人気ブログランキング |

あいろく

airoku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:金属 ( 77 ) タグの人気記事


2016年 04月 25日

鉄の燭台。



新入荷の鉄の燭台(ローソク立て)です。

時代は江戸期くらい。高15.5cm×長28cm。

少し錆は落としましたが元々状態は良く、ぐらつく事もありません。


先週は良い仕入れが出来て、個人的にはとても満足しております。



鉄の燭台。_e0350308_729126.jpg
鉄の燭台。_e0350308_729116.jpg

タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-04-25 07:38 | 古道具
2016年 04月 12日

銅のやかん



新入荷の「銅のやかん」。

取っ手までの高さ24.5cm。口径10cm。容量2.5L(満水時)。

ペラペラの銅ではなくある程度しっかり厚さがあり、重さは900gあります。



金属ものを入荷する際、しっかりしたお店で購入する際を除いては大概手入れが出来てなく、埃を被った状態です。

そんな金属ものを入荷した際の「あいろく」の定番お手入れ。「掌で何時間もひたすら撫で回す。」


今回の「やかん」もそうです。でも意外に状態は良く、昨日3時間程撫で回しただけでこれ位の「艶」が戻りました。

そして内側の状態も良く、ある程度洗って2度煮沸した程度ですが、その後試しに湯を沸かし飲んでみるとそれは「無味・無臭・無色」。やかんとして十分使用できます。

幾つか凹みがありますがそれは「愛嬌」と思っていただければ幸いです。



銅のやかん_e0350308_7511828.jpg
銅のやかん_e0350308_7511896.jpg
銅のやかん_e0350308_7511853.jpg




by airoku-fukusuke | 2016-04-12 08:38 | 古道具
2016年 02月 20日

競技部メダル


競技部メダル。


縦3.6cm×横2.6cm×厚2mmの小さなメダル。

金属製です。

裏面に「大阪府立 北野中学高 競技部」とあります。旧制中学の事と思いますが、文字が横書き(左から書いてある)なので戦後すぐの1945年~47年くらいのものでしょうか。

競技部とは陸上部のことだと思います。社員章ならぬ部員章のようなものか。



これは14年くらい前に北野天満宮で2枚購入したうちの1枚。もう1枚はメダルコレクターの方が買っていかれました。

個人的にこのメダルはとても気に入っております。

描かれている絵はおそらく陸上短距離のスタートを切った時を描いたものでしょう。とにかく手足が長く美しいです。



競技部メダル_e0350308_8334141.jpg
競技部メダル_e0350308_8334182.jpg
競技部メダル_e0350308_8334134.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-02-20 08:53 | 古道具
2016年 02月 16日

ニチバンのテープカッター


ニチバンのテープカッター。



ブリキ製の簡易テープカッターです。

大きさ1cm程のもの。

マスキングテープに調度良い大きさで、1個は「あいろく」の備品として使用しているため残りは4個です。


風貌がかわいらしく、マスキングテープを多用される方には重宝するかも・・・。



ニチバンのテープカッター_e0350308_758591.jpg
ニチバンのテープカッター_e0350308_758594.jpg
ニチバンのテープカッター_e0350308_7585995.jpg
ニチバンのテープカッター_e0350308_7585962.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-02-16 08:24 | 昭和レトロ
2016年 02月 14日

鉄壷 + 骨折ふくすけの10日目


まずは鉄壷。

高さ22.5cm×口径10cmとやや大きめの鉄壷です。

鉄なので当然重量はそこそこあります。

そしてこれに水を入れたらかなりの重量になるので、少々太く重たい「枝もの」を活けても問題ないと思います。

購入後にある程度錆びは落とし磨いております。

とても良い錆び具合なのでどんな空間にも馴染みそう。



鉄壷 + 骨折ふくすけの10日目_e0350308_849776.jpg
鉄壷 + 骨折ふくすけの10日目_e0350308_849717.jpg


文字がみえますが「千倉?」と書かれているのでしょうか?


鉄壷 + 骨折ふくすけの10日目_e0350308_849744.jpg






そして「ふくすけ」骨折から10日間が過ぎました。

今だ3本足で歩いているのは痛々しく見えますが、「ごはん、トイレ、声の張り」すべてにおいて元気が戻ってきた感じです。何にせよ「ふくすけ」らしさが戻ってきたのは嬉しいことです。



そんな「ふくすけ」の毎朝の日課であるパトロール(2階から窓の外を眺める)に変化が・・・。


今まではせいぜい30分程度のパトロールだったのが、ここ数日はかるく2時間を越えています。


その原因は外を飛び回る「小鳥」達。

最近、灰色や深緑色をした小鳥たちが我が家の周りで長時間戯れています。

その小鳥たちに「ふくすけ」はとにかく夢中です。

時には窓際スレスレを飛び駆け回る姿に興奮し、遠くへ飛んで行った姿をどこか寂しげ?に眺めています。



現在右手が不自由な「ふくすけ」。

外を自由に飛び回る小鳥たちを見て何を思っているのでしょう?


極単純な性格の「ふくすけ」。

おそらく何も考えていないと思います。


それが「ふくすけ」の良いところ。



たった今も窓際スレスレに来た小鳥に飛びかかり、顔面を窓ガラスに打ち付けておりました。単純です・・・。



鉄壷 + 骨折ふくすけの10日目_e0350308_84971.jpg










by airoku-fukusuke | 2016-02-14 09:34 | 古道具
2016年 02月 10日

銅鑼


銅鑼。(径37cm)



かつてお茶室で使われていた「銅鑼」です。時代は江戸くらいあるでしょうか。

文字通り銅製で厚さは4mmくらいあります。

そこそこ重たいです。提げるための紐は古いままなので、「銅鑼」として使いたい場合は紐を足すか変えるかした方が良いと思います。


店内に馴染み過ぎており「銅鑼」と気づいていない方が多いと思うので、これを機によーくご覧いただければ。と思います。

撥(ばち)はありませんが、ご希望あらば拳で叩き鳴らしてみて下さいませ。




銅鑼_e0350308_7504441.jpg
銅鑼_e0350308_7504481.jpg
銅鑼_e0350308_7504496.jpg
銅鑼_e0350308_7504465.jpg
銅鑼_e0350308_7504447.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-02-10 08:23 | 古道具
2016年 02月 06日

銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目


銅の筆置き+明日は通常営業+骨折ふくすけの3日目。



まずは「銅の筆置き」(中国・長さ15.5cm)。


時代は定かではないですが重厚感のある佇まい。(実際、大きさの割りに重たいです)

「あいろく」にある文房具は主に昭和以降のものです。なので、うちで一番古い文房具かもしれません。



おそらく竜を正面から見たものと思います。


銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目_e0350308_830085.jpg
銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目_e0350308_830050.jpg





そして気になる骨折ふくすけの3日目ですが・・・。



「ふくすけ」は骨折3日目にしてけっこう元気が戻ってきました。痛々しいのは変わりありませんが・・・。

しばらくはなるべく動かさず安静が必要なため、元気が出てきたこれからの監視が大変です。

相変わらず食欲は旺盛です。



銅の筆置き + 明日は通常営業 + 骨折ふくすけの3日目_e0350308_832388.jpg

当ブログで何度か紹介しましたが、上の写真のように自宅二階の窓から外を眺めるという「ふくすけ」の毎朝の日課であったパトロールもこの2日間は出来ておりません。

痛みに耐えてがんばれふくすけ。




最後に明日の仕入れは取りやめましたので通常営業致します。




by airoku-fukusuke | 2016-02-06 08:52 | 古道具
2016年 01月 29日

印刷板3種


印刷板3種。



新入荷です。

板とブリキを貼り合わせた印刷板。

3種とも知らない物語ですが、おそらく絵本の表紙に使われたものと思います。

個人的に気になる3種を選んできました。




まずは「動物シリーズ 太郎君と百円玉」。(9.5cm×17cm)

絵を見る限り単純に物語を想像すると、「百円玉を池に落とした太郎君が鵜に拾いに行かせる」と言ったところでしょうか?


印刷板3種_e0350308_8301825.jpg




次に「愛のりんご」。(12cm×16.5cm)

これも想像してみると、「貧しい子供たちに無償でりんごを配る慈悲深いご婦人のお涙頂戴物語」でしょうか?

それにしては子供たちの衣服はそんなに貧しくはなさそうに見えます。ひょっとしたらそんなに単純ではない物語?


印刷板3種_e0350308_8301828.jpg



最後に「勇気ある少年たち ~魔の山と伝説の沼にいどむ少年の物語!~」。(17cm×18.5cm)

これは単純明快な「男ならやってみろ!」。メッセージ性の強いものでしょうね。

個人的にはメッセージ性の強いものはあまり好きではありません。が、コレはよし!


印刷板3種_e0350308_8301855.jpg
印刷板3種_e0350308_830181.jpg


この印刷板を「盆」に使うのは汚らしいでしょうか?(一応しっかり拭きました)

印刷板3種_e0350308_8301844.jpg


by airoku-fukusuke | 2016-01-29 09:03 | 昭和レトロ
2016年 01月 28日

鋼の大工道具


鋼の大工道具。



新入荷。板を刳り貫くための道具です。


鋼の大工道具_e0350308_8252958.jpg
鋼の大工道具_e0350308_8252961.jpg






↓の面を板に接地させゴムハンマーか何かで叩くとその形に板を刳り貫けるというもの。


鋼の大工道具_e0350308_8252923.jpg





毎度の事これも日常生活には「用」のないものですが、オブジェくらいにはなると思います。

喫茶道具にも「用」はないかと考えております。



形違いで10個入荷してます。


鋼の大工道具_e0350308_825294.jpg







by airoku-fukusuke | 2016-01-28 08:38 | 古道具
2016年 01月 13日

真鍮の両口匙 + のらねこ


真鍮の両口匙 + のらねこ。



長さは18cmですが柄の厚さが7mmと分厚く、武骨で頑丈な造りです。

大小両口の匙。元の用途は計量スプーンのようなものでしょうか?

日本のものか、韓国のものか定かではありません。


この匙で2度「純プリン」を食べてみましたが、なかなかの「食べにくさ」で喫茶での「用」は断念しました。



真鍮の両口匙 + のらねこ_e0350308_8262069.jpg
真鍮の両口匙 + のらねこ_e0350308_8262072.jpg
真鍮の両口匙 + のらねこ_e0350308_8262099.jpg



今日のおまけ。「のらねこ」です。

数日前、「あいろく」の出入り口扉の真ん前で「のらねこ」が日なたぼっこをしていました。

わざわざ大通り沿いのこんな気忙しい場所を選んでくれてありがたいですね。


真鍮の両口匙 + のらねこ_e0350308_833834.jpg
写真を撮る僕の影が邪魔してすみません。


タグ:

by airoku-fukusuke | 2016-01-13 08:49 | 古道具