人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:甘いもの ( 30 ) タグの人気記事


2015年 11月 29日

昨日のベラミ市


昨日のべラミ市。


昨日出店させていただいた若松「ベラミ市」。「あいろく」は八幡東区河内の「工房日々く」さんとのコラボで、屋外での「野点抹茶セット」をご提供させていただきました。


「日々く」さんは3種のお菓子を用意してくださいました。おかげさまで何とか形になりました。本当にありがとう。


昨日のベラミ市_e0350308_7561646.jpg

3種の中で栗月餅が1番人気でした。「じゃりじゃり」という名の新作焼き菓子も大変興味深いです。

この2種、僕はまだ口にしたことがないので本日「あいろく」店内でゆっくり味わってみようと思います。



上の写真で分かるかもしれませんが昨日は終始不安定な天気で序盤の2~3時間はポツポツと雨も落ちていましたが、大きく崩れることはなく、楽しく終了できました。

ベラミの敷地内でアンティーク店を営む「calo calo」の「B場」さんがストーブやその他備品を貸してくださったりと大変お世話になりました。「B場」さんありがとうございました。



そして「ベラミ山荘」の現家主の「古家」さん。今回も楽しい機会を作っていただきありがとうございました。


余談ですが「B場」さんとベラミスタッフ?の「I綿」さんの「薬師丸ひろこ」についての熱い雑談。大変楽しかったです。


尚、「ベラミ市」は本日29日もやってますので興味ある方は是非足を運んでみてくださいませ。(昨日とは少し出店者は変わります)


昨日のベラミ市_e0350308_74837.jpg
昨日のベラミ市_e0350308_748350.jpg


by airoku-fukusuke | 2015-11-29 08:34 | 喫茶
2015年 11月 16日

「カカポン」さん


cacapon(カカポン)さんのチョコレート入荷しました。


ちなみに入荷と言っても販売用ではございません。すみません・・・。

「あいろく」の喫茶にて珈琲に+130円で「大人のmilk」チョコを提供致します。


「カカポン」さん_e0350308_8204420.jpg

「カカポン」さんは「あいろく」と同じ八幡東区で工房兼販売店を営んでおられます。

カカオ豆から作る「本物」のチョコレートです。

お話を聞くと現状には全く満足しておらず、いろいろ頭を悩ませながら日々頑張っておられるようです。

「カカポン」さんをご存じない方はもちろん、すでにご存じでもまだ口にした事がないという方も是非この機会にご賞味くださいませ。


個人的には少しずつ、少しずつ深く味わいながらお召し上がりいただきたく思います。

「あいろく」の珈琲が「大人のmilk」の味を邪魔することが無いよう心して抽出したいと思います。



話は変わりますが、先月NHKの番組で「菜根譚」という中国明代末期の処世訓が紹介されていました。

その中で個人的に最も印象に残ったのが「拙」という言葉。文字通り「拙い(つたない)」という意味ですが、

不器用な人間は自らの「拙」をきちんと自覚しており、だからこそその欠点を克服するために正しい努力をすることができる。「巧み」を目指す必要はなく、不器用でも真っ直ぐ道を進めば良い。「真っ直ぐな拙」が本当に相手に伝わり、「拙の自覚が大きな可能性を開く」。と紹介されていました。


僕は若いころから自分の「欠点」を自覚しそれを受け入れここまで来たつもりでいますが、「受け入れた」だけで上にかいたような「正しい努力」はしてなかったように思います。反省します・・・。


話を戻しますが、「カカポン」さんはすでに「拙」を自覚し、しっかり「正しい努力」もされている。という印象を強く受けました。

僕も遅れ馳せながらそれを見習い「正しい努力」もしなければ。と思っております。



「カカポン」 : 八幡東区竹下町12-15(槻田市場付近)









by airoku-fukusuke | 2015-11-16 09:12 | 喫茶
2015年 11月 11日

あいすくりん終了


「あいすくりん」今年は終了いたしました。

今年の春からメニューに加わったこの「あいすくりん」。

「ごく一部」の方々には大変気に入っていただけたようです。

毎年「ごく一部」づつでも、そういう方が増えるよう願っております。

「珈琲ゼリー」「あいすくりん」共々、また来春にお会いしましょう。



あいすくりん終了_e0350308_744472.jpg


by airoku-fukusuke | 2015-11-11 07:54 | 喫茶
2015年 10月 17日

「紅玉りんごタルト」本日まで


「紅玉りんごタルト」本日なくなり次第終了です。

「スモール・バレー・デザート・カンパニー」さんありがとうございました。

流石に美味しかったです。

「あいろく」にご来店くださるお客様にも、もっと口にしていただきたいので、またそのうちに注文しようと思います。
タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-10-17 08:51 | 喫茶
2015年 10月 13日

「紅玉りんごタルト」初入荷しました


紅玉りんごタルト。


福岡県糸島市の「スモール・バレー・デザート・カンパニー」さんの10月中旬~12月初旬限定「紅玉りんごタルト」初入荷です。

秋田から取り寄せた「秋一番」の紅玉りんごを盛り込んだシナモンの香りのタルトです。(スモール・バレーさんの商品カタログからの引用です)


お持ち帰り用はございません。「あいろく」店内で珈琲のお供にご注文いただければ嬉しいです。

とにかく客数の少ない「あいろく」ですので、無駄がでないようひとまず一日2~3個限定とします。

お味については、僕なんかが四の五の言っても、かえって伝わりにくいと思うので割愛致します。

まずはご賞味いただけたら。と思います。






「スモール・バレー」の「I」さんとの初対面は6年前の9月にさかのぼります。

福津市の「ガレリア星鈴音」さんでの企画展に参加させていただいていた際。その時は「ほいあん堂」さんと「あいろく」の「二人展」でした。

そこで「ほいあん堂」さんとお友達である「I」さんがお菓子の差し入れを持ってご来店されたのが初対面です。


その初対面から6年。毎年3月「嫁さん」の誕生月に注文しようと思いながらも時間だけが流れていました。それは何をするにも取り掛かりが遅い自分自身のせいですが・・・。


そんな中「嫁さん」とは関係のない今月、思い切って緊張しながら注文の電話をすることにしました。

初注文できたことに大満足。そして「I」さんが僕を覚えてくださっていたことに重ねて大満足。

極普通の電話注文なのですがとても充実した嬉しい気持ちになりました。


この今の季節だけのお菓子。あとは「あいろく」のお客様の口に入ることを願います。


今回上手く写真が撮れなかったため、商品の画像を載せれなかったことをお許しくださいませ。






タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-10-13 08:46 | 喫茶
2015年 08月 13日

あいすくりん と 純プリン


あいすくりんと純プリン。


そういえば、すっかり報告を忘れてましたが、先月18日に美容室「RICE」で出張喫茶をさせていただきました。

「RICE」にご来店下さったお客様に、一番喜んでいただいたのが「純プリン」でした。

「感動的に美味しかった!」などのお褒めのお言葉をいただき、逆にとても嬉しい思いをさせていただきました。

「RICE」のお客様本当にありがとうございました。




そして昨日、耶馬渓在住の「T倉夫妻」がご来店。

「珈琲ゼリー」を注文いただき、ゼリーの上に乗せてある「あいすくりん」をとても気に入ってくれ、

「あいすくりん」を追加注文までしていただきました。

「これ、もっと前面に出した方がいいよ!」と、ベタ褒めしてもらい、これまた嬉しい思いでした。

T倉夫妻ありがとう!


この「あいすくりん」は水巻の「T田」さんや、最近ご近所になった「けやきや」さんにも気に入っていただき、

おかげで、少しずつ自信がついてきました。過信しないよう気をつけます。



そこでこの2つを再びご紹介させてください。

あいすくりん と 純プリン_e0350308_7321148.jpg
あいすくりん と 純プリン_e0350308_7321187.jpg
あいすくりん と 純プリン_e0350308_7321128.jpg
「純プリン」はレシピはもう安定してますが、シンプルなだけに難しく、毎回微妙に

違う仕上がりになってしまいますので、そこはご了承くださいませ。


「あいすくりん」は(卵黄、牛乳、生クリーム、塩)で作った簡素な味。

現在も少しずつ改良、変化中です。

昨日「T倉」夫妻にお出しした、今週作った最新版はこれまでで最も良くできたように思います。


生クリームも入ってますし、本来の「あいすくりん」の定義からは外れる物かもしれませんが、

雰囲気で「あいすくりん」と名を付けてます。これもご了承くださいませ。


長々と宣伝。申し訳ありませんでした。





by airoku-fukusuke | 2015-08-13 08:19 | 喫茶
2015年 07月 30日

あいろく版「琥珀の女王」



あいろく版「琥珀の女王」。

喫茶店好きの方はご存じの方も多いと思いますが、

「琥珀の女王」とは、甘さを付けたアイス珈琲とクリームがグラスの中で綺麗に2層になったデザート珈琲のこと。


あいろく版「琥珀の女王」_e0350308_845250.jpg

(上の写真はクリームの量が通常より2~3割多めです。1年ぶりに作ったため分量を間違えてしまいました。)


これは昨年「あいろく」で試しにメニューに加えてみたところ、お客様からそこそこ良い反応をいただきました。

お客様から「今年もやって欲しい」という、嬉しい要望もいただきましたが、(2人だけですが・・・)今年は個人的に

「あいすくりん」を推したいので、メニュー表示は致しません。裏メニュー的にやろうと思います。



あと、なぜ「あいろく版」なのか?はここでは省略します。

興味をお持ちの方はご来店の際にお気軽にお尋ねください。


今回の器 : 昭和中頃のシャンパングラス(佐々木硝子製。←明治35年創業の老舗硝子会社)










by airoku-fukusuke | 2015-07-30 08:44 | 喫茶
2015年 07月 15日

純プリン


「純プリン」。300円。

洋菓子屋さんや百貨店などで販売されているような、いわゆる高級な「なめらかプリン」ではありません。

純プリン_e0350308_7433095.jpg

プリンの容器 : 昭和初期くらいの氷ガラス。




なぜ「純」なのかと言うと、シンプルな材料(牛乳、卵、黒糖粉)で作ったシンプルなどこか懐かしい蒸しプリンなので、

単に雰囲気で、頭に「純」と付けてみました。



僕はここ十数年、仕入れ兼観光で京都に行くことが多く、そこで度々立ち寄る老舗喫茶店「スマート珈琲」。

ここで出されている「自家製プリン」。これがまた、ごくシンプルな昔ながらのもので、大好きです。つい注文してしまいます。

俗に言う「逆に新鮮」というのでしょうか。



比較するのは大変おこがましいのですが、このプリンを「あいろく」でも出せたら、という思いで作り始めて2年。

(開業当初2008年からこれを提供したい思いだけはあったのですが・・・)

今では「あいろく」の定番になりつつあります。(気のせいかも)



度々ご注文いただくお客様にも、この「逆に新鮮」を感じて下さっているようで、とても嬉しい思いです。



ほんとうにシンプルなプリンなので、当然「衝撃のうまさ」は全くありませんが、

興味がある方は一度お試しくださいませ。



あと、スマート珈琲の「自家製プリン」をご存じの方に一言。

この「純プリン」はスマート珈琲のものよりも一回り小さいです。










タグ:

by airoku-fukusuke | 2015-07-15 09:00 | 喫茶
2015年 07月 09日

ねりたてのくずもち


今回も喫茶について。


「ねりたてのくずもち」 :500円(約1.5cm角×8個)

「ねりたての半分くずもち」 :300円(約1.5cm角×4個)

*下の画像は「半分くずもちです。」



ねりたてのくずもち_e0350308_914915.jpg


吉野本葛を注文後に練るので、ほんのりあたたかい、ぷるぷる食感のくずもちです。自家焙煎きな粉でどうぞ。

「もち」自体が少し茶色いのは純黒糖粉も一緒に練りこんでいるためです。



そして少し言い訳をさせてください。

上の画像の「くずもち」は僕の写真撮影の要領が悪く、時間がかかり過ぎたため、少し硬くなった状態です。

「もち」の色も白く濁ってしまっています。(本来はもっと琥珀色の透明感がある状態でご提供致します。)

言い訳失礼致しました。



気を取り直して、ちなみに今回の道具の組み合わせは

・お皿 :李朝後期のもの。

・菓子切り立て :李朝中期の明器と呼ばれる埋葬品。

・盆 :版木(李朝の物か東南アジア系かは定かではありません)




今回の盆や菓子切り立てのように本来の用途とは違う使い方「自分なりの見立て」で物を選んで組み合わせて

お客様に使っていただく事が楽しくてしかたありません。

今後も「自分なりの見立て」も少しずつ紹介していけたら。と思っております。

これからも僕の自己満足にお付き合い宜しくお願い致します。





by airoku-fukusuke | 2015-07-09 09:00 | 喫茶
2015年 07月 07日

喫茶メニュー


今回は喫茶メニューをご紹介です。(2015年7月現在)

喫茶メニュー_e0350308_20292737.jpg

この中から今回は二つ。



まずは注文数ワーストNo1の「珈琲ゼリー」。

注文数は少ないのですが、一度ご注文くださったお客様のリピート率は高いような気がします。(気のせいかもしれませんが)


喫茶メニュー_e0350308_2032517.jpg
濃いめに抽出した珈琲ゼリーに自家製のあいろく版「あいすくりん」をのせます。

大正期の氷ガラスでご提供。



そして二つ目は「あいすくりん」。

シンプルな材料で作ったなつかしい素朴な味なので、珈琲との相性はバッチグー!です。

こちらも大正~昭和初期の氷ガラスで。

喫茶メニュー_e0350308_2029276.jpg





by airoku-fukusuke | 2015-07-07 18:00 | 喫茶