人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自分なりの見立て ( 37 ) タグの人気記事


2015年 08月 23日

石版


石版。


学校で使われていた石版。現在でいうノートでしょうか。

明治や大正時代が背景のテレビドラマで、たまにこの「石版」が使われている場面を見かけますよね。

以前NHKの朝ドラで、明治時代の田舎の授業風景の場面でも見かけました。



表面。
石版_e0350308_7384628.jpg


裏面。
石版_e0350308_7384669.jpg
石版_e0350308_7384660.jpg
石版_e0350308_7384665.jpg
「黒田洋子」と氏名が書かれてますが、裏面には「クロダマシコ」と書かれています。

この方の当時のあだ名でしょうか。それとも「マシコ」は妹さんの名で、お下がりものでしょうか。

それこそ「朝ドラ」でよく見る、ヒロインに密かに気を寄せる悪ガキのイタズラ書きでしょうか。



とりあえず「あいろく」では毎度ながら、「盆」に見立てて使用しております。

石版_e0350308_7384621.jpg

 白磁の小皿(径10cm) : 有田(江戸末期くらい)。

菓子切り置き(4.8cm×2.8cm) : 顔料のパレット(昭和)。

菓子切り : 坂野友紀さん作。


       











by airoku-fukusuke | 2015-08-23 07:46 | 古道具
2015年 08月 21日

畳屋さんの道具と変形茶碗


畳屋さんの道具と変形茶碗。


まずは畳屋さんの道具(24cm×15cm)。

畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242257.jpg
畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242210.jpg
これは畳を製造する際に使う刃物を収納するための道具だそうです。



畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242362.jpg
このように輪っかになっていて、ここに刃の部分を挟んで収納したそう。



こういうものはゴミ同然でガラクタに紛れていますので(現にこれも埃塗れでした)、

その中から掘り出し、そして自分にとっての「用」を見つけることが出来た時の気分は格別です。





という訳で「あいろく」では湯呑などの敷物に見立てて使用しております。

畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_724239.jpg
畳屋さんの道具と変形茶碗_e0350308_7242366.jpg
今回の器 : 古唐津(江戸初期)の変形茶碗。


変形してるうえに、入荷時は破損が結構酷かったので、僕でも買えるお値段でした。

自分なりに不細工な修繕を施してますが、超お気に入りのお茶碗です。


このお茶碗は、お客様からもとても良い反応をいただいてます。


自分が選んだものに共感していただけるのは、やっぱり嬉しいものですね。

こうやって少しずつ自信をつけていけたら・・と思います。(過信しないよう気をつけながら)












by airoku-fukusuke | 2015-08-21 08:18 | 古道具
2015年 08月 20日

種木花咲穏瓦?


種木花咲穏瓦?(9cm×9cm)


何のことかよく分かりませんが、兵庫県三木市にある「大谷寺伽耶院」という天台系の寺院の瓦らしいです。


種木花咲穏瓦?_e0350308_7362943.jpg
種木花咲穏瓦?_e0350308_7362998.jpg
「大谷寺伽耶院」について毎度ながら「少しだけ」調べてみたところ、

645年開基。桃山期に羽柴秀吉の三木城攻めにより、また1609年失火により焼失。

現在のものは1646年建立。と、ありました。




種木花咲穏瓦?_e0350308_7362996.jpg
とりあえず「あいろく」では茶托に見立てて使っております。


今回の器 : 八角小鉢。(昭和20年代くらい)  ←航空機内食用に使用されていたもの


これは開業当初から欠かしたことのない「あいろく」の定番商品です。

湯呑として使うと、とても口当たりが良いです。




by airoku-fukusuke | 2015-08-20 08:01 | 古道具
2015年 08月 16日

白磁のパレット


白磁のパレット(縦4.8cm×横2.8cm)。


これは顔料のパレットで、やきものです。


白磁のパレット_e0350308_8165787.jpg

単なるパレットなので当然なのですが、この小ぶりで、潔い簡素な形が良いです。

あと、これまた当然ですが、プラスチックでなく「やきもの」という点も。




白磁のパレット_e0350308_8165790.jpg
「あいろく」では主に箸置きならぬ「スプーン置き」「菓子切り置き」に見立て、活躍中です。


by airoku-fukusuke | 2015-08-16 08:28 | 古道具
2015年 08月 01日

襤褸と堅手碗


襤褸(らんる=ボロ布)と堅手碗。


かつての日常生活の中で、無作為に繕われた美しい造形です。

襤褸と堅手碗_e0350308_812173.jpg

「あいろく」では喫茶道具に見立てて使用されています。

襤褸と堅手碗_e0350308_812164.jpg



器は朝鮮、李朝前期の堅手碗。(口径10.5cm)

小ぶりですが「抹茶」「ほうじ茶」「くずもち」大活躍中です。


襤褸と堅手碗_e0350308_81213.jpg
襤褸と堅手碗_e0350308_812110.jpg






by airoku-fukusuke | 2015-08-01 08:02 | 古道具
2015年 07月 28日

素焼きの祭器?


これは祭器でしょうか?産地、時代もさっぱり不明です。(直径26cm 、 高さ10.5cm)
(祭器とは普段使いでなく、冠婚葬祭に使うセレモニー用の器)


素焼きの祭器?_e0350308_7283962.jpg

遠目だと「木」にも見えるのですが、やきものです。

「くずもち」の単品注文をいただいた際に、使おうと思い入荷しました。

しかし、まだその機会に恵まれないので、何の気なしに釣銭トレイに見立ててみたところ、

意外にもお客様から良い反応をいただくので、このまま釣銭トレイに成り下がる可能性大です。


素焼きの祭器?_e0350308_728399.jpg




by airoku-fukusuke | 2015-07-28 07:46 | 古道具
2015年 07月 09日

版木


くずもちをご紹介のついでに。

前回の記事でも少し触れましたが。

版木_e0350308_725437.jpg
版木_e0350308_7254348.jpg


この彫りの部分に溜まった埃を取り除くのに半日かかりました。




これは版木(李朝もしくは東南アジア系)ですが、現在「あいろく」では喫茶部門で盆に見立てて使用しております。

特に最近のお気に入りで、「くずもち」や「ほうじ茶」のご注文をいただいた際によく使用します。

むしろこの「版木」ばかりを使いすぎて組み合わせがワンパターンになりつつありますが・・・


*李朝とは朝鮮最後の王朝、李氏朝鮮時代(1392~1902年)につくられた工芸品のこと。


前回も記載しましたが、こんな感じ。版木_e0350308_7302714.jpg
















興味がある方は是非、実際に手に取り触れてみてください。なんか良いですよ。



by airoku-fukusuke | 2015-07-09 12:00 | 古道具