企業名が入っているこの看板は日中戦争開始~太平洋戦争開始(1937~1941年)のこの間のものでしょうか?(ちなみに明治メリーミルクは1921年に発売されているそうです)




この看板は「あいろく」店内の中で今や数少ない開業当初から残る品です。まだまだその存在感は健在です。




産めよ殖やせよ子宝を_e0350308_8235392.jpg
産めよ殖やせよ子宝を_e0350308_8235310.jpg
産めよ殖やせよ子宝を_e0350308_8235360.jpg
産めよ殖やせよ子宝を_e0350308_8235379.jpg







by airoku-fukusuke | 2016-07-07 08:55 | 古道具
2016年 06月 23日

滑車?にどくだみ


滑車?

これは今年の3月に紹介したものを引用します。また楽をしてすみません・・・。

このゴミ同然の「滑車?」にどくだみを挿してみたらなかなか良い雰囲気になりました。(個人的な感想です)


滑車?にどくだみ_e0350308_7563384.jpg



ここからは引用です。↓



おそらく何かの滑車と思います。

僕が好きな木と鉄の組み合わせです。

雨ざらしにされすぎて酷く朽ちています。


本当にボロボロなので優しく扱わねばなりません。とは言うものの元はゴミ同然のものなので適当に扱っても気になりません。

うまく使えば植物を活けると良い雰囲気になりそうです。



滑車?にどくだみ_e0350308_8284789.jpg
滑車?にどくだみ_e0350308_828481.jpg

滑車?にどくだみ_e0350308_8284891.jpg


眺める角度によっては何処かの風景のよう。

僕には耶馬溪の「青の洞門」のように見えてしまいます。もしくは鍾乳洞か。


滑車?にどくだみ_e0350308_8284860.jpg









by airoku-fukusuke | 2016-06-23 08:19 | 古道具
2016年 05月 19日

「木彫りの顔」と「ふくすけ」




「木彫りの顔」。朝鮮・李朝のものだそう。

高さ14cm。



これを購入したのは5年前。購入当時はもっと濃い茶色でした。

それは古く見せるためにオイルステインなどの塗料が塗られていたためです。

それを承知で購入したものの、2年前の夏くらいにその影響か、手触りがベタベタしてきました。



これが個人的には気持ち悪く感じてしまいザッとそれを擦り落とした後、「木彫りの顔」には悪いと思いながらも外に放置。2年近くの間雨ざらしにしておりました。

その結果外見は枯れてしまいましたが少しは本来の姿に、少しは健康的になった気がします。個人的には雨ざらし後の方が気に入ってます。



今回紹介の「木彫りの顔」は雨ざらし後の写真です。

加えて3年前に撮影した雨ざらし前の写真が残っていたのでそちらも載せようと思います。

後者のそれは「ふくすけ」との2ショットです。

その「ふくすけ」は我が家に迷い込んできて1ヵ月半程経った頃のもので、撮影日時を確認すると、それは去勢手術前日の「ふくすけ」でした。




「木彫りの顔」と「ふくすけ」_e0350308_7491028.jpg
「木彫りの顔」と「ふくすけ」_e0350308_7491081.jpg
「木彫りの顔」と「ふくすけ」_e0350308_749108.jpg
「木彫りの顔」と「ふくすけ」_e0350308_7491090.jpg
「木彫りの顔」と「ふくすけ」_e0350308_7491086.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-05-19 08:36 | 古道具
2016年 05月 07日

むしばのすすみかた。+本日開店時間遅れるかも。




新入荷の「むしばのすすみかた」。

学校教材かとも思ったのですが、どうやら子供の作品のようです。

夏休みの自由工作みたいなものでしょうか。



板と厚紙を使って上手にパズル状に作ってあります。

それにしても良く出来すぎです。

これを子供が一人で仕上げたのだとしたら「たいへんよくできました」をあげたいですね。



「あいろく」定番の「日常に何の役にも立たないもの」ですが、とても面白い一品だと思っております。




**本日7日。門司港骨董市を少し覗いてこようと思いますので、開店が少し遅れるかもしれません。多分時間内に帰って来れると思いますが、遅れたときは申し訳ありません。**





むしばのすすみかた。+本日開店時間遅れるかも。_e0350308_7295311.jpg
むしばのすすみかた。+本日開店時間遅れるかも。_e0350308_7295328.jpg
むしばのすすみかた。+本日開店時間遅れるかも。_e0350308_729533.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-05-07 07:39 | 昭和レトロ
2016年 05月 04日

版木? + 本日の営業はは17時まで。




* 都合により本日は17時までの営業です。申し訳ありません。 *




新入荷の「版木?」。

大きさ23.5cm×18cm×厚2.5cmのおそらく版木です。



表面は波打った彫りが施され、裏面に花が彫られております。

むしろ本来は「花」の方が表面。「波」の方が裏面なのでしょうが、僕にとっては後者の方が表です。

この「波打った彫り」が気に入って購入しました。しかしこの彫りは何のためなのでしょうか?



そしていつものようにこの版木。「あいろく」では「盆」「茶托」として用を成す運命です。

版木としては味気なく、全く魅力を感じませんが喫茶の道具に見立てるには充分かと思っております。





版木? + 本日の営業はは17時まで。_e0350308_736285.jpg
版木? + 本日の営業はは17時まで。_e0350308_7362896.jpg
版木? + 本日の営業はは17時まで。_e0350308_7362871.jpg
版木? + 本日の営業はは17時まで。_e0350308_7362892.jpg








by airoku-fukusuke | 2016-05-04 07:55 | 古道具
2016年 04月 06日

大正天皇の写真。



昭和天皇はもちろん。明治天皇の顔写真は目にすることもあるでしょうが、大正天皇のものは意外と珍しいものではないか?と思います。


縦51cm×横44cm×厚さ3cmの額です。

裏面の板を外すと「非売品」「内務省御届済」「大日本皇道館」「昭和5年11月25日謹製」の文字が。



この額は「あいろく」常連のお客様が持ち込まれたものです。

購入したはいいが自宅に置く場所がない。良かったら「あいろく」に置いていただけませんか?

という訳で現在、「あいろく」店内に立て掛けております。



ご来店のお客様で「これは明治天皇ですか?」と質問された方は何名かおられますが、「大正天皇」とお気づきの方は今だおられません。



大正天皇の写真。_e0350308_7202052.jpg
大正天皇の写真。_e0350308_7202043.jpg






裏面。
大正天皇の写真。_e0350308_7202087.jpg







板を外すと。
大正天皇の写真。_e0350308_7202049.jpg



タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-04-06 07:37 | 古道具